ヨーグルトの日か…どんな日だろう

ヨーグルトの日というのを見つけた。

どんな日なのだろう、初めてヨーグルトができた日なのだろうか?

少し気になってきたので調べてみることにしました。

まずヨーグルトの日はいつなのか?

5月15日です。

なぜ5月15日がヨーグルトの日なのか?

ヨーグルト研究をしていたロシアのイリヤ・メチニコフは、ヨーグルトはいいよ~と世界中に広めたヨーグルト界の有名人。

そのイリヤ・メチニコフの誕生日が5月15日。

で、明治乳業がそれにちなんで5月15日はヨーグルトの日としようってことで、この記念日ができました。

このような理由でできたんですね……微妙。

ヨーグルトが発見された日とかではないのですね。

まあ、ヨーグルトがいいよ~って世界中に広まる切っ掛けの一つを作ったってことでヨーグルトの普及に貢献したのでしょうが、それでヨーグルトの日ですか……。

イリヤ・メチニコフは免疫の研究でノーベル生理・医学賞を受賞している凄い人なわけですが、だからといって誕生日をヨーグルトの日、まあ、明治乳業がそう決めたのでいいとしておきます。

ただ、やっぱりヨーグルトの日って普及しないですよね、ライバル社が作った記念日に他のメーカーは乗っからないですよね。

やっぱりヨーグルトを販売しているメーカーがみんなで普及活動を行えるような日のほうがいいと思うのですがそれも難しいことですかね。

世界中にヨーグルト、ヨーグルトのようなものがあり、すべてヨーグルトと呼ぶわけでもないようですからね。

日本ではトルコ語を由来にしてヨーグルトと呼んでいますが、世界共通でもないし、似たようなものは沢山あるようです。

一応、ヨーグルトには定義があって、FAOが定めた定義によると、乳、乳酸菌が原料で、ブルガリア菌とサーモフィルス菌が大量に存在していて、その菌の発酵作用によって作られたもの、ということです。

これで、ヨーグルトの定義がはっきりして、どれがヨーグルトで、どれがヨーグルトではないかがはっきりしたのだから、この定義が定められた日がヨーグルトの日でいいのではないでしょうか。

まあ、ヨーグルト自体より、ヨーグルトの機能性が広まったことのほうが重要と考えればイリヤ・メチニコフの誕生日ってのも妥当な気がしてきましたが、明治乳業としてはヨーグルト自体より、ヨーグルトの機能性のほうが重要だったってことかもしれませんね。

6月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

6月の誕生石は何だろう?

そして、その意味は?

気になってきたので調べてみることにしました。

まず、6月の誕生石は、

パール・ムーンストーン・アレキサンドライト

誕生石は世界各国で微妙に違うのですが、日本で6月の誕生石とされているのは、この3つの宝石です。

ちなみに誕生石を決めているのは宝石関連の組合ですが、4月の誕生石を見ると、何だか4月をひいきしているように感じてしまいます。

ですが、何でその月の誕生石が複数あるのですかね、一つで十分だと思うのですが……。

1月や2月は一つ、プレゼントするにも迷わないですし、いろいろあるとどれがいいのか迷います。

で、世間の6月の誕生石はどれだろうと調べてみましたが、パールかムーンストーンですね。

まあ、アレキサンドライトはあんまり知名度がないですからね。

パワーストーンなんかだと知名度がないほうが神秘的に感じたりするかもしれませんが……。

で、さらに宝石店的にはどこを押しているのかなと調べてみましたが、パールを押してますね。

ムーンストーンは誕生石としては知っている人が多いですが、宝石としての知名度は低く、パールは超メジャーな宝石ですからね。

続いて6月の誕生石、パール・ムーンストーン・アレキサンドライトの意味。

■パール

健康・長寿・純潔・品格・無垢

■ムーンストーン

恋の予感・幸福・希望・愛・予知・知性

■アレキサンドライト

秘めた思い・沈着・勇敢

宝石の意味って調べると沢山出てきますが、主なものを紹介しました。

こうやって宝石のことを調べていくと、ムーンストーンはかなり魅力的に感じました。

石の意味や見た目が何というか神秘的、宝石としてというよりパワーストーン向きですかね。

実際、古くからインド、ヨーロッパで愛された宝石ですから、それだけの魅力がムーンストーンにはあるということだと思います。

調べてみてムーンストーンに対する意識が変わりました。

緑茶の日?どんな日だろう気になったので調べてみました

green-tea-plantation-194127_150

緑茶の日?

そんな日があるんですね、どんな日なんでしょう。

何かイベントとかあるのでしょうか?

気になってきたので調べてみることにしました。
緑茶の日はいつなのか?

5月1日か5月2日が緑茶の日。

なぜ、この日なのかですが、茶摘みの歌などにでてくる八十八夜がありますが、八十八夜は5月2日、閏年の年は5月1日、これは立春から88日目で八十八夜。

で、この日に摘んだはお茶は最高とされ、それにちなんで八十八夜を緑茶の日と定めました。

ということは、「このお茶は5月2日の八十八夜に摘んだお茶の葉で作りました」って感じでブランド化され高値で取引されているのですかね。

どうですかね、伊藤園で出さないですかね、「八十八夜に摘んだ茶葉で作ったお~いお茶」って感じで、少し値段も高くして、そうなれば緑茶の日の知名度もぐんと上がると思いますけどね。

たぶんこの日をブランド化して売っているお茶の葉があると思うんですけど、どうなんでしょう。

サプリメントなんかでも販売したらおもしろそうな気がします。

次、この緑茶の日を作ったのは誰?

公益社団法人日本茶業中央会。

この団体は何をしている団体かといえば、お茶の普及、改良、茶業の健全化が目的の団体です。

緑茶の日の制定も、活動の一環ということですね。

まあ、いまいち認知されてない気がしますが、ペットボトルのお茶は大人気で、飲料の中でジャンルを確立できているわけですから、各飲料メーカーと協力すればすぐに普及する気がします。

企画としてもおもしろいのではないでしょうか。

で、八十八夜のお茶が最高なんて話はお茶に関わっていれば多くの人が知っている話、そんなわけで、この日は他にもお茶関連の日があり、山啓会が制定して新茶の日なんてのもあります。

ただ、お茶関連の記念日を調べていて気になったのが、11月1日。

この日は、お茶の日、紅茶の日、玄米茶の日があるんですよね。

何ででしょう。

偶然とは思えないし、制定団体も全部違うんですよね、11月1日に何かお茶にちなんだ何かがあるのでしょうか?

と思ったのですが偶然でした。

それぞれ別の理由があって制定されていました。

まあ、緑茶の日はもっと大きくなる可能性がある日ではないでしょうか。

初夏とはいつ?どんな季節?気になったので調べてみました

early-summer-210413_150

初夏とはいつ?

そして、どんな季節?

と、初夏について気になってきたので調べてみることにしました。

最初に初夏の読み方、「しょか」「はつなつ」ですね、まあ、はつなつと言う人は少なそうですけどね。

次に英語でearly summer、早い夏ってことですね。

では、初夏とはいつ頃のことなのか?

まあ、明確なものではないですが、5月の中旬から6月あたりを初夏と考えればいいでしょう。

季節なんて明確に切り替わるものでもないですし、はっきり何月が初夏だってものでもないですね。

結局字のまま、夏の初め、夏を感じるころが初夏、そして、その夏を感じるころが6月あたりってことですね。

ただ、二十四節気で見ると、晩春が5月の第一週あたりで終わり、そう考えると初夏の始まりは5月上旬から6月上旬あたり、ちょっと季節感と合わないかなって思います。

春の植物も5月中旬あたりまで全開って感じですからね。

そして5月中旬を過ぎたあたりで夏の植物が目立つようになってきますから。

やっぱり5月中旬あたりが初夏の始まりと考えればいいでしょう。

そして、いつまでが初夏なのか?

一応、梅雨の前までが初夏とされています。

梅雨が明けて本格的な夏にってことですね。

そう考えると平均的に梅雨は6月の中旬あたりに来ますから、初夏は5月中旬から梅雨前までってことですね。

これが季節感的にも丁度いいと思いますがどうでしょうか。

次初夏はどんな季節?

緑の植物の色が濃いものに変わって、花の色合いも春とは変わってきますね。

そして、多くの地域で25度以上の気温に変わり、それに伴い、半袖の服装に変わりますね。

一応ギリギリ過ごしやすい季節といえるでしょう。

まあ、温暖化の影響か、かなり季節感が変わってきてはいますが、初夏についてはこのような感じですね。

個人的には紫陽花を見ると初夏を感じます。

紫陽花というと梅雨といった感じもしますが、あちらこちらで色とりどりの紫陽花を見かけると初夏だね、また、紫陽花の咲く季節になったなと思います。

経済制裁とは何だ具体的にはどんなことをするのだろうか?

silhouettes-240123_150

経済制裁とは何だ。

ニュースなどでたまに聞く言葉ではあるが、何となくどんなことかイメージはできるが、具体的にはどんなことをして、どんな影響を与えるのだろうか?

気になってきたので調べてみることにしました。

■経済制裁とは

国が、ある国の行った違法、不法な行為に対して経済の力で制裁を行うこと。

まあ、ニュースで聞いて思った通りの内容ですね。

経済的に上の立場でなければ成立しないわけですから、経済の力が弱く、他国に依存度が高いと相当厳しそうですね。

■具体的にはどんなことをするのか

経済制裁する対象国の商業ルートを封鎖、場合によってはその国の貨物等を没収したり、自国にある対象国の資産を凍結させるなどです。

この辺もニュースでよく聞く通りの内容ですね。

ただ、その国がしたとされる違法、不当行為を認めていないのに一方的に経済制裁されたらたまらないですね。

自分の物なのに、勝手に相手国にとられる、抑えられてしまうわけですから。

一歩的な経済依存、経済力が弱いと難癖付けられる可能性があるわけですから、何だかいいことではないですね。

■経済制裁はどんな影響を与えるのか

国外から仕入れていた物資を入手することができなくなり、経済成長が抑えられ、国力が低下して国内に様々な問題を生じさせる。

経済制裁を受ける国の国民はたまりませんね。

相手国に対する国民感情が悪化するでしょうね、それとも自国の指導者にぶつけられるのですかね。

ただ、経済制裁の効力を上げるためには、事前の根回しが必要です。

当然物資が相手国から仕入れいられなければ他国から仕入れようとしますからね。

その辺をしっかり抑えないと効果は半減してしまいます。

それに、経済制裁を行う国と経済的結びつきが大きいと、自国も影響を受けてしまいます。

まあ、普通に考えれば効果的な経済制裁を行えるということは、それなりに経済が結びついているということでしょうから。

傾向として世界各国の経済的な結びつきが大きくなっているわけですから、自国への影響は避けられないでしょう。

大きな経済力を誇る国同士では微妙な行為かもしれませんね。

世界経済への影響があるでしょうから、そうなると各国の足並みもそろわなくなり効果も微妙、結局大国が小国にしてこそのものって気がします。

カラスといえば頭がいい比較的身近な鳥ということで調べてみた

bird-147271_150

カラスといえば頭がいい鳥として有名、そしていいイメージの人は少ないかもしれないが、スズメ、ハトと並び多くの人にとって身近な鳥。

そんなわけでカラスについて少し知っておいたほうがいいかなと思い調べてみることにしました。

人に凄くなれたカラスの動画↓

カラスといえば黒。

黒くなければカラスではない……白い幸福のカラスなんてのがいるなら、それは認めてもいいが、やっぱりカラスは黒。

ですが、白黒のコクマルガラスと褐色で白い斑があるホシガラスというのがいます。

画像はネットで探せば沢山でてきますので気になった方は調べてみるといいでしょう。

で、コクマルガラスやホシガラスの画像を見ても微妙……こんなのカラスじゃない、認めない。

やっぱりカラスはよくみる真っ黒なのでしょ。

で、日本で一般的に見かける黒いカラスはハシブトガラスハシボソガラスで、体調は50~60cm程度で、若干ハシブトガラスのほうが大きい。

デカイカラスってホント近くで見ると迫力があるんですよね、よくトンビを複数の大きなカラスがおちょくってるのを見かけます。

大きさはトンビとほぼ同じくらいなのですが、トンビは猛禽類、大きさが同じくらいといっても強さ、速さはトンビのほうが上だと思うのですが、それをおちょくってトンビが向かってくると逃げる、それを繰り返しているんですよね。

カラスがトンビを追い出そうとしているのか、おちょくっているのかはわかりませんが、見る限りおちょくっているように見えます。

カラスは頭がいいと言われていますが、勝算があると考えているのですかね。

カラスの天敵とされている生き物の中に猛禽類やキツネと書かれていますが、霊長類に近い知能があると言われるカラスだけに、その天敵であった生き物たちを克服してしまったのでしょうか。

次に、カラスといえば頭がいいというイメージを持つ人が多いと思います。

実際どうなのでしょうか?

もともと鳥類は頭がいいと言われている種が多くいますが、その中でもかなり知能が高いとされ、観察力や目の前にある問題を解決する能力が優れているとされています。

実際、世界各地で多くの知的な行動実績を誇ります。

くるみを車に踏ませて殻を割らせたり、水道の蛇口をひねって水を飲んだり、その能力の高さは凄まじいものがあります。

考えてみるとカラスは人間と同じような生活圏で暮らしているわけですから、他の生き物と脳への刺激も大きく違うでしょう。

そうなれば脳が発達してもおかしくないかもしれません。

みんな知らないだけで、どこかに天才カラスがいるかもしれませんし、カラスのことをよ~く観察、警戒しておいたほうがいいかもしれません……。

日和山が日本一低い山に?それが標高3mどういうことだろう

日和山ってのが日本一低い山になったらしい…そして、その標高が3m、これってどういうこと?日和山とか山の定義とかどうなっているのだろうと、いろいろ気になってきたので調べてみました。

まず、日和山の読み方は「ひよりやま」で、この名前の山は日本各地にあり、ほとんどの山が標高が低い。

で、今回日本一低い山と認定されたのは、仙台市にある日和山。

その標高はたったの3m。

勢いをつければ2歩で頂上に行けそうですね。

日和山の画像は検索すればいくらでもでてきますが、これが山なのか……って感じですね。

山の定義ってなんなのでしょうか?

とりあえず周囲より盛り上がった地形を山と言うらしいが、山の定義を調べても微妙な内容、高さは関係ないようですし、地域の慣習も関係がありそうな感じ、地域の人が昔から山だと認識していれば山、そうでなければ山ではない、そんな感じなんですよね。

あとは人工で作られた山はどうなるのか?

そもそも人工で作られた山はって言っている時点で山なわけですし、子供が砂場で作った山は何なのかと言えば「山でしょ」、まあ、人工の山は築山と言いますが、やっぱりこれも山なわけです。

ですが、人工で作った山を、本当の意味での山とは言わないでしょ。

人工で1mの山を作って日本一低い山なんてことにはならないはずです。

そうなると自然にできたもので、地域の人に山として認識されているものってことになると思います。

まあ、実際には山の定義はあいまいですが、この日本一低い山に認定される条件としては、国土地理院の地形図に山として載っていること、で、この日和山はもともと日本一低い山と認定されていました。

当時の標高が約6m、その後天保山(標高約4.5m)が地形図に掲載され、日本一は天保山になりました。

そして、東日本大震災により一部が消滅して残ったのが3mの日和山、こうして再び日本一低い山と認定されました……微妙ですね。

天保山って人工の築山です。

それでも地形図に山として載っていて、かっては日本一低い山として認定されていた。

何だかいろいろと微妙、山の定義も認定基準も微妙、その気になれば日本一低い山は作れるってことですよね。

ちょっと興味が薄れました。

花冷えとはどんな意味?そして使い方は?

cherry-blossom-6877_150

花冷えとはどんな意味なのでしょうか?

そして、どんな使い方をするのでしょうか?

まさか花を見ていたら体が冷えちゃった……なんてことはないと思いますが、とにかく気になってきたので調べてみることにしました。

花冷え(はなびえ)

花冷えとはどんな意味?

桜の咲く時期に一時的に気温が冷え込むこと。

桜が咲くということは春、桜を見ると春全開と言う感じですよね。

そんなわけで「今日は暖かいな」なんてことが多くなる季節なわけですが、冷たい空気をもった高気圧が南下してきて、「今日は冷えるな、冬に戻ったようだ……」なんてことがあります。

それが花冷え。

4月頃にニュースで聞いたことがありませんか?

「明日は暖かい陽気から一辺、冬の寒さが戻ってきます」なんて感じに言っているのを、あれが花冷えというわけですね。

やっぱり、お花見に来て、花を眺めていたら体が冷えちゃったってことではないんですね。

まあ、あながち間違ってもいない気はしますけどね。

花冷えの使い方

■花見に来た客

花見客1「うわ~寒いな~」

花見客2「そうですね、花冷えで客がまばらですからね」

花見客1「……帰るか?」

花見客2「帰りましょう」

■花見スポット近くの飲食店

店員1「今日はお客様が少ないね」

店員2「今日は花冷えで客足が遠のいてるらしいよ」

店員1「そうなんだ、せっかくの書き入れ時なのに……」

店員2「店長がバックヤードでガッカリしてたよ」

店員1「でしょうね」

花冷えの使い方はこんな感じです。

基本的に春先って寒暖の差が大きくて困りますよね。

三寒四温なんて言葉もありますからね。

3日寒い日が続いて、次に4日間暖かい日が続くという意味ですが、これも春先に見られる気象現象です。

今日は暖かいと思っても次の日は冬の寒さ……体調を崩しやすい時期ですし、服選びも迷います。

春になって暖かくなってきたので薄着ででたら寒い、もちろん逆のパターンもあって、暑くて上着も手に持って歩いている人も良く見かける時期ですね。

とにかく生活環境の変化が大きい時期でもありますし体調の管理はしっかり気をつけたいところですね。

労働市場ってどんな意味?気になったので調べてみました

carpenter-147117_150

労働市場ってどんな意味?

労働が商品ってこと?

何だか変な言葉だなと気になってきたので調べてみることにしました。

労働市場とは、労働力を商品として取引をする市場。

字を見たままの意味ですね。

もう少し詳しく説明すると、人の労働力を商品と考え、様々な職業や地域に配分しながら、労働市場においての需要と供給により、労働力の価格つまり労働賃金のことですね。

その労働力の価格が決まる市場のことを労働市場。

労働力が需要より多くなれば、失業者がでて、賃金が下がり、労働力の供給より需要が多くなれば賃金が上がるってことですね。

そして、労働力の価値にもいろいろあり、非常に高い技術が必要な労働力を求める需要が多くあり、その技術を持ち労働力の供給が少なければ、当然その労働力の価値は大きく上がる。

労働力といっても、その価値には差があり、希少で需要が多ければ価値が非常に高くなる。

逆に、その労働力が供給過多になっていれば価値は激減する。

こうやって労働市場について調べてみると、労働力を提供する側は、いかに需要があることにたして価値を提供できるかが大事、価値が低ければ賃金が下がるか、そもそも労働力を提供できないってことですね。

で、この労働市場を活性化させるにはどうしたらいいかと考えると、流動性を上げるってことですかね。

需要がある技術を持つ人は当然労働市場に求められているわけですから、もっと高い賃金を払ってくれるところへ移動、供給過多の労働力は価値が低いわけですから賃金を下げる、あるいは解雇する。

そして、もっと高い賃金を求める人は需要のある技術を習得する。

ですから、労働市場を活性化させたければ固定化させない仕組みでなければいけないわけですね。

そんなわけで労働市場を活性化させるために国は、法律、仕組みを変えてようとしてるわけですね。

でも、自分の生活を守りたいのが当たり前、それを守るために労働組合や各種法律があります。

それでも流れは労働市場の活性化に向かっていると言えるでしょう。

転職関連のサービスが盛り上がっているように感じますからね。

今後はもっと高い賃金がほしければ、需要のある価値を提供すればいい、そして、その価値が提供できるなら、その価値に見合う賃金を支払ってくれるところに移ればいいってことですね。

今後は労働市場の変化に対応できないと厳しくなりそうですね。

5月といえば…何だろう?気になってきたので調べてみました

027720

5月といえば……何だろうか?

いろいろ行事や記念日があるだろうけど、具体的にどんな月なのか、気になってきたので調べてみることにしました。

まず、日本では5月を皐月と呼び……学校の授業で習いましたが、実際に5月を皐月と呼んでいる人は見たことがありません。

で、皐月の由来は、5月は田植の月、さつきのさには、それだけで田植えの意味があり、田植の月から皐月って説があるらしい……微妙。

次に5月の季語を見てみると、5月がどんな月か見えてきますね。

初夏や花、植物関係の季語が多いのが特徴、このことから草花の季節、まさに春真っ盛りの月って感じですね。

続いて、みんな大好き5月の国民の祝日。

5月3日憲法記念日

5月4日みどりの日

5月5日子供の日

の3日間あります。

これと、4月29日の昭和の日があるからこそ、ゴールデンウィークが成立するわけですね。

そして、5月の行事。

4月から引き続き、ゴールデンウィーク。

5月の第二日曜日に母の日。

あとは、5月1日は世界的に祝日となるメーデー、労働祭ですね。

日本では祝日にはなってませんが、多くの国で祝日になりますが、日本ではゴールデンウィークなので祝日でなくてもあんまり関係はないですか、記念すべき日ではあります。

それと、5月15日は沖縄の日本復帰の日です。

こうやって大きな行事、記念日だけを見ても5月はいろいろあります。

前半に行事が集中していて忙しい月とも言えるかもしれませんが、まあ、ゴールデンウィークを休むことだけに使えばそうでもないですかね。

5月の誕生石。

エメラルドとヒスイ。

まあ、2つならいいですね、中には3つも4つもある月もありますし、1つで十分だと思いますけどね。

で、世間的にはエメラルド押しですね、エメラルドは世界的な宝石で、ヒスイは日本や中国以外ではマイナーな感じですからね。

あとは5月について何かありますかね?

5月に咲くということで皐月とか、バラやベゴニアなんかは5月あたりから咲き始めますね。

5月については大体こんな感じですかね。