先勝とはどんな意味があるのだろう?読み方は?

先勝とは、どんな意味があるのだろう?

そして、その読み方は?

カレンダーでよく見かける六曜、その中の超メジャー六曜である大安、仏滅に隠れる先勝とはどんな意味があるのか?気になったので調べてみることにしました。

 

先勝の意味は、「先んずればすなわち勝つ」、用事や勝負事を行うのにいい日ってことで、何事も先に、早く、やるといいことがあるかもよ!って日。

そんなわけで、午前中は吉、午後は凶などとも言われています。

字を見れば悪い日ではないと思いましたが、先勝はなかなかいい日ですね~。

先手必勝って感じですね。

では、先勝の読み方は、「せんしょう」、「せんかち」などが一般的な読み方で、他には「さきがち」、「さきかち」ですね。

先勝っていい日ですね、何かをするのにいい日なわけですから、大安。仏滅ばかりが有名ですが、先勝ももっとメジャーな存在になってもいいような気がします。

六曜って結構社会に影響があるわけじゃないですか?

大安は、引越し屋が高い傾向があるし、結婚式も仏滅を避けますよね?

先勝の意味を考えれば、もっとメジャーであるべきでしょ。

六曜の中で一番いい日が大安、悪い日が仏滅とはされていますが、意味だけを見れば、先勝は大安に負けてないように感じますが、ただ、先勝は先に、早く、午前などの限定条件があるのがマイナスポイントなのかもしれませんね。

その点、大安は何かを始めるのにいい日ってことですから、まあ、大いに安息する日なんて説もありますが、社会全体的にはいい日ととらえるのが一般的、限定条件なしでいい日である大安に分があるということですかね。

ですが、字を見ても、意味を見ても、勝負に適した日って気がしますよね?

それも先手で、行動する理由に最適な気がしますが、どうなんでしょう。

まあ、社会的には、大安、仏滅、場合によっては友引くらいしか気にしてないように感じますが、先勝のことを覚えておいてもいいのではないでしょうか?

大きめのカレンダーなら大概載っている六曜なわけだし、少し気にしてみるのもいいかもしれませんね。

友引とは?どんな意味があるのだろう?気にしたほうがいいのかな

友引とはどんな意味があるのでしょうか?

超メジャー六曜の一つである大安・仏滅は気にする人がそれなりにいますし、社会に与える影響まであります。

結婚式の予約、引越し業者の予約、費用にまで影響がある場合もありますからね。

そんな2大六曜である大安・仏滅に隠れた?友引とは、どんな意味があるのでしょうか?

少し気になってきたので調べてみることにしました。

■友引の意味

大きなカレンダーなら大概書いてある六曜の一つ、午前、夕刻、夜は吉、昼は凶と言われていますね。

友引の日は葬儀をやるな!なんてこともよく聞いたことがあります。

なぜ、友引の日に葬儀をしてはいけないかですが、字が友を引くですよね?

そんなわけで、友引の日に葬式をすると、友(他の人も含む)が、あっちへ連れて行かれてしまいますよ、だからこの日はやめておきましょうねって理由です。

本来の意味としては、勝ち負けが無い日ってことです。

何の勝負をしても決着がつかない日だから勝負事はするなよってことです。

友引の意味としては、このような感じですが、一般的な認識としては、友引の日は葬式をしてはいけないってことですね。

六曜のことを気にするのでしたら、友引も注意が必要ですね、何しろ葬式を避ける日なわけですから、確かに、六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口とあるわけですが、日々の生活の中で聞くのは大安、仏滅がほとんどで、たまに友引くらいですからね。

一般的には大安が一番いい日、仏滅が一番悪い日って認識で、この日は大安だからいいだろう、この日は仏滅だからやめておこうなんて聞くこともありますが、他はあまりないですからね、六曜を気にする人もいるでしょうから、友引のことを忘れないほうが良いかもしれません。

友引についていろいろ調べてみましたが、意味の解釈でとらえ方が変わるといったものはないですね、大安や仏滅は、大安は何かを始めるのが良い日って考えが一般的ですが、大いに休まる日として行動しないほうが良いなんて考えがあり、仏滅も、一般的には祝い事を避ける日ですが、一度滅して、何かを始めるのにいい日なんて考えもあります。

六曜は意外に社会に影響力があるので、多少は気にしておくといいかもしれませんね。

先負とはどんな意味があるの?あと読み方は何?

先負とはどんな意味なんでしょうか?

あと読み方は?

カレンダーに書いてあるのは見かけるけど、六曜の中でもメジャーな大安や仏滅ほど注目はされていないような気がするけど・・・。

とにかく気になってきたので、先負の意味などを調べてみることにしました。

なんとなく字のままに考えると、先に負ける?って気がしますが、先んずれば負けるということで、勝負事や急用を避けるべき日って意味ですね。

ただ、過去には、吉日なんて解釈もされていたようですね、ですが字を考え、先に動くと負けだよって解釈になったようで、静かに待つ日ですよってことです。

なるほど、何事も事を起こさず、その日は待ちましょってことですね、ただ、勝負事や争いごと、公事などを避けるようにすることはできるでしょうが、急用を避けるのは難しいが、まあ、難しく考えずに静かに待つ日ってことですね。

ただ、午前は凶、午後は吉なんて解釈もあるので、どうしてもということなら午後からなら有りですかね。

■先負の読み方

せんぶが一般的なようで、他にも、せんぷ、せんまけ、さきまけと読まれますが、せんぶって読んでおくのが無難でいいのではないでしょうか。

先負ってこういった意味だったんですね、大安や仏滅くらいしか気にしたこともなかったです。

回りでも、結婚式は大安にしようとか、仏滅だから引越しは他の日にしようって言っている人は見かけますが、今日は先負だから勝負事は避けようなんて人は見たことがないです。

やっぱり、一番いい日とされる大安と、一番悪い日とされる仏滅は気になっても、他の先勝や友引や先負や赤口はあまり気にしませんよね?

まあ、友引は気にする人もいるかもしれませんが・・・。

こういった六曜って、ただ大安が良くて、仏滅が悪いというわけではなく、それぞれに意味があるので、そういったことを知っておくのもいいかなと思います。

気にしない人が多い気はしますが、気にする人もいますし、六曜はある程度社会に影響力があるような感じですからね。

何しろ大きめのカレンダーなら、ほとんどのものに六曜は載ってますし、結婚式の式場の予約や引越しの予約に影響がある場合もありますからね。

大安とは?いい日って気がするけど本当の意味はどうなんだろう?

大安とは?

なんとなくいい日として使われているような気がするけど、実はそうではないって話も聞いたことがあります。

字を見るかぎり、いい日なのではって気がするけど・・・。

本当の意味はどうなんでしょう?

少し気になってきたので調べてみることにしました。

カレンダーによく載っている六曜、そんな六曜の中でも多くの人の注目を浴びる大安と仏滅。

あんまり深く意味を考えなければ、大安がいい日、仏滅が悪い日って感じだと思います。

一般的には、大安は、結婚、旅行、引越しなど、何かを始めるのにいい日とされているようです。

そんなわけで、引越し屋さんに引越しを頼む場合も、大安の日は人気で料金が割高の傾向があり、逆に仏滅は割安の傾向があるところもあります。

それだけ社会的にも影響力がある大安ですが、本当に単純にいい日と考えていいのでしょうか?

調べてみても、いい日ってことですね。

大いに安しとして、六曜の中で一番いい日とされているという説明が多いですね。

ですが、やっぱりそうではないって説もあります。

大いに安息する日として、行動せずに休む日って説もあります。

ただ、こういった説はいろいろあるもので、仏滅にしても、一方的に悪い日って意味ばかりではなく、一度滅んで、新しく始まると解釈して、何かを始めるのにいい日いう説もあります。

そういったわけで、これが正しい!といった意味があるわけではないですね、ただ、やっぱり社会的に影響力があると思いますし、予定を六曜に合わせて組む場合もかなりあるので、一般的に説明されている解釈でいいのではないでしょうか?

例えば、何か有名な人や説明を見て、「大安の本当は違って、○○って意味だ!」と、一般手的な意味と違うことを言っても、正しい意味、本当の意味の根拠としてどうなんでしょう。

間違っているとも言えませんが、本当に正しいとも言えないと思います。

こういった結論がでにくいことを言っても仕方がないので、一般的に広がった説でいいのではないでしょうか?

まあ、まったく六曜を気にしないってのも有りだとは思いますが。

仏滅とは?いろいろ言われますが本当のところはどうなんでしょう

仏滅とは?

いろいろ言われてますよね、日が悪いとか、ただ、多くの人が避けるべき悪い日という認識ではありますが、実は仏滅っていい日なんだよ、なんて話を聞くこともあります。

ですが、良い日だと聞いた人も、一応避けているように感じます。

まあ、字が良い日って感じではありませんからね。

本当のところはどうなんでしょう。

気になったので調べてみました。

仏滅という字をよく見るのはカレンダーかなと思います。

カレンダーの日付の下あたりに先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口と書かれているのを見たことがあると思いますが、これが六曜と呼ばれる、暦注の一つ、日本では、これが一番有名な暦注ですよね。

簡易的なカレンダーでもなければ、大概六曜が書いてありますからね。

日本では、この六曜を参考に、冠婚葬祭時に、「結婚式は大安がいい」、「仏滅だから避けろ」、「その日は友引だから葬式は他の日にしよう」などと言っているのを聞いたことがある方も多くいると思います。

それだけ生活に影響力がある六曜、その中でも多くの人が避けたがる仏滅とはどういったものか?

六曜としての仏滅は、「仏も滅するような大凶日」ということで、六曜の中でも一番日が悪いということで、祝い事は特に避けられる傾向があり、そんなわけで、結婚式を挙げる人も少なく、式場のほうも、空けておくのももったいないということで割引料金で式を行える場合もあります。

あとは引越しなども業者に頼む場合、仏滅のほうが安いなんてよく聞きますね。

あとは、「何事も控える日」、「病めば長引く」、「仏事はいい」とも言われ、やっぱり仏事ならいいが、祝い事は避けるべき日ってことのようですね。

ただ、仏滅って本当はいい日なんだよって聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

その辺はどうなんでしょう。

このことについては、仏滅って物滅とも呼び、「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」という解釈をして、何かを始めるのにいい日って言われる場合もあります。

このことを聞いて、仏滅って本当はいい日なんだよってことになったのではないでしょうか?

やはり、六曜的には、仏滅が良い日より、祝い事は避ける日と考えることのほうが多いようです。

思い込みもあるとは思いますが、やっぱり仏滅に祝い事って気にはならないことが多いような気が・・・しませんか?