二十日正月?何それどんな意味があるの?気になったので調べてみました

二十日正月?

何それ、どんな意味があるの?

字を見ると、二十日に正月関連の何かをする日か記念日なのかって気はするけど、気になったので調べてみることにしました。

まず、二十日正月の読み方は、「はつかしょうがつ」そのままですね。

で、何時なのかは字のまま1月20日。

どんな日でどんな意味があるのか?

1月20日で正月は終わり、正月に関連した行事はすべてこの日までですよってことのようです。

正月用の食べもの、飾りを食べ、納めるなどですね。

まあ、なかなか抜けない正月気分をなんらかの行事でここまでって区切ったほうがいいですよね。

ただ、考えようによっては、この日までは正月を祝う気持ちでいなければならないということですよね。

1月20日だともう正月って感じはない気がしますが……。

そういった習慣がある以上、そういった気持ちでいるべきですかね。

正月に迎えた神様が元の場所に帰るのが二十日正月って話もあるわけですから、浮かれた正月気分は早めに抜いても、正月を祝う気持ちはしっかり二十日まで持つ必要があるかもしれません。

なんとなく小正月は知っていても二十日正月のことは詳しく知りませんでした。

こういった行事、習慣って昔からあり、続いているわけですから、もっと大事にしたほうがいいでしょうね。

 

で、あと、この日は骨正月や頭正月とも言うようですね。

ブリを骨までしゃぶりつくすぜって日のようですね。

正月にブリを食べて、最後に残るのは頭と骨、それを残さず煮て食べつくしてしまうってことです。

この辺も二十日正月と同じですよね、正月用の食べものをこの日で食べてしまうってことですから、ブリの頭、骨を酒粕、大豆、野菜等と煮込んで食べるみたいですね。

食べたことないですね、この辺は地域的な行事ってことですから、もっと昔から伝わる日本の行事等を大事にして普及させたほうがいろいろとメリハリがある生活になってよさそうな気がしますが、どうなんでよう。

面倒ですかね。

1月と言えば何かな?どんな月だろうか?

background-212096_150

1月と言えばどんな月だろうか?

当然、様々な行事などがあるわけですが、少し気になってきたので調べてみることにしました。

日本では1月は睦月と言われたりしますね。

まあ、一般的に使う言葉ではありませんが・・・。

1月は一年の初めの月ということもあり、何かと特別な感じ、気持ちになるような気がします。

今年こそは・・・なんて思ったりしますからね・・・初めだけ。

で、1月の祝日。

1月1日元旦と、第二月曜日の成人の日。

まあ、正月の三が日もありますし、それなりに休める月ですかね。

有給がとりにくい日本ですし、国民性もあるので、有給をとりましょうなんて政策ではなく、国民の祝日を増やせばいいのにって思います。

では、1月はどんな行事があるだろうか?

1月1日の元旦、一年の初めにして、最大級のイベントとも言えますかね、やっぱり最初が大事ってことで。

そして、初夢、多少気になりますよね。

1月1日に寝て見る最初の夢が初夢・・・12月31日に寝て、1月1日の朝に見た夢が初夢だと思ってました。

1月7日の七草、七草粥を食べる習慣ですね・・・食べたことがないです。

せっかく日本の習慣なわけですから大事にしたいところですが…。

1月の第二月曜日に成人式、めでたい日ですが、結構問題になるニュースが多いですよね。

1月11日の鏡開き。

こんなところですね。

スポーツはいろいろありますが、箱根駅伝は毎年注目しています。

次に、1月の誕生石はガーネット、日本名:柘榴石ですね。

誕生石が一つで迷わなくていいですね、誕生石は各月一つでいいと思うのですが・・・。

1月を代表する花と言えば、梅・・・ピンとこないですね。

後は水仙なんかも見かけますかね。

他に何かありますかね、餅、初詣、お年玉、獅子舞、福笑い、おせち料理、書き初め、角松、凧揚げ、しめ飾りって、これでは正月関連ばかり、結局1月は正月ってことですかね。