財布の日か…そんな記念日があるんだね気になったので調べてみました

purse-220416_150

財布の日か……そんな記念日があるんですね、だけど財布の日なんてどんな日なんだろう?

少し気になってきたので調べてみることにしました。
まず、財布の日はいつなのか?

3月12日です。

なぜ、3月12日なのかですが、記念日でよくあるごろ合わせ、さ(3)い(1)ふ(2)で、3月12日。

ホント記念日を調べるとこういったごろ合わせの記念日が沢山出てきます。

まあ、覚えやすいのでいいとは思いますけどね。
で、財布の日は誰が作ったのか?

エリット株式会社です。

エリットってどんな会社なのかなって気になったので調べてみましたが、バッグ製造・卸会社のようですね。

ということは自社製品のアピールや財布市場の活性化が狙いなのですかね、ということで財布の日の制定理由は何なのか?

新年度を新しい財布で迎えようってことみたいですね。

財布のごろ合わせになる3月12日と、新年度である4月が近いということでちょうどいい記念日ではありますね。

新社会人へのプレゼントにも財布はいいかもしれませんしね。

そんなわけで、財布の日を制定したエリットでも買い替えをアピールしてますし、ホームページでは簡易的な財布選びのチャートがありますね。

こういったものを参考に買い替えを考えてみるのもいいかもしれません。
財布っていろいろ言われてますよね。

財布を折るのはよくない、横長財布がいいとか、3年ごとに買い替えたほうがいい、自分の望む年収の○分の1の値段の財布を持ったほうがいいとか言われたりします。

でもね……男の場合、横長財布って持ち運びに不便なんだよね、夏場の薄着の時は特に、そして、高い財布を買ったのに3年で買い替えるの……なんて思ってしまいます。

何にしてもファッション性と実用性ある財布ですし、お金を入れる大事なもの、そんなわけで財布の日に、財布のことを見直してみるのもいいのではないでしょうか?

買い替えを考えるのもいいし、中身の掃除、整理、整頓をしてもるのもいいかもしれません。

砂糖の日ですか気になったので調べてみることにしました

砂糖の日ですか、いいですね~マイナーな記念日という感じがして、さらにいつが砂糖の日かについても予想がつきますね。

少し砂糖の日について気になってきたので調べてみることにしました。
まず、砂糖の日はいつなのか?

まあ、予想はつきますが……3月10日ということです。

なぜ、3月10日なのか、それはごろ合わせ……このようなマイナーな記念日の王道の決め方ですね。

で、3月10日はごろ合わせしやすいようで、ごろ合わせの記念日が多くあります。

ミントの日・ミ(3)ント(10)
佐渡の日・佐(3)渡(10)
水戸の日・水(3)戸(10)
サボテンの日・サ(3)ボテン(10)

といったごろ合わせの記念日があります。

そして、3月10日と聞いて、日本最大勢力である佐藤さんが黙っているわけがありません。

ということで、佐藤の日ももちろん3月10日です。

ですが、日本最大勢力である佐藤さんですから、記念日もかなりメジャーになっていてもおかしくはないと思いますが、かなりマイナーな記念日になっているようですね。

情報がかなり少ないです。

で、話を戻して砂糖の日ですが、どのような意味の記念日なのか?

砂糖の優れた栄養価を見直そうってことで制定されました。

砂糖って多くの方が毎日、意識していようがしてまいが食べているものですからね。

そして飽食の時代ですから、取りすぎると太る、健康によくないってイメージもありますが、砂糖自体は、少量でもエネルギー効率のいい優れたエネルギー供給源ですからね、それに値段も安いですし、砂糖の取り過ぎが問題になってはいますが、別に砂糖が悪いわけではないですからね。

そんなわけで、3月10日は砂糖の素晴らしさを見直しましょうってことですね。

ということは、記念日の趣旨を考えると、砂糖を使った料理をしたりお菓子を作ったりして楽しむでは記念日の趣旨とずれてきますよね。

それでは、どんなイベントがこの記念日の趣旨に合うのかを考えてみると、少量の砂糖をもって遠足ですかね。

長距離歩いて、エネルギー切れになったときに少量の砂糖を舐める、そうすれば砂糖のパワーを実感することができる。

いいですね、これなら砂糖の日という記念日の趣旨に合っているのではないでしょうか。

まあ、やりたいかといえばやりたくないですけどね。

砂糖を使ったお菓子を食べて「砂糖って素晴らしい」って思ったほうがいいです。

ありがとうの日か…どんな日なんだろう?調べてみました

french-18726_150

ありがとうの日か……何だかいい感じの記念日なんでしょうね。

少し気になります。

ということで、ありがとうの日はいつで、どんな日なのか調べてみることにしました。
まず、ありがとうの日はいつか?

3月9日です。

では、なぜ3月9日がありがとうの日なのか?

これは数ある記念日でよくあるごろ合わせ、ありがとうを英語で「thank you」、サンキュー、サンを3、キューを9で、3月9日がありがとうの日ということです。

ホントこの手のマイナー記念日ってごろ合わせが多いです。

しかし、日本の記念日なのにありがとうをサンキューに変換してしまうんですね……。

さらに、ありがとうの日を制定したのは「HAPPY & THANKS」で英語名の団体、それならサンキューの日でもよかったような……。

まあ、ありがとうのほうが身近な言葉だと思いますし、日本人にとっては「サンキュー」より、「ありがとう」のほうが感謝の気持ちが伝わりやすいかなって思います。

やっぱり、ありがとうは素晴らしい言葉、それを3月9日のありがとうの日に見つめ直すのもいいかもしれませんね。

で、ありがとうの日はどんな日で、どうしてできたのか?

日本中の人が、ありがとうと感謝の気持ちを届けあえる社会にしたいってことでできた日のようです。

確かに、感謝していても相手に伝えていないことってあるでしょうから、ですから記念日にして3月9日はありがとうを届けるありがとうの日ってことです。

ん~素晴らしい、感動した。

で、ありがとうの日を制定した団体、「HAPPY & THANKS」ですが、このありがとうの日を国民の祝日にすることが目標のようです。

まあ、素晴らしい記念日だとは思いますが、国民の祝日がごろ合わせってのはちょっと……。

それでも、いろんな企業、団体がこの記念日に乗っかって大きなイベントになる可能性はあると思いますし、頑張ってもらいたいですね。

あとは、一応他にもありがとう関連の記念日があって、7月15日は「世界ありがとうの日」ってのがあります。

こちらは、Q&Aサイト「OKWave」が作り、日本記念日協会に認定された記念日ですね。

記念日の意味的にはありがとうの日と同じような感じですね。

個人的にはありがとうの日のほうがわかりやすいし、目標が国民の祝日と大きいのでこっちのほうに頑張ってほしいなと思っています。

頑張れHAPPY & THANKS。