昭和の日はいつから?そしてその意味は?調べてみました

昭和の日と言えば国民の祝日の日の一つですが、いつから国民の祝日となって、どんな意味があるのでしょうか?

日本人にとって知っておきたい大事なことなのではと思い、調べてみることにしました。

まず、昭和の日は4月29日。

この日は、もともとは昭和天皇の誕生日ということで、国民の祝日の一つ、天皇誕生日であったが、1989年に昭和天皇が崩御されたということで、天皇誕生日という国民の祝日は、現在の天皇陛下の誕生日である12月23日になり、昭和天皇の誕生日である4月29日は、自然を愛した昭和天皇にちなんで国民の祝日の一つであるみどりの日になりました。

ただ、本当はみどりの日ではなく、もっと昭和にちなんだ祝日にしたかったようですが、回りからの反対もあり、みどりの日となりました。

ですが、やっぱり昭和にちなんだもののほうがいいという声が多く、国民の要望もあり、その要望に議員も呼応し、2007年にみどりの日から昭和の日となりました。

ただ、すんなりとは決まったわけではありません。

何しろ昭和の日とする法律案提出は2000年ですからね。

それから、7年かかっているわけですから、それはいろいろあったわけです。

で、昭和の日の意味ですが、激動の昭和を思い出す日ってことですね。

復興を遂げ、経済発展した昭和を顧みて、国の将来を考えるということですね。

ただね、世間では昭和の日はゴールデンウィークの中の一日なので、それどころではないという感じですし、4月29日を国民の祝日として残したのも、ゴールデンウィークを構成する祝日の一つがなくなると国民生活に影響がでるからということで残したという話もありますからね。

国民の祝日は、日本国民にとって、何かを祝う、記念する日ではありますが、貴重な休日であり、経済に影響を与えるもの、あんまり祝日の意味について考えませんよね。

でも、日本人として各国民の祝日の意味ぐらいは知っておいたほうがいいでしょう。

あと、みどりの日はなくならずに、5月4日に移動して、国民の祝日の一つとして残りました。

山の日は祝日に?それはなぜ・理由は・本当になるの?

icy-channel-961_150

山の日が祝日に?

なぜ、山の日、何か理由はあるのだろうか、では、いつから祝日になるのか?

国民の祝日が増えたらうれしい、もの凄く気になってきたので調べてみることにしました。

何だか山の日という祝日ができるかもしれない……なんて話がありますが現実的な話、どうなんでしょう。

まず、山の日を作ろうなんて考えたのは、議員連盟の一つ、山の日制定議員連盟、この議員連盟の目的、存在理由はその名の通り、山の日を作ること、そんなわけで国民の祝日に山の日を……と努力してきました。

ここで、どうして山の日を作ろうと考えたのか?

登山愛好家たちが、多くの人に山を楽しんでもらいたいという気持ちを込めて山の日を作ってくれと活動していたことがきっかけということです。

えっ、それで祝日って?

このての記念日を作ろう~ってことでできたマイナーな記念日は、ほぼ毎日ありますし、それを祝日へって活動もありますが、それが実現になりそうって、その登山愛好家の人たちって、そんなに影響力がある人たちなんですかね?

まあ、海の日があるなら山の日もってのもわかるのですが……。

で、山の日をいつにするかってことで山の日制定議員連盟は総会を開き、経済活動への影響が少ない、お盆付近がいいねってことで、8月12日ってことになったが、8月12日と言えば、あの事故の日……それではということで、8月11日を山の日にしようと決まりました。

で、山の日は祝日になるのか?

このまま順調にいけば、2016年に祝日となりそうです。

ただ、経済活動的に反対の意見も多くあります。

当然休みが増えれば仕事の時間が減る、だけど、休みが増えれば商業的にプラスの面もある。

あとは、日本の国民の祝日は、現時点で15日あります。

これは、世界の先進国の中でも一番多いです。

それでは休み過ぎとも言えますが、日本は有給休暇がとりにくいわけですから、国民の祝日が多くてもいいのではなんて思います。

ただ、全体で休む国民の祝日と、個人が休む有給休暇とでは全然状況が違いますから簡単にはいかないでしょうが、使えない有給より、確実な国民の祝日が増えてもいいかなって思ったりします。

まあ、国民の祝日は、何かに感謝したり、祝う日ですから、ただの休みとは違いますが、現実的にはうれしい休みの日ですからね。

ただね……お盆休みってある程度の期間会社は休みになるので、あんまり影響はないかもしれませんね。

どうせなら他の月がいいですが、作ろうとした理由が、休みを増やしたいではなく、山の日を国民の祝日にしたいってことですからね。

いつであろうと、国民の祝日にさえなれば目的達成ですからね。

そして、経済活動に影響がないようにお盆付近に作ったわけですから、多くの人にあまり影響がないかもしれないのも、作る側の予定通りってことですね。

IMFとは何だ?ニューズなどでよく聞くけど具体的には何なの?

