24時間マラソンは誰が一番長い距離を走っているのか?

24時間マラソンって毎年やってますね。

距離に関しては、毎年走る人によって変えているようですが、歴代の走者で、誰が一番長い距離を走っていて、何キロ走ったのか気になってきたので調べてみました。

歴代最長距離は、間寛平さんで600キロ!

ただ、これは1週間で走ったようですね。

ちょっと覚えがないので、どんな感じだったか忘れましたが、24時間での最長距離も間寛平さんで、200キロ。

間寛平さんは、24時間テレビで3回も走っているんですね、確かに、昔は毎回間寛平さんが走っているような印象がありました。

単純に計算して、24時間で200キロを走るとなると、時速約8.3キロ、実際には休憩しているわけですから、それ以上のスピード、凄いですね、「よっ鉄人!」

そして、一番多い走行距離が100キロ、過去8回はこの走行距離ですね、このくらいが、24時間で走る丁度いい距離なんですかね。

時速約4.2キロ、休憩時間を考えると丁度いいスピードかもしれませんね。

やっぱり、改めて距離や時速を考えてみると、間寛平さんって凄いですね、かなりギリギリのところを狙って走ってますよね。

今までに走ってきた経験が違うからこそ狙える距離なんでしょうね。

下記は、歴代の走者と走行距離です。

第36回

大島美幸(森山中)88キロ

第35回

4人で0.5キロ 佐々木健介61.6キロ 佐々木健之助6キロ 佐々木誠之助4キロ 北斗晶47.9キロ 合計120キロ

第34回

徳光和夫63キロ

第33回

はるな愛85キロ

第32回

イモトアヤコ126.585キロ

第31回

エド・はるみ113キロ

第30回

萩本欽一70キロ

第29回

アンガールズ100キロ

第28回

丸山和也100キロ

第27回

杉田かおる100キロ

第26回

山田花子110キロ

第25回

西村知美100キロ

第24回

研ナオコ85キロ

第23回

トミーズ雅150キロ

第22回

錦野旦110キロ

第21回

森田剛100キロ

第20回

山口達也100キロ

第19回

赤井英和100キロ

第18回
歴代最長距離
間寛平600キロ(1週間)

第17回

ダチョウ倶楽部100キロ

第16回
24時間での最長距離
間寛平200キロ

第15回

間寛平200キロ予定でしたが、153キロでリタイア

 

ボクシングの階級【あなたは何級?】

ボクシングって体重によって階級が分かれていますよね。

まあ、他にも体重が競技の成績に大きく影響があるような場合はクラス分けがなされているものですが、日本人がボクシングの世界チャンピオンに挑戦するとか、チャンピオンになったなどニュースで取り上げられると、○○級なんて階級がでてきますし、人気ボクシング漫画なんかがでてきても、階級のことはでてくるもの、ボクシングにとって階級って結構話のネタになるもの。

そういった話題になると、ちょっと気になるのが、自分は何級なんだろう?

男同士だと、「何級くらいじゃね」なんて話になりますが、正確な階級が知りたくなってきたので調べてみました。

あなたは何級?

(階級名や体重の区切りは、アマチュアなどや国によっても違うようなので、WBAやWBCなどのプロの階級で調べました。)

・ヘビー級

90.719キロ超
200ポンド超

・クルーザー級

90.719キロ以下
200ポンド以下

・ライトヘビー級

79.379キロ以下
175ポンド以下

・スーパーミドル級

76.204キロ以下
168ポンド以下

・ミドル級

72.575キロ以下
160ポンド以下

・スーパーウェルター級

69.853キロ以下
154ポンド以下

・ウェルター級

66.678キロ以下
147ポンド以下

・スーパーライト級

63.503キロ以下
140ポンド以下

・ライト級

61.235キロ以下
135ポンド以下

・スーパーフェザー級

58.967キロ以下
130ポンド以下

・フェザー級

57.153キロ以下
126ポンド以下

・スーパーバンタム級

55.338キロ以下
122ポンド以下

・バンタム級

53.524キロ以下
118ポンド以下

・スーパーフライ級

52.163キロ以下
115ポンド以下

・フライ級

50.802キロ以下
112ポンド以下

・ライトフライ級

48.988キロ以下
108ポンド以下

・ミニマム級

47.627キロ以下
105ポンド以下

・アトム級

46.266キロ以下
102ポンド以下

ということです。

あなたは何級でしたか?

わたしは、スーパーミドル級ですね、まあ、実際には減量してウェルター級とかになるのかな?

結構細かく分かれているものですね、それだけ体重の持つ力は大きいということでしょうか?

ライトヘビーからクルーザー級で急激に体重が増えるんですね、90.719キロを超えると、無差別の世界ですか・・・身長が190cmを超えて、筋肉ムキムキだと110キロ以上になるでしょうから恐ろしいですね。

まあ、ボクシングに興味が無くても、会話のネタとして、「何階級?」っての普及するのもしれませんね。

セレウス菌によってどんな症状がでるの?調べてみました

セレウス菌は食中毒菌の一つということで、どんな症状が出るのだろう?と、ちょっと不安になってきたので調べてみました。

なんだか、熱にも強く、エタノール系の消毒液なんかにも強い菌がいるようで、ちょっとやっかいな菌のようですね。

セレウス菌による感染症は2つ。

セレウス菌に汚染された食べものを摂取したことによる食中毒と血液に菌が入ってしまった場合に起こり得る菌血症。

まあ、よくセレウス菌で問題になるのは食中毒のほうですね。

で!

セレウス菌によって起こり得る食中毒の症状には下痢型と嘔吐型の2種類があって、

下痢型は・・・菌を摂取してから8時間から16時間程度で症状があらわれ、1日程度続くようです。

症状は、下痢・腹痛といったものと、吐き気がでることもあるようですが、比較的軽度な症状で、1日程度で回復することがほとんどということです。

続いて嘔吐型は・・・菌を摂取してから1時間から6時間程度と、比較的早く症状があらわれ、8時間から10時間程度続き、人から人へと感染することは少ないということです。

症状は、その名前の通り、嘔吐、こちらも比較的軽度な症状であることが多く、1日程度で回復することがほとんどということです。

このように、基本的には、下痢型も嘔吐型も症状は軽く、発症してから1日程度で回復するようです。

ちなみに、このセレウス菌による食中毒は日本だけでなく、欧米などでも発生例が確認されていて、日本では嘔吐型が多いということです。

■セレウス菌による食中毒予防方法

一般的な当たり前のことですが、新鮮な食材を使うということと、もう一つは、ちょっとやっかいなのですが、原因の大半が、加熱調理後に保存した結果、食材の中にセレウス菌の一部が生き残り、それが増殖することで起こってしまっているようなので、調理後の食品を保存しないということが大事なポイントのようです。

ただ、焼き飯や焼きそばなどを沢山作って、残った分を冷蔵庫で保存して明日食べることってよくあることだと思うので、現実的には完全に予防することは難しいことのようですね。

調理の時に、しっかり加熱して、常温で放置せず(菌が増殖しやすい温度なので)、冷蔵庫にスグ入れる・・・というのがいいようですが、調理した食材を冷やさずに冷蔵庫に入れるわけにもいきませんし、結局は、作り置きせず、調理後スグに食べるのが一番の予防方法かもしれませんね。

ガリガリ君の種類が急に気になりだした!どれだけあるんだ?

ガリガリ君って、いったい何種類あるんだろう?

かなり昔から販売されているし、今までにいろんな種類のガリガリ君を見たことがあります。

急に気になってきたので、このままでは眠れない!

ってことで、ガリガリ君の種類を調べてみました。

やっぱり、いろいろな種類のガリガリ君がありますね~。

まずは、販売初期に販売された。(1981年販売開始)

  • ソーダ
  • コーラー
  • グレープフルーツ

で!

どんどん、期間・季節限定品や販売終了したものも含め増えていき、

  • Wグレープ
  • Wみかん
  • いちご
  • 青りんご
  • グレープ
  • 巨峰
  • ゴールデンパイン
  • 白桃
  • ピーチクーラー
  • ふじりんご
  • マスカット
  • マンゴー
  • 夕張メロン
  • ゆず
  • ヨーグルト
  • レモン
  • ぶどう
  • ホワイトサワー
  • 南国パイン
  • マスカット オブ アレキサンドリア
  • 赤ぶどう
  • ゴールデンキウイ
  • オレンジ
  • はじけるぶどう
  • はちみつレモンスカッシュ
  • グレープミント
  • アップルマンゴー
  • ミルクミルク
  • チョコチョコ
  • 紅白いちごミルク
  • バニラバニラ
  • プリンプリン
  • 白銀ミルク
  • 杏仁マンゴー
  • ロイヤルミルクティー
  • チョコチョコチョコチップ
  • ミルクキャラメル味
  • コーヒーゼリーミルク
  • チョコバナナ
  • いちごミルクチョコチップ
  • コーンポタージュ
  • あずき大福

そして、一応ガリガリ君のカップシリーズも紹介して、

  • ソーダミルクプレミアム
  • ショコラショコラプレミアム

調べてみましたが、まだあったような気がするんですが、今までに80種類以上販売されているようです。

そして、今も毎年新作が販売され、種類は増え続けている・・・まあ、現在販売していない物も多数ありますけどね。

しかし、凄い種類だなー、1981年に販売してからこんなに種類が増えるとは、初めてアイス屋で、ソーダ味を見かけた時は凄いインパクトだった。

当時は安いアイスは50円が一般的で値段で、他の50円のソーダ味のアイスはあったけど、ガリガリ君は他のアイスに比べて、とにかくデカイ!

今は別に大きくないけど、昔はその大きさが際立っていた。

子供のころは、いっぱい食べたかったから、ガリガリ君のソーダ味とコーラー味ばかり食べていました。(美味しかったな~)

ガリガリ君より歴史あるアイスは沢山あると思いますが、これだけ種類のあるアイスは無いと思います。

まあ、基本的な味は出尽くしているので、どんどん奇抜な新作が出てくるとは思いますが、こういったアイスの存在って貴重だと思います。

今後もどんどん新しい物を出してほしいと思います。