8月といえばどんな月だろう…気になったので調べてみました

abstract-2384_150

8月といえばどんな月だろうか?

8月といえば夏、夏休み、海、山、プール、虫、花火など、いろいろあるとは思いますが、より具体的にどんな月なのか気になってきたので調べてみることにしました。

8月、英語でaugust。

日本では8月を葉月と言います……言っている人は学校授業くらいしかない気もしますが。

季語から見た8月。

8月の季語を見てみると、お盆関連のものや虫、花火などが目につきます。

7月なんかだと海、山などが多いですが、8月になると秋という漢字が多くなります。

季語って若干先取り感があるんですよね。

8月こそ海、山って気がするのですが……まあ、8月の終わりごろになるとクラゲが多くて泳ぐ人が減りはしますけどね。

とにかく季語だけ見ると秋の始まりだって感じですね。

現実的には秋どころか10月頃まで暑いですけど。

で、みんな大好き国民の祝日。

8月は国民の祝日がありません。

なぜか6月と8月は国民の祝日がない、まあ8月はお盆休みがあるし、学生は夏休みなので必要性は感じませんがないんですよね。

まあ、休むために国民の祝日があるわけではないですけどね。

ただ、ついに8月にも国民の祝日、山の日ができるようです。

まあ、お盆休みがあるのでありがたみは少ないかもしれませんが、本来祝ったり、感謝する日なのでいいほうに考えたほうがいいでしょう。

では、具体的に8月はどんなことがあるのか?

各種祭り、お盆、全国各地で花火大会。

あとは過去に大きな出来事がありましたね。

ですが、ここではふれません。

で、8月の誕生石。

ペリドット、サードニックス。

8月のスポーツ

高校野球(甲子園)、全米プロゴルフ、全米オープンテニス。

凄まじく暑い季節ですがスポーツは盛んですね。

こうやって8月のことを調べてみると、学生が休み、お盆休みがあるので青曽比の要素が強い月って感じがします。

明確な国民的な行事は少ないですが、休みを利用したイベントも多いですし、暑いですが楽しいことが多い月……それが8月。

仕事納めいつ?何日?意味は?って気になったので調べてみました

仕事納め……素晴らしい言葉ですね。

今年の仕事も終わった!

「良いお年を」って感じですが、仕事納めはいつ、何日?

何か深い意味でもあるのかと気になったので調べてみることにしました。

仕事納め、本来の意味的には、年末の最後の仕事の日のことですが、日本の官公庁は、法律で12月29日から1月3日までを休日とすることを定めており、12月28日をその年の仕事納めってことで、御用納めになります。

で、一般的な企業もこれにならい12月28日を仕事納めとするところが多い。

12月28日が土曜日や日曜日の場合は、その前の日を仕事納めの日とすることが多い。

後は、仕事によって違うみたいですね、ギリギリまでやってくれなくては多くの人が困るような仕事の場合は12月30日までやるところもあるってことですね。

例えば銀行とかですね。

ただ、一般的には12月28日が仕事納めってことです。

仕事納めについて、何か深い意味でもあるのかなって思って調べてみましたが、特にコレといったことはないようですね。

ただ、官公庁に関しては、法律で定められている休みですから、そういった意味では特別な休みと言ってもいいかもしれません。

でも、仕事納めって最高ですよね。

まあ、片づけなければならないこと、仕事始めをスムーズに進めるための段取り、やることは沢山あるものですからね。

納期があり、それが迫っているようだと気になってしまいますよね。

それでも、何とも言えない開放感のある日、長期の休みの期間よりも、長期の休みに入る前の日が一番楽しい気分だったりしますからね。

これで、「今日残業頼むよ」なんて言われたら一気にテンションガタ落ちですけどね……。

気持ちよく終わりましょうよ、まあ、仕事がある以上仕方がないですけどね。

国民の祝日の日数って何日?その一覧は?

arizona-165094_150

国民の祝日の日数って年間何日あるのだろう?

そして、国民の祝日の一覧が知りたい!

と思い、調べてみることにしました。

国民の祝日って特別な日ではありますが、臨時の休みって感じもするし、沢山あるとうれしいのですが・・・まあ、多すぎると休み癖が付きそうですがね。

まず、国民の祝日の日数は年間何日か?

15日ということですね。

では、国民の祝日の一覧。

■元日:1月1日

年の初めを祝う日です。

■成人の日:1月の第2月曜日

大人になったことを自覚して自立する青年を励ます日です。

■建国記念日:2月11日政令で定める日

建国を祈念する日です。

■春分の日:春分日

自然をたたえ、生物をいつくしむ日です。

■昭和の日:4月29日

激動の昭和を思い出す日です。

■憲法記念日:5月3日

日本国憲法の制定を記念する日です。

■みどりの日:5月4日

自然に感謝する日です。

■こどもの日:5月5日

子供の人格を重んじ、幸福をはかるとともに、母に感謝する日です。

■海の日:7月の第3月曜日

海の恩恵に感謝する日です。

■敬老の日:9月の第3月曜日

老人を敬愛し、長寿を祝う日です。

■秋分の日:秋分日

先祖をうやまい、なくなった人をしのぶ日です。

■体育の日:10月の第2月曜日

スポーツにしたしみ、健康な心身を培う日です。

■文化の日:11月3日

自由と平和を愛して、文化をすすめる日です。

■勤労感謝の日:11月23日

勤労を互いに感謝しあう日です。

■天皇誕生日:12月23日天皇の誕生日

天皇陛下の誕生日です。

こうやって国民の休日の一覧を見てみると、意味を知らない日があるし、思っていたのと全然違う意味の日がありました。

ん~勉強になりました。

やっぱり、一度勉強しておくべきですね。

ただ、うまく分配しているな~なんて気もします。

もちろん日本国民として祝う、記念すべき日だなってのはありますが、そうでもないのでは・・・なんて日もあるかな、実際に日にちが変わったこともありますからね。

今後も若干の変化はあるでしょうね。

6月と8月は国民の祝日はないわけですが、まあ、8月はお盆もありますし、いいのですが、6月に一日ほしいですね・・・できませんかね。

まあ、日本の国民の祝日は先進国の中で一番多いということですから、これ以上は増やせないかもしれませんが・・・でも、有給をとらない人が多いのですから、国のほうで休みを作るのもありなのでは・・・なんて気もしますが、どうですかね。