IMFとは何だ?

ニュースなどでよく聞く言葉ではあるけど、具体的にはどんな機関で何をやっているのだろう?

ニュースの報道などを聴いていると、何となく世界のお金に関する団体のように感じるけど、実際はどうなのか、気になってきたので調べてみることにしました。

まず、IMFは略称で、正式には、International Monetary Fund、直訳するとお金を世界的に投資する機関ですかね。

で、日本名は国際通貨基金、あぁ、学生時代に習いましたね。

では、IMFは、具体的にはどういった機関なのか?

通貨と為替相場の安定を目的とした国連の機関、本部はアメリカのワシントンD.C.。

で、その通貨や為替相場を安定させるために何をやっているのか?

加盟国の経常収支が悪化した場合に融資をしたり、為替相場を安定させるために、各国の為替政策を監視しているということです。

要するに世界の国の銀行ですね、日本国内でいえば日本銀行のような役割、それで客は国ってことですかね。

ってことは、IMFで働く人たちは相当なお金のスペシャリストってことですね。

こうすれば、こうなるってことがわかる人たちでなければ勤まらないでしょうから。

で、融資、為替相場の監視などを通じて、加盟国の人たちの所得の増大、高水準な雇用、国際的な貿易を促進させるのも目的の一つのようです。

凄いですねIMFって、世界のお金の流れを正常化させ、為替も安定させ、加盟国の人々の経済まで気を使う機関ってことですね。

ということで、各国の為替介入などを監視していて、加盟国の経済政策にも助言して、加盟国は協力する義務があるということです。

ということは、IMFの助言は適切でなければいけないってことですね。

実際IMFに従えばうまいくということでしょうか?

相当高い能力がなければいけない機関ですよね。

で、近年のIMFの実績。

1995年、メキシコ

2009年、ギリシャ

これらの危機を、資金を出資することで回避したということです。

ただ、当然資金援助ではその場しのぎということで、もっと根本的に改善できる、さらなる役割が求められています。

そですよね、その国に本当の実力があれば資金を出資することで立て直せるかもしれませんが、そうでなければ、その場しのぎ、しっかり各国に実力を持たせなければ本当の意味で解決したとは言えないでしょう。

ただ、IMFにそれだけの実力がなければいけないわけですが、実際どうなんでしょうね。

5月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

5月の誕生石は何だろう?

そして、その意味は?

など、5月の誕生石についていろいろ気になってきたので調べてみることにしました。

5月の誕生石は2つあります。

エメラルド
ヒスイ

どちらも比較的メジャーな宝石ですね。

誕生石って、月によって数が違うんですよね、多い月は4つ、少ない月は1つ、誕生石は一つで十分だと思いますが……。

まあ、誕生石を決めているのは宝石関連の団体ですからね、そんなわけで、世界各国ほぼ似たような感じですが、若干の違いがあるのが誕生石。

4月なんて誕生石がダイヤと水晶、なんかずるくないですか、宝石で一番有名なダイヤと、パワーストーンで一番有名な水晶が誕生石なんて、4月びいきなんですかね。

では、5月の誕生石、エメラルドとヒスイの意味。

■エメラルド

幸運・幸福・精神の安定・希望・愛・健康など

■ヒスイ

幸運・幸福・長寿・健康など

探せば、もっといろいろな意味がでてきますが、とりあえずおもな意味はこんなところです。
で、いろいろ5月の誕生石について調べてみましたが、当然宝石店でも、各月の誕生石の特集的なことをホームページで載せていますが、宝石店的にはエメラルド押しですね。

ヒスイも有名ではありますが、宝石として考えるとエメラルドって感じですね、4大宝石の一つでもありますから。

それに、エメラルドといえば、クレオパトラ、クレオパトラの愛した宝石としても有名、他にも、癒しのエメラルドグリーンってことで鑑賞に向きますし、大昔から愛されている宝石ということで神秘的な話も数多くありますね。

もちろん、ヒスイにもいろいろ神秘的な話はありますが、日本や中国で愛されている宝石ということで、世界的に見ればエメラルドに押されてしまいますね。

調べても誕生石関連でヒスイの情報はエメラルドに比べてかなり少ないですからね。

その点、エメラルドのほうは沢山情報が出てきます。

そういった情報を調べているとエメラルドがほしくなるくらい魅力的、さすが世界4大宝石の一つって感じです。

オーケストラの日とはどんな日

music-33905_150

オーケストラの日か……どんな日なのだろうか?

オーケストラにまつわる何かがあったのだろうか?

少し気になってきたので調べてみることにしました。

まず、オーケストラの日とははいつなのか?

3月31日です。

なぜ、3月31日なのか?オーケストラにまつわる何かがあった日なのでしょうか?

耳に一番・耳にいい日、み(3)み(み)に一(1)番・み(3)み(3)にいい(1)日ってことですね。

オーケストラの日も、記念日でよくあるごろ合わせで日にちが決まったんですね。

で、作ったのは誰か?

2007年に日本オーケストラ連盟が制定しました。

では、オーケストラの日の制定理由は?

多くの方にオーケストラを身近に感じてもらおうってことのようですね。

そんなわけで、3月31日には、全国各地でイベント・コンサートが開催されています。

オーケストラの日を3月31日に決めた理由にはごろ合わせのほかに春休み中でイベントに参加しやすいだろうってこともあるようです。

ここで、オーケストラとは?

複数の管楽器と弦楽器と打楽器で編成され演奏するための団体。

演奏内容は、クラシックを演奏する団体に限らず、ラテンやジャズを演奏する団体も含まれる。

なるほど、そうなると「オーケストラを聴きに行ってくる」というのはへんな言葉になるのかな?

そのまま考えると、演奏する団体を聴きに行くってことだからね、そうなると正確には「オーケストラの演奏を聴きに行ってくる」ということになるのか、まあ、そんなこといちいち突っ込んでくる人はいないだろうけど……。

クラシックの演奏って、興味はなくても、聴くといいものだし、こういった機会にイベント・コンサートに行って、オーケストラの演奏を堪能してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、一応全国広い範囲でイベント・コンサートは行われていますが、どこでもってほど沢山の会場でやっているわけでもないですし、日程も3月31日とは限らないので興味がある人は近くでやっていないか、日にちはいつかなど調べたほうがいいでしょう。

さくらの日か…どんな日なんだろう気になってきたので調べてみました

rabbits-154485_150

さくらの日か……。

どんな日なんだろう、桜の開花時期や桜にまつわる何かがあった日なんだろうか?

少し気になってきたので調べてみることにしました。

まず、さくらの日はいつなのか?

3月27日です。

なぜ、3月27日なのでしょうね、このての記念日はごろ合わせで決まることが多いのですが、パッと見た感じごろ合わせという感じではなさそうですが……。

と思ったのですが、やっぱりごろ合わせで、3×9(さくら)=27で、3月27日はさくらの日となりました。

かなり無理がありますね。

3×9でさくらですか、びみょ~、そして、3×9で27日はいいのですが、3は残って9がが入ってないですからね。

七十二候の桜が咲き始める時期とされる桜始開が3月25日から29日ですから、そこに当てはめることができるごろ合わせはないかと考え、3×9=27で3月27日となったようです。

まあ、かなり無理やりな気もしますが仕方がないですね、ただ、ここまで無理やりなごろ合わせの記念日はあんまりないですよね。

では、さくらの日とは、どういった記念日なのか?

日本の歴史、文化、風土に深くかかわってきた桜を通じて、日本の自然や文化への関心を深めよう~ってことで、日本さくらの会が1992年に制定しました。

確かに桜って日本の象徴的な感じがしますかね、ただ、桜にまつわる何かを記念するのではなく、桜を通じて日本の自然や文化への関心を深めるってことですから、主役は桜ではなく日本の自然と文化ってことですね。

ん~、やっぱりさくらの日ですし、時期も桜の開花時期に合わせているわけですから桜を前面に押し出した記念日のほうがいいかなって気がします。

何かイベントを開くにしても桜がメインになるでしょうから、シンプルに桜を楽しみたい気はしますが、それなら花見でいいわけですから、違いを作るためにも桜を通じて日本の自然や文化への関心を深めるのほうがいいのかもしれませんね。

春分の日といえば国民の祝日ですがいろいろ意味があるみたい

春分の日といえば国民の祝日でもあり、昼と夜の長さが等しくなる日なんて言われていますが、いろいろと興味がわいてきたので春分について調べてみることにしました。

まず、春分の日と言えば、日本に15日ある国民の祝日の一つ。

祝日の意味としては、自然をたたえ、生物をいつくしむ日……春分の日の意味ってあんまり知られてないですよね。

では、春分の日はいつなのか?

といえば、祝日法上は春分日……意味がわからないですよね、日付で言えば、3月20日か3月21日です。

で、3月20日か3月21日ってどういうことなんだ?

ってところですが、一応閣議決定で決まります。

まあ、閣議決定で決まると言っても、実質天文計算で求められた日が春分の日になっています。

それに、3月20日か3月21日が春分の日になっているわけですが、正確には頃で、日にちが前後する可能性が今後あります。

この辺のことを詳しく知りたい方は調べてみるといいと思います。

で、春分の日と言えば、国民の祝日以外に有名なことは、昼と夜の長さが等しくなる日と言われています。

二十四節気の一つ春分にあたる日ですね。

小寒-大寒-立春-雨水-啓蟄-春分-清明-穀雨-立夏-小満-芒種-夏至-小暑-大暑-立秋-処暑-白露-秋分-寒露-霜降-立冬-小雪-大雪-冬至

この二十四節気の春分は、太陽が春分点を通過した瞬間なのですが、この時太陽と地球の関係上、昼と夜が等しくなるわけです。

そんなわけで、春分の日は昼と夜が等しくなる日と言われているわけです。

まあ、実際には平均的に昼のほうが長いということです。

なぜか?

理屈上は等しいはずなのですが、大気の屈折や常に太陽も動いていいるわけで、様々な条件が重なって若干ずれるようで昼のほうが長いってことになるようです。

春分の日って多くの人にとって祝日の一つでしかないと思いますが、いろいろ難しいことが起きている日なんですね。

それに、実質的には今後の春分の日は天文計算でわかるわけですが、閣議で決まらなければ決定ではないので、正確には2年後以降の春分の日は決まっていないということです。

こうやって調べてみると、15日ある国民の祝日の中でも、春分の日と秋分の日は特別な日とも言えるかもしれません。

春本番とはどんな意味?気になったので調べてみました

bee-104628_150

春本番……時期になるとニュースなどでよく聞く言葉ではありますが、具体的にはどんな意味なのでしょうか?

字を見れば、春が始まったとか、より強い意味で考えれば春最盛期ってところかなって思いますが、何にしても気になってきたので調べてみることにしました。
春本番とはどんな意味か調べてみましたが、明確な意味はないようですね。

一般的には、春らしくなってきたってことのようです。

確かに季節の境目って明確なものではないですからね、それに春らしくですから、暦のようにハッキリしたものではなく、その年によって春らしくなってきたなと感じる頃は違いますからね。

そういったわけで、春本番は春らしい気温、春らしい花が咲いたときと考えるとよさそうです。

で、ニュースなどを見ていると、春本番という言葉を使うのは気温が目安になっているように感じます。

「春本番の暖かさになり……」といった感じで話していることが多いのですからね。

ただ、気温を基準にするのも微妙な気はします。

日本の春先の気温って寒暖の差が大きくなる傾向が大きくなる傾向があり、この気象現象を三寒四温と言ったりします。

ですから、「今日は暖かいな~、春らしくなってきたかな~」なんて言っても数日後には冬のような寒さになってもおかしくない、実際ニュースなどを見ていても、「今日は春らしい暖かい日となりましたが、この暖かさは今日まで、明日から、また、冬の寒さが戻ってきます。」なんて言っているのを聞いたことがあるでしょう。

そんなわけで気温だけで判断するのは微妙な気もします。

春の本番が始まって冬に戻るのはへんかな、そう考えると花で判断したほうがいいかもしれないなんて思います。

一度咲いて、「うわっ寒い、つぼみに戻ろ」なんて花はそうはないと思いますので、判断基準として良いと思うんですよね。

まあ、明確なものではないですし、春らしい陽気になってきたと思えば春本番でいいのかもしれませんが、ちょっとひねくれて考えてみました。

数学の日か、どんな日なんだろう?気になったので調べてみました

calculator-97842_150

数学の日か……。

そんな日があるんですね、どんな日なんだろう?

と、数学の日のことが気になってきたので調べてみることにしました。
まず、数学の日はいつなのか?

3月14日、超メジャーイベントであるホワイトデーとかぶってしまいますね、これでは目立てないですね。

で、誰が、何のために数学の日を作ったのか?

日本数学検定協会が数学の発展を願い、数学の日を作ろうと考え、日本全国の算数・数学を愛する人たちに数学の日はいつがいい?

とアンケートを実地、その結果は……3月14日ということから予想はつくとは思いますが、円周率の3.14から3月14日がいいという意見が全体の42.9%。

と、いうことで3月14日は数学の日となりました。

次点は、かけ算の九九から9月9日。
円周率と言えば数学、数学と言えば円周率ってイメージがあるってことですかね。

何となく円周率って記憶力勝負に使われるものって感じもしますが、アンケート結果を見ても、円周率からの3月14日が他に大差をつけての1位ですから。

で、数学の日→円周率→3.14→3月14日となって数学の日ができたわけですから、当然逆のパターンからできた記念日があってもおかしくないわけですよね?

3月14日→3.14→円周率→円周率の日と、ほぼ同じ意味としてパイ(π)の日も3月14日です。

数学の日より、円周率の日のほうが自然な流れではあるかなと思います。

円周率の日なら直接的ですけど、数学の日だと間接的ですからね。

あとは、アメリカでも3月14日を全米円周率の日としているそうで、米下院で決議案として提出され承認された記念日ということです。

アメリカでは円周率に対する意識が日本とは違うんですかね。
数学の日のことをいろいろ調べてみたのですが、やっぱり数学というより円周率のほうがメインになっている記念日に感じます。

数学といっても範囲が広いですからね。

それよりも円周率なら、ギネス記録もありますし、何ケタ覚えられるかという競技にもできますからね。

そんなわけで3月14日は、数学の日というより、円周率の日って感じがします。

まあ、そうはいっても世間はホワイトデーですけどね。

三寒四温とはどんな意味?時期はいつ頃?調べてみました

三寒四温とはどんな意味?

そして、時期はいつ頃?

と気になったので調べてみることにしました。
まず、三寒四温の読み方ですが、「さんかんしおん」です。

初めこの言葉と字を知って健康法の一種かなって思ってしまいました。

ありそうじゃないですか?

三回冷やして、四回温めるとか、まあ、三寒四温はそういった意味ではなく、冬に寒い日が三日続くと、その後四日間暖かい日が続くという7日周期の気象現象のことです。

一応回数は少ないですが、日本でも観測される気象現象ではあります。

この気象現象は、シベリア高気圧の影響を受ける朝鮮半島や中国北東部でよく観測される気象現象ということで、日本もシベリア高気圧の影響を受けるので観測されることはありますが、太平洋高気圧も受けるので、朝鮮半島や中国北東部のようにハッキリと三寒四温が観測されることは少ないです。

そういったわけで、日本の場合三寒四温は、冬の気象現象というより、冬の終わり頃から春先の寒暖の差が大きくなる現象のことを言っていると考えられます。

日本の場合、寒暖の差が大きくなるのは冬の終わり頃から春先ですからね、そういったわけで三寒四温を気候がだんだん暖かくなるという意味でも使われたりもします。

そんなわけで「寒暖の差が大きくなってきて、春に向かっているな~」を三寒四温を使ってみると「三寒四温、春に向かっているな~」って感じだろうか……ダメだね、センスないな。

ということで、三寒四温は日本では本来の意味とは変わって捉えられていると考えていいでしょう。

そんなわけで、現在の日本での三寒四温の意味は、寒暖の差が激しくなる春先の気象現象ということですね。

ただ、やっぱり字を考えれば、従来の3日寒い日が続き、4日暖かい日が続く気象現象というのが適切ではあると思います。

その時代で気象現象も変わるわけですが、漢字の意味は大事だと思うので日本では三寒四温という言葉は馴染まないのかなって思います。