10月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

10月の誕生石は何だろう?

そして、その意味は?

ということで10月の誕生石について気になってきたので調べてみることにしました。

10月の誕生石は、

オパール
トルマリン
ローズクォーツ

の3つ、ただ、10月の誕生石としてメジャーなのはオパールとトルマリンなので、この2つを覚えておけば十分だと思います。

次、各10月の誕生石の意味。

オパール

無邪気・希望・潔白など

トルマリン

希望・忍耐・美容など

ローズクォーツ

美容・健康など

どの誕生石もそうですが、調べれば調べるほどいろんな意味がでてきます。

ただ、何で誕生石が各月複数あるのですかね?

1つで十分だと思いますが、1月や2月は誕生石が1つで、12月は4つ、まあ、誕生石は宝石関連の組合が決めたものですし、明確なものとは思えないので各月のメジャーなものだけ覚えておけば十分な気がします。

で、10月の誕生石のことを調べていて気になったのが、宝石店はオパール推し、まあ、オパールが売りやすいってことですかね。

10月の誕生日の人にプレゼントする場合もオパールが多いですね。

見た目も幻想的な感じで魅力的ですね。

ただ、やっぱり誕生石って各月偏っているなと思います。

4月はダイアモンドに水晶。

超メジャー宝石ダイアに、超メジャーパワーストーン水晶。

なぜでしょう。

誕生石を決めた人は4月生まれなのでしょうか?

それとも石の意味として浄化といった感じですから4月は浄化の月ってことでしょうか?

もう少しバランスよく誕生石が分れて、さらに各月1つがいいと思うのですが、まあ、いろいろ理由があるのでしょう。

誕生石って世界各国で微妙に違うのでよくわからないです。

9月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

9月の誕生石は何だろうか?

そして、その意味は?

と、9月の誕生石について、いろいろと気になってきたので調べてみることにしました。

9月の誕生石は、

サファイア
アイオライト

の2つ。

サファイアは比較的有名な宝石だと思いますが、アイオライトは知りませんでした。

誕生石が2つあっても迷うだけなのでサファイアだけでいい気もしますが、12月なんて4つもありますからね。

誕生石って世界各国で大体似てはいますが、微妙に違うものもあります。

一応誕生石を決めているのは宝石関連の組合ということです。

各月の誕生石を見ると、かなり偏りを感じますがどういうことなんでしょうか。

まあ、決まっているものは仕方ないですが……。

次に誕生石の意味。

サファイア:慈愛・誠実・聡明など
アイオライト:徳望・誠実・心の安定など

調べれば、まだまだ沢山意味がでてきます。

で、全体的な傾向としては圧倒的にサファイア推しですね。

宝石店の誕生石関連のコンテンツもサファイアばかりで、アイオライトのほうはないですね。

そんなわけで9月の誕生石はと考えた場合はサファイアと考えておけばいいでしょう。

で、今回9月の誕生石を調べていて思ったのがサファイアって凄い綺麗ですね。

まあ、宝石店が綺麗に見せているというのはあるでしょうが、ブルーのサファイアは凄く魅力的。

サファイアは不変の愛なんて意味もあり、ヨーロッパではダイヤモンドよりサファイアを結婚指輪にすることが多いなんて話もあります。

あと気になったのが、9月って青がイメージカラーなんですかね。

サファイアは、他の色もありますが基本的なイメージとしては青、アイオライトも青、そして9月や12月の誕生石になっていることもあるラピスラズリも青。

他の月の誕生石を見ても色に傾向がある感じではないですが、まあ、月によっては1個しか誕生石がないので比較はできませんが、9月イコール青ってのがあるのでしょうか?

まあ、そんなこと言ったら4月はダイヤと水晶だから透明かってことになりますが、偶然なんですかね。

8月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

8月の誕生石は何だろう?

そして、その意思の意味とは?

と、8月の誕生石のことが気になってきたので調べてみることにしました。

8月の誕生石は、

ペリドット
サードニックス

ん?

そんな宝石があるのですか、ペリドットやサードニックスって有名な宝石なのでしょうか。

誕生石になるくらいなので、ある程度有名だとは思うのですが、他の月の誕生石って有名なものばかりですよね。

大体複数の誕生石がある場合、ひとつは有名な宝石だったりするのですが、誕生石を決めたのは宝石関連の組合、その組合の中に8月生まれの人がいなかったのでしょうか?

4月なんてダイヤと水晶、なんだか各月の誕生石のバランスがいまいちな気がします。

そもそも誕生石が1個の月や4個の月があるってこと自体微妙だと思うのですが……。

まあ、何か理由があるのかもしれませんが……。

次、誕生石の意味。

ペリドット:夫婦の幸福、運命の絆

サードニックス:夫婦和合

もっといろいろな意味もありましたが、大まかなのはこんな感じの意味です。

どちらも同じような意味ですが、8月といえば夫婦なんですかね。

どちらも夫婦の幸せ的な意味が多かったです。

で、調べていて思ったのが、宝石店はペリドット推し。

宝石販売のホームページでよく誕生石の特集ページがありますが、ほとんどペリドット。

まあ、ペリドットは綺麗な宝石ですからね。

どんな宝石か知らなかったのですが、ちょっと地味な感じのグリーンの宝石ですが、癒される感じの色なので好きな人も結構いるのではなんて思います。

意味としても、心を鎮めるなんてのもありますね、見た目通り癒しの石ってところですね。

で、隕石からペリドットが発見されたなんて話もありますが、まあ、鉱石ですから、そんなこともあるのでしょうね。

後は太陽の石なんて呼ばれていたり、夜のエメラルドの呼ばれたり、古くから愛されている魅力的な宝石ってことですね。

7月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

7月の誕生石は何だろうか?

そして、その意味は?

ということで、7月の誕生石のことが気になってきたので調べてみることにしました。

まず、7月の誕生石は、

ルビー
カーネリアン

ルビーは超メジャーな宝石ですが、カーネリアンって知りませんでした。

実際、そんなに有名ではないと思うんですよね、7月の誕生石で調べると、どこでもルビーについては書いてありますが、カーネリアンについては書いてないところも多いです。

誕生石を決めた人は、なぜカーネリアンを選んだんですかね?

ルビーだけのほうが迷わずいいと思うのですが……。

月によって1個~4個の誕生石があって微妙な気がするし月に1個で十分な気がするのですが、4月はダイヤと水晶なんて偏り過ぎてる気がするのですが……。

次、7月の誕生石意味は、

ルビー:熱情・情熱・純愛・威厳など
カーネリアン:勇気・友情・喜びなど

宝石の意味って調べれば調べるほどいろいろでてきて、結局どれも同じような意味がでてきたりするので、上記は主な意味を載せました。

7月が誕生日の方はいいですね、ルビーがあって、月によってはあんまり知名度のない宝石だったりしますからね。

ホント、誕生石を考えた人は4月生まれなんですかね?

宝石の言えばダイヤ、パワーストーンと言えば水晶、それが誕生石って……。

で、ルビーって特別な宝石なんですね、ルビーは基本的にはサファイアと同じコランダムという鉱石。

そのコランダムに1%程度のクロムが含まれることで赤色になりルビーになる。

クロムが少なくても、多くてもルビーにはなれません。

さらに、コランダムには通常クロムが含まれることはないそうです。

ですが、現実にクロムの含まれたコランダムがあり、ルビーがあるわけです。

まさに奇跡的な存在それが……ルビー。

前に誕生石のことを調べていてムーンストーンが凄く魅力的な宝石だと思いましたが、ルビーも負けないくらい魅力的な存在ではないでしょうか。

6月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

6月の誕生石は何だろう?

そして、その意味は?

気になってきたので調べてみることにしました。

まず、6月の誕生石は、

パール・ムーンストーン・アレキサンドライト

誕生石は世界各国で微妙に違うのですが、日本で6月の誕生石とされているのは、この3つの宝石です。

ちなみに誕生石を決めているのは宝石関連の組合ですが、4月の誕生石を見ると、何だか4月をひいきしているように感じてしまいます。

ですが、何でその月の誕生石が複数あるのですかね、一つで十分だと思うのですが……。

1月や2月は一つ、プレゼントするにも迷わないですし、いろいろあるとどれがいいのか迷います。

で、世間の6月の誕生石はどれだろうと調べてみましたが、パールかムーンストーンですね。

まあ、アレキサンドライトはあんまり知名度がないですからね。

パワーストーンなんかだと知名度がないほうが神秘的に感じたりするかもしれませんが……。

で、さらに宝石店的にはどこを押しているのかなと調べてみましたが、パールを押してますね。

ムーンストーンは誕生石としては知っている人が多いですが、宝石としての知名度は低く、パールは超メジャーな宝石ですからね。

続いて6月の誕生石、パール・ムーンストーン・アレキサンドライトの意味。

■パール

健康・長寿・純潔・品格・無垢

■ムーンストーン

恋の予感・幸福・希望・愛・予知・知性

■アレキサンドライト

秘めた思い・沈着・勇敢

宝石の意味って調べると沢山出てきますが、主なものを紹介しました。

こうやって宝石のことを調べていくと、ムーンストーンはかなり魅力的に感じました。

石の意味や見た目が何というか神秘的、宝石としてというよりパワーストーン向きですかね。

実際、古くからインド、ヨーロッパで愛された宝石ですから、それだけの魅力がムーンストーンにはあるということだと思います。

調べてみてムーンストーンに対する意識が変わりました。

5月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

5月の誕生石は何だろう?

そして、その意味は?

など、5月の誕生石についていろいろ気になってきたので調べてみることにしました。

5月の誕生石は2つあります。

エメラルド
ヒスイ

どちらも比較的メジャーな宝石ですね。

誕生石って、月によって数が違うんですよね、多い月は4つ、少ない月は1つ、誕生石は一つで十分だと思いますが……。

まあ、誕生石を決めているのは宝石関連の団体ですからね、そんなわけで、世界各国ほぼ似たような感じですが、若干の違いがあるのが誕生石。

4月なんて誕生石がダイヤと水晶、なんかずるくないですか、宝石で一番有名なダイヤと、パワーストーンで一番有名な水晶が誕生石なんて、4月びいきなんですかね。

では、5月の誕生石、エメラルドとヒスイの意味。

■エメラルド

幸運・幸福・精神の安定・希望・愛・健康など

■ヒスイ

幸運・幸福・長寿・健康など

探せば、もっといろいろな意味がでてきますが、とりあえずおもな意味はこんなところです。
で、いろいろ5月の誕生石について調べてみましたが、当然宝石店でも、各月の誕生石の特集的なことをホームページで載せていますが、宝石店的にはエメラルド押しですね。

ヒスイも有名ではありますが、宝石として考えるとエメラルドって感じですね、4大宝石の一つでもありますから。

それに、エメラルドといえば、クレオパトラ、クレオパトラの愛した宝石としても有名、他にも、癒しのエメラルドグリーンってことで鑑賞に向きますし、大昔から愛されている宝石ということで神秘的な話も数多くありますね。

もちろん、ヒスイにもいろいろ神秘的な話はありますが、日本や中国で愛されている宝石ということで、世界的に見ればエメラルドに押されてしまいますね。

調べても誕生石関連でヒスイの情報はエメラルドに比べてかなり少ないですからね。

その点、エメラルドのほうは沢山情報が出てきます。

そういった情報を調べているとエメラルドがほしくなるくらい魅力的、さすが世界4大宝石の一つって感じです。

4月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

4月の誕生石は何でしょう。

そして、その意味は?

■ダイヤモンドの動画

月によって誕生石の数は違いますが、4月は2つ。

  • ダイヤモンド(おっ!)
  • 水晶

です。

でましたダイヤモンド!

そして、もう一つは水晶、値段は全然違いますが、どちらも王道的な宝石、そして、必ずしも透明ではありませんが、イメージ的には透明、なんでしょう4月のイメージって透明なんですかね?

でも、誕生石がダイヤモンドなんて、なんか得した気分なんですかね?

しかし、4月も複数の誕生石なんですね、一つで十分だと思うのですが、月によっては3つも4つもありますからね。

一応誕生石って世界どこでも同じというわけではなく、若干の違いがあります。

まあ、ほんの少しの違いですが、で!決めているのは宝石関連の組合ということです。

■4月の誕生石の意味

ダイヤモンド:清純無垢・歓喜・明快・完全・不滅・永遠の絆・不屈など。

最強の鉱物ダイヤモンドらしい意味ばかりですね。

他にも邪気を払う、人間関係の強くするなどありますが、やっぱりダイヤモンドの強さ、硬さからのイメージですかね。

水晶:完璧・冷静沈着・神秘的など。

他には、調和とか出会いとか身に着けた人を幸せにとかですが、パワーストーンとして有名な水晶らしい意味ですね。

なんで4月の誕生石ってこんなにいい石ばかりなんですかね?

誕生石を考えた人が4月生まれなんですかね?

もっとも有名で高価で硬いダイヤモンドと、もっとも有名なパワーストーンである水晶なんていいですね。

まあ、誕生石をプレゼントするなんてことになってダイヤモンドをプレゼントするなんて大変ではありますが、もらうほうからすれば最高ですけどね。

そんな時は水晶をプレゼントすればいいのかもしれませんが……。

で!4月の誕生石としてダイヤモンドと水晶のどちらが押されているのか?

圧倒的にダイヤモンドですね。

誕生石として情報がダイヤモンドのほうがかなり多く、水晶のほうはあまりないですね。

やっぱり値段の高いダイヤモンドのほうが宝石店がうれしいってことなのかな……。

3月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

3月の誕生石は何でしょう?

そして、その石の意味とは?

誕生石って月によっては複数ありますよね?

いろいろ気になってきたので調べてみることにしました。

アクアマリンの動画

3月の誕生石は、アクアマリン・コーラル(珊瑚)・ブラッドストーン。

何で3つもあるのですかね?

誕生石が一つの月もあるのに、誕生石は各月に一つのほうがいい気がしますがどうなんでしょう……。

一応、誕生石は誰が決めているかですが、宝石関連の組合が決めているということです。

「えっ」って感じですよね。

そんなわけで、各国誕生石は大体同じ宝石が多いですが、若干の違いがある国もあります。

では、3月の誕生石の意味。

■アクアマリン

幸福・心の癒し・平穏・勇敢

海の精が宝石になったという神話もある、癒しのイメージも強い人気のパワーストーンでもあります。

色も綺麗で品があって女性に人気の宝石です。

■コーラル

幼心・禍から守る・幸福・聡明

珊瑚が誕生石?って気もしますが、これも立派な宝石。

■ブラッドストーン

勇敢・聡明・沈着

アクアマリンやコーラルに比べると、3月の誕生石として若干印象の薄いブラッドストーン。

赤い斑点が特徴的な宝石ですね。

で、誕生石ということで宝石店のホームページで誕生石の項目をいろいろ調べてみましたが、やっぱりブラッドストーンは推されてない感じですね。

一推しはアクアマリンという感じですね。

確かに見た目でもアクアマリンは、綺麗で品があり、ブルーの濃さでも魅力の違いがあって非常に魅力的な宝石に感じます。

印象としても3月の誕生石は?

と考えるとアクアマリンかなって気がします。

まあ、どれも魅力的な宝石ですけどね。

ですが、やっぱり3つは多いかなって思います。

自分の誕生石を買う場合、またはプレゼントする場合にどれがいいか迷う方は多いですからね。

無難なのはアクアマリンでしょうが、フィーリングで選ぶのもいいかもしれませんね。

石の意味などで選ぶのもいいですが、ちょっと意味が被る部分も多いですし、調べれば調べるほどいろんな意味がでてきてかえって迷うかもしれません。

個人的には、やっぱりアクアマリンがいいかなって思っています。

2月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

2月の誕生石は何だろう?

そして、その意味は?

誕生石って月によっては複数あるけど、2月に関してはどうだろう。

気になってきたので調べてみることにしました。

アメジストの動画

2月の誕生石はアメジスト(紫水晶)

超メジャーな宝石の一つですね。

2月の誕生石に関しては、アメジスト一つなのでわかりやすくていいですね。

月によっては2つ、3つとありますからね。

一応、誕生石を決めているのは、各国宝石関連の組合で、国によって多少の違いがあります。

では、2月の誕生石アメジストの意味。

誠実・心の平和・高貴・覚醒・愛情・知性などです。

石に意味は、どの石でも調べると沢山出てきますが、アメジストに関して、よく言われる意味は、誠実・高貴が多いので、この辺をアメジストの石の意味と思っておけばいいと思います。

アメジストはパワーストーンとしても有名なので、他の石に比べても、かなりいろんな意味がでてきます。

気になるならいろいろ調べてみるのもいいかもしれません。

パワーストーンとしての意味。

幸福、深い愛、勇気や夢を与えるなどですね。

異性を引き寄せる、恋愛関係に強いなんて話もありますね。

まあ、パワーストーンってそういった感じの話がよくありますが・・・。

ホント、アメジストってよく見かけます。

まあ、値段が比較的安いからかもしれませんが・・・。

かなり古い時代から愛されている宝石ですし、色が紫と格調高いイメージからか儀式などにも使われたようです。

でも、紫色で綺麗ですし、紫の色が濃いほどいいと言われているようです。

楽天市場でアメジストの原石のデカイ置物がかなり魅力的でした。

リーズナブルな値段でかなり大きなものが買えますからね。

これも、アメジストが安いおかげ・・・。

安くても宝石ですから。

1月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

1月の誕生石とその意味とは?

1月の誕生石はガーネットです。

ガーネットの動画

月によって複数の誕生石がありますが、1月に関してはガーネットだけ、誕生石は一つだけのほうがいいような気がするのですが・・・。

まあ、誕生石は宝石関連の組合が決めていることなので何とも言えませんが。

■ガーネットの意味

真実友愛忠実・秘めた情熱・変わらぬ思い・勝利などです。

他にも努力が実る、赤っぽい色のものが多いせいか、血と関連付けられたりもしていたようです。

調べれば、もっと沢山の意味がでてきますが、多くの場合が真実・友愛・忠実となっています。

パワーストーンとしての意味は、

心を和ませる・友情を育てる・好きな人とずっと一緒に的な感じです。

ガーネットは、他の石と一緒に持ってはダメ!なんて話もありますね。

一途でないと嫌らしいです・・・マジですか?

だから、真実、友愛、好きな人とすっと一緒などの意味があるということですかね。

なんだか、宝石って一つの石に対して、いろんな意味がありますよね。

ガーネットに限りませんが・・・。

■ガーネットについて

原石がざくろに似ていることから柘榴石(ざくろいし)とも言われます。

色は、無色・黄色・褐色・赤色・緑色・黒色など様々。

で、そんな原石の中から、特に透明度の高い、赤、橙、黄、緑が宝石として加工されるようです。

確かに宝石店でガーネットを見てみても、赤っぽい色やオレンジ色が中心で、紫、緑のものをたまに見かけます。

主な産地は、アフリカやマダガスカル、マダガスカルで採れるガーネットは良質なものらしいですが、スリランカ産は、鉱山が閉鎖され、すでに産出されていないということで、スリランカ産のガーネットのほうが高値で取引されるということです。

宝石でも質より希少性なんですね・・・。

で、紙やすりのザラザラはガーネットが使われているらしいです・・・マジで!

知らなかった。

後は、比較的古くから宝石として使われていて、お守りとしても使われていたなんて話もあります。