黒歴史とは何でしょう?どんな意味でしょうか?調べてみました

黒歴史とは?

どんな意味があるのでしょうか?

たまに聞く、特にネットで見かける言葉ではありますが、何となく字を見て黒い歴史ですから、隠したい歴史ってことなのかなって気はしますが、少し気になってきたので調べてみることにしました。

まず、黒歴史の意味は、無かったことにしたいこと、忘れたい過去の思い出等のことを言うということです。

まあ、そのまんまですね。

誰にも言えない過去を黒で塗りつぶしたってことですかね。

ただ、○○の黒歴史ってでてきてしまっては、黒い部分があばかれたってことですからね。

よく見かける芸能人○○の黒歴史なんて見出しがありますが、もうでてきてしまっているわけだから黒で塗りつぶした歴史ではなく、隠せていない黒で塗りつぶしたい歴史と考えるとより正確な意味かもしれませんね。

で、この言葉の出所はどこなのか?

昔からあったような、最近聞くようになったような、いまいち微妙な気がしますが、∀ガンダムのアニメの中ででてきた言葉で、「封印された宇宙戦争の歴史」のことを黒歴史って言っているようです。

結構新しくできた言葉なんですね。

似たような言葉は数ありますが、黒歴史ですか、使いやすそうな言葉ですね。

多くの人にとって隠したい過去ってあるでしょうからね。

思い出すだけではすかし~ってことが、何であんなことしてしまったのか、穴があったら入りたい、そんなことってありますよね。

でも、さすがガンダム、影響力ありますね。

一般的に普及した言葉かは微妙ですが、ネットではかなり普及、浸透してますよね。

ただ、アニメ的には触れてはいけない過去ですからね、知っていても知らないふりをしなければいけないものだと思います。

そうなると、その黒歴史の持ち主は、知っている人に言ってはいけいないといった圧力を与えられる人ってことになるのですかね。

どうなんでしょうか?

黒歴史って自己完結する言葉ではない気がするのですが、そうなると隠したい過去より、触れてはいけない過去のほうが意味としてしっくりくるような気がするのですがどうですかね。

3月と言えばどんな月?気になったので調べてみました

snowdrop-95886_150

3月と言えばどんな月だろう?

12月と同じように締めくくりの月って感じがするけど、少し気になってきたので調べてみることにしました。

3月のことを日本では弥生って言いますね。

学校で習いはしますが、日常では使わないですよね。

日本ではいろいろと締めくくりの月で、年度替わりの月です。

会計年度、学年、卒業、人事異動、一年を締めくくり、新たな年度、新生活へって月ですよね。

進学、就職って人は月末に向けてプレッシャーがかかる時期。

次に3月の国民の祝日は、春分の日。

31日もある月ですから、もう一日くらい祝日がほしい気が・・・。

どうせ有給はとりにくいのだから祝日で補てんを・・・。

それでは意味合いが変わってしまいますね。

それでは3月にはどういった行事があるのか?

メジャーイベント「雛まつり」「ホワイトデー」

あとは、耳の日なんかがありますね。

そして、人によっては卒業という大きなイベントがありますね。

こんなところですね。

いろいろと変化への準備の月ですから、あんまり大きな行事はないですね。

そして、スポーツは一足先にスタート、プロ野球、Jリーグが開幕するのは3月。

あとは大相撲3月場所。

3月の誕生石。

アクアマリン・ブラッドストーン・コーラル(珊瑚)。

なんで3つも誕生石があるのですかね?

誕生石を決めているのは宝石関係の組合なわけですが、誕生石は一つがわかりやすくていいと思うのですが、全体的にはアクアマリン押しなんですかね?

宝石店のホームページで、誕生石関連のページを見ると、アクアマリン押しに感じますがどうなんですかね。

他に3月って何かありますかね。

季節的に春を感じる時期ですかね、3月の季語を見ても春という感じが目立ちますからね。

まあ、2月の季語にも多いですが・・・。

こうして3月を調べてみると、季節の変わり目、年度の変わり目区切りの月というところですかね。

初春とは?時期はいつ?何か意味はあるの?調べてみました

 

seasons-158601_150

初春とは?

時期はいつ?

何か意味はあるの?

と、初春について気になってきたので調べてみることにしました。

まず、初春の読み方、「しょしゅん」「はつはる」

で、時期はいつ頃か?

まあ、字のまま春の初めってことです。

春の初めっていつだ!

ってところですが、なんだか複雑で、初春って旧暦の1月ってことになっているのですが、旧暦の1月って新暦の1月の下旬から3月の上旬ってことですから、初春は1月の終わり頃から3月の初め頃と思えばいいと思います。

まあ、寒さ全開の1月、2月を初春?とは思いますが……。

あと、初春は新春と同じ意味ととらえられているようなので、そう考えると正月が初春ってことになるわけですがどうなんでしょう。

そうなると、1月の下旬からではなく、1月の頭から3月の上旬が初春とも考えられます。

ちょっとはっきりしませんね。

まあ、季節のことですから、ピッタリ月、日にちで変わるものではないでしょうが……。

ちょっと納得できないので、二十四節気から初春を見てみます。

二十四節気では、初春は立春から啓蟄の前日までってことなので、立春が2月4日あたりで、啓蟄が3月6日あたり。

二十四節気で見てみると、2月の上旬から3月の上旬、時期的に初春としていい感じではないでしょうか?

旧暦から見る初春が1月の下旬から3月の上旬ですから、二十四節気から見る初春とズレが少ないですから、これで考えるのがいい気がします。

まあ、歌舞伎で初春狂言ってを正月にやるようなので、それから考えれば初春と新春を同じと見た場合の初春が正しいともとれますが、やっぱり旧暦と二十四節気から見た初春のほうがいいのではなんて思います。

まあ、はっきりとしたものではないですし、当ブログとしては、初春は、1月下旬か2月上旬あたりから、3月上旬までってことでどうでしょうか?

なかなかいい感じだと思いますが、どうですかね。

鏡開きとは?気になったのでいろいろ調べてみました

024939

鏡開きとは?

まあ、なんとなく正月に供えた鏡餅を下げて食べる日と思っていますし、間違ってはいないでしょうが、もっと詳しく知りたいなと思い調べてみることにしました。

■鏡開きの意味

正月に供えた鏡餅を、神仏に感謝しつつ供えられたものを頂いて無病息災を祈って食べるということです。

まあ、大半の人が思っている意味そのままですね。

神仏に供えた鏡餅には、神仏の力が宿り、それを頂き食すことで、無病息災ってことですね。

で、鏡開きの由来。

もともと武家で、鎧などに供えた餅を下げて食べたり、女性が鏡台に供えた餅を開くことを祝うなどの習慣が一般的な鏡開きになったということなので、切腹を連想させる割るって言葉はなじまないようで、鏡開きって言ったほうがいいようです。

同じ意味で刃物で切るのではなく、手や木槌で割り、切る、割るを避けて開くという言い方をするようです。

ですが、鏡開きを鏡割りって言う方もいますよね?

割るではなく、割りだから問題ないのでしょうか?

まあ、叩いて割るにしても、割るって表現自体を避けたほうが良いのでしょうかね。

見た目は、どう見ても叩き割って、さらに砕いていますが・・・。

何にしても、鏡開きと言っておけば間違いないでしょう。

で、鏡開きはいつやるのか?

1月11日ってことですね。

京都府や一部の地域では1月4日、他にも1月15日から20日の間に行うというところもあるようですね。

ですが多くの地域では1月11日。

鏡開きについては、様々な意味、由来がありますが、大半は、多くの人が知っている通り、1月11日に鏡餅を開いて(叩き割って)、無病息災を祈って雑煮、お汁粉などにして食べるってことなにで、このように思っておけばいいのではないでしょうか?

大事なことは割ると言わずに開く、刃物を使わずに叩いて割るってことですかね。

瞳の日何それ1月3日がそうらしい

eyes-155625_150

瞳の日?

何それ、いつがそうなの?

1月3日。

なにも正月を瞳の日にしなくても……。

ほんの少しだけ気になってきたので、瞳の日について調べてみました。

ます、なぜ、1月3日なのか?

ただのごろ合わせですね、1(ひと)月、3(み)日ってことですね。

正月にこんな日を設定しても、あんまり普及しないのではって気がしますが……。

で、誰が瞳の日を作ったのか?

眼鏡・コンタクトレンズの協会ということです。

やっぱり、いくらごろがいいからといっても、1月3日は避けたほうがいい気はすますが……。

次に、瞳の日にどういった意味があるのか?

瞳をいつまでも