地震雲とは何?特徴は?地震の前兆って本当?

地震雲とは何でしょう。

どんな特徴のある雲が地震雲なのでしょうか?

地震の前兆なんて言われますが本当なのでしょうか?

科学的な根拠はないって話を聞いたことがありますがどうなんでしょう。

いろいろ気になってきたので調べてみることにしました。

まず、地震雲を観測したって動画がYouTubeにありました。

で、地震雲とは?

まあ、字のまま、地震の前に発生すると言われている雲。

一応地震雲について研究はしているみたいで、なぜ、発生するのか?どう地震と結びつけるのか?

まあ、どっちもハッキリしてないようです。

何にしても地震雲は科学的根拠がないってことが有力、権威ある地震関連の団体も否定しているってことですね。

ただ、関係ないことが確定しているわけでもない。

まあ、後付感がある気もしますし、でも、あっても不思議はない気はしますがね。

科学的な根拠がないからって、「地震雲なんて関係ない!」ってのは違うかなと思います。

やっぱり地震を予測できれば、被害を減らせる可能性があるわけだし、可能性は探していくべきだし、気を付けるに越したことはないかなって思います。

次、地震雲ってどんな雲?

これ気になるところですよね。

ただ、これも明確ではないようですね。

一般的でない雲が地震雲、気象現象で説明できない雲が地震雲、ただ、地震雲と似た、気象現象によって説明できる雲もあるので間違えられやすいようですね。

ですが、一応よく言われる地震雲の特徴は、

  • 低い位置に発生
  • 移動しない
  • 形が変わらない
  • 地震の前に発生する(当たり前)

大体観測された形は、断層型、帯状、放射状、螺旋状が主ですね。

地震雲 画像なんかで検索すると沢山画像が出てきますね。

やっぱり物々しい感じがしますね・・・気のせいですかね。

結局地震雲は地震の前兆かどうかはわからない!ってことですね。

関係ないって根拠を説明したものもありましたが、それもどうなんでしょうね。

実際に地震前に観測された地震雲などもありますが、地震が起きてなくても発生しているようですし、後付感はかなりある気がします。

何にしてもわからないってことですね。

今後の研究に期待するってところですね。

地震予知は難しいらしいけどどの程度進んでいるのだろう?

地震予知ってどの程度の精度でわかるのだろう?

気になったので調べてみました。

地震大国の日本としては、大きな地震を予知できることは災害を減らすためにも達成したいところ、そんなわけで国を挙げて研究していたようですが、現実的には難しいようですね。

地震予知の精度ってどの程度の物なのだろう?

国としては、地震を事前に予知して、災害を減らしていきたかったようですが、現実的に無理・・・ってことで、防災に方向チェンジしているようですね。

ということは、地震の予知の研究は、今後進まないってことかもしれませんね。

もちろん、誰かが研究は続けていくでしょうが、国としては予知できるようになる!ってことではなくなったようですね・・・ちょっと残念です。

ただ、災害を減らすことに活かせるほどの地震予知は厳しいようですが、何年以内に、日本のどの辺で大きめの地震が来る可能性があるとか、日々起きている小さな地震を予測する程度なら、ある程度の精度があるようです。

ただ、これではあまり意味がないようです。

それでも、監視体制の整っていて、データも比較的そろっている東海地震に関しては、ある程度予知できるそうです・・・ホントですかね。

その東海地震も本当に予知できるかは不明らしいです。

あとは、よく言われる地震雲

良く聞きますよね?

大きな地震が起きる前に、地震雲が観測されるとか、○○地震が発生する前に、こんな地震雲が観測されました・・・なんてテレビでやっているのを見たことがあるという方も多いでしょう。

ただ、地震雲も科学的根拠はないようですね、逆にないと言い切れないようですが・・・。

いろんな条件で、いろんな形で発生している雲を地震で結びつけるのも難しいようですし、こじ付けになってしまいがちでしょうからね。

結局、東海地震も含めて地震予知は難しいというか、ほぼ無理ってことのようですね。

日頃から防災意識をもっていることが大事ということです。

それでも、精度が低くても、はずれても、緊急地震速報は必要かなとは思います。

「どうせはずれるよ」

なんて思っていても、多少は注意するでしょうから、予知が無理なら備えるしかないですからね。