5月といえば…何だろう?気になってきたので調べてみました

027720

5月といえば……何だろうか?

いろいろ行事や記念日があるだろうけど、具体的にどんな月なのか、気になってきたので調べてみることにしました。

まず、日本では5月を皐月と呼び……学校の授業で習いましたが、実際に5月を皐月と呼んでいる人は見たことがありません。

で、皐月の由来は、5月は田植の月、さつきのさには、それだけで田植えの意味があり、田植の月から皐月って説があるらしい……微妙。

次に5月の季語を見てみると、5月がどんな月か見えてきますね。

初夏や花、植物関係の季語が多いのが特徴、このことから草花の季節、まさに春真っ盛りの月って感じですね。

続いて、みんな大好き5月の国民の祝日。

5月3日憲法記念日

5月4日みどりの日

5月5日子供の日

の3日間あります。

これと、4月29日の昭和の日があるからこそ、ゴールデンウィークが成立するわけですね。

そして、5月の行事。

4月から引き続き、ゴールデンウィーク。

5月の第二日曜日に母の日。

あとは、5月1日は世界的に祝日となるメーデー、労働祭ですね。

日本では祝日にはなってませんが、多くの国で祝日になりますが、日本ではゴールデンウィークなので祝日でなくてもあんまり関係はないですか、記念すべき日ではあります。

それと、5月15日は沖縄の日本復帰の日です。

こうやって大きな行事、記念日だけを見ても5月はいろいろあります。

前半に行事が集中していて忙しい月とも言えるかもしれませんが、まあ、ゴールデンウィークを休むことだけに使えばそうでもないですかね。

5月の誕生石。

エメラルドとヒスイ。

まあ、2つならいいですね、中には3つも4つもある月もありますし、1つで十分だと思いますけどね。

で、世間的にはエメラルド押しですね、エメラルドは世界的な宝石で、ヒスイは日本や中国以外ではマイナーな感じですからね。

あとは5月について何かありますかね?

5月に咲くということで皐月とか、バラやベゴニアなんかは5月あたりから咲き始めますね。

5月については大体こんな感じですかね。

5月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

5月の誕生石は何だろう?

そして、その意味は?

など、5月の誕生石についていろいろ気になってきたので調べてみることにしました。

5月の誕生石は2つあります。

エメラルド
ヒスイ

どちらも比較的メジャーな宝石ですね。

誕生石って、月によって数が違うんですよね、多い月は4つ、少ない月は1つ、誕生石は一つで十分だと思いますが……。

まあ、誕生石を決めているのは宝石関連の団体ですからね、そんなわけで、世界各国ほぼ似たような感じですが、若干の違いがあるのが誕生石。

4月なんて誕生石がダイヤと水晶、なんかずるくないですか、宝石で一番有名なダイヤと、パワーストーンで一番有名な水晶が誕生石なんて、4月びいきなんですかね。

では、5月の誕生石、エメラルドとヒスイの意味。

■エメラルド

幸運・幸福・精神の安定・希望・愛・健康など

■ヒスイ

幸運・幸福・長寿・健康など

探せば、もっといろいろな意味がでてきますが、とりあえずおもな意味はこんなところです。
で、いろいろ5月の誕生石について調べてみましたが、当然宝石店でも、各月の誕生石の特集的なことをホームページで載せていますが、宝石店的にはエメラルド押しですね。

ヒスイも有名ではありますが、宝石として考えるとエメラルドって感じですね、4大宝石の一つでもありますから。

それに、エメラルドといえば、クレオパトラ、クレオパトラの愛した宝石としても有名、他にも、癒しのエメラルドグリーンってことで鑑賞に向きますし、大昔から愛されている宝石ということで神秘的な話も数多くありますね。

もちろん、ヒスイにもいろいろ神秘的な話はありますが、日本や中国で愛されている宝石ということで、世界的に見ればエメラルドに押されてしまいますね。

調べても誕生石関連でヒスイの情報はエメラルドに比べてかなり少ないですからね。

その点、エメラルドのほうは沢山情報が出てきます。

そういった情報を調べているとエメラルドがほしくなるくらい魅力的、さすが世界4大宝石の一つって感じです。