8月といえばどんな月だろう…気になったので調べてみました

abstract-2384_150

8月といえばどんな月だろうか?

8月といえば夏、夏休み、海、山、プール、虫、花火など、いろいろあるとは思いますが、より具体的にどんな月なのか気になってきたので調べてみることにしました。

8月、英語でaugust。

日本では8月を葉月と言います……言っている人は学校授業くらいしかない気もしますが。

季語から見た8月。

8月の季語を見てみると、お盆関連のものや虫、花火などが目につきます。

7月なんかだと海、山などが多いですが、8月になると秋という漢字が多くなります。

季語って若干先取り感があるんですよね。

8月こそ海、山って気がするのですが……まあ、8月の終わりごろになるとクラゲが多くて泳ぐ人が減りはしますけどね。

とにかく季語だけ見ると秋の始まりだって感じですね。

現実的には秋どころか10月頃まで暑いですけど。

で、みんな大好き国民の祝日。

8月は国民の祝日がありません。

なぜか6月と8月は国民の祝日がない、まあ8月はお盆休みがあるし、学生は夏休みなので必要性は感じませんがないんですよね。

まあ、休むために国民の祝日があるわけではないですけどね。

ただ、ついに8月にも国民の祝日、山の日ができるようです。

まあ、お盆休みがあるのでありがたみは少ないかもしれませんが、本来祝ったり、感謝する日なのでいいほうに考えたほうがいいでしょう。

では、具体的に8月はどんなことがあるのか?

各種祭り、お盆、全国各地で花火大会。

あとは過去に大きな出来事がありましたね。

ですが、ここではふれません。

で、8月の誕生石。

ペリドット、サードニックス。

8月のスポーツ

高校野球(甲子園)、全米プロゴルフ、全米オープンテニス。

凄まじく暑い季節ですがスポーツは盛んですね。

こうやって8月のことを調べてみると、学生が休み、お盆休みがあるので青曽比の要素が強い月って感じがします。

明確な国民的な行事は少ないですが、休みを利用したイベントも多いですし、暑いですが楽しいことが多い月……それが8月。

7月といえばどんな月?気になったので調べてみました

sunflowers-76119_150

7月といえばどんな月でしょうか?

夏本番と言えるかはともかく暑い時期、学生は夏休みに入る月などいろいろありますが、気になってきたので7月について調べてみることにしました。

まず、日本では7月のことを文月と言います……学校の授業以外で言っている人はいない気がしますが、まあ、そう呼びます。

稲穂を含む月から文月ってのが由来の一つだそうです。

で、7月を英語でJuly。

続いて季語から見る7月。

やはり夏という感じが7月から圧倒的に増え、山や虫という感じが増えますね、虫はわかるのですが山が多いのは少し意外、海以上に多いように感じます。

7月は山登りの季節ってことですかね。

次、7月の国民の祝日。

海の日が7月の第3月曜日。

海の恩恵に感謝する日ですね。

7月は暑いのでもう一つくらい国民の祝日がほしい気もしますが、どうなんでしょう。

6月と8月は国民の祝日がないのですから、7月に2つくらいあってもいいかなって思います。

まあ、8月になればお盆休みがあるわけですが、もう一日……どうせ有給なんてとりにくいわけですから、まあ、個人が休む有給と国民全体で休む国民の祝日とでは全然経済に与える影響が違いますけどね。

7月の行事。

7月1日海開き、富士山山開き

7月7日七夕

7月17日祇園祭

7月の第3月曜日海の日

他にもありますが、メジャーなのはこんな感じですかね。

7月は海だ、山だって季節ってことですね、暑いので外出がキツイ季節ではありますが、だからこそ海、山、子供たちはもうすぐ夏休みだってウキウキする月ですかね。

スポーツも盛り上がり世界的なスポーツイベント、ツール・ド・フランス、大相撲名古屋場所、全英ゴルフ、プロ野球オールスター。

いろんな意味で暑い季節、それが……7月。

次、7月の誕生石。

ルビーとカーネリアン。

カーネリアンのほうはちょっとマイナーで、ルビーがメインって感じですね。

宝石店のホームページの特集でもルビーだけですからね。

ルビーって調べてみると凄く魅力的な宝石なのでルビーのことを調べてみるのもいいかもしれません。

7月についてはこんな感じですかね。

晩夏とはいつ頃のこと?どんな季節?気になったので調べてみました

sunflower-175821_150

晩夏とはいつ頃なのか?

そして、どんな季節なのか?

気になってきたので調べてみることにしました。

まず、晩夏の読み方「ばんか」ですね。

字を見る限り夏の終わりごろのことだろうなとは思いますが、当然字のままの意味で、夏の終わり・夏の末ということですね。

では、より具体的にいつ頃が晩夏なのか?

8月の後半から9月の上旬頃ということです。

まあ、この辺が夏の終わりごろって感じですよね。

ただ、この手の季節を表す言葉って、結構先取り感があるのですが、晩夏は先取り感がない気がします。

例えば初夏、夏の初めですね、いつ頃かで言えば、5月の中旬から梅雨前あたり、季節の先取り感がありますよね。

そして、晩夏の後の初秋、秋の初めですね。

初秋が8月の中旬から9月の上旬。

晩夏とかぶってますが、夏の終わりと秋の初めがかぶるのもおかしいことではないですが、初秋も先取り感がありますよね。

8月は夏全開、9月の上旬もまだまだ暑いですからね。

それなのに晩夏は全然先取り感がない、なぜなんですかね。

近年は9月は、まだまだ暑いですが、何月が夏かと考えると8月が終わると夏が終わったって気もします。

この感覚も、学生のころの夏休みの影響ですかね。

一応夏は4つに分けられます。

初夏、梅雨、盛夏、晩夏。

先ほど説明したように、5月中旬から梅雨前が初夏。

植物的には夏感がありますが、季節感的には夏って感じではないかなって気もします。

まあ、桜が散ったら春って感じでもないのでこれでいいのかもしれませんが……。

で、6月中旬から7月中旬頃、雨が多くて過ごしにくい季節でもあるが、水の貯め時でもあるから重要な季節といえるでしょう。

そして梅雨が明ければ盛夏、夏真っ盛り。

梅雨明けから8月中旬頃まで夏全開ですね。

で、8月の中旬を過ぎ晩夏へ。

夏も終わりだな~なんてのは学生だけでしょ。

夏はまだまだこれからって気もしますが、この辺から海にクラゲがでて夏らしく過ごせなくなってくるので夏も終わりと言えば終わりかもしれませんね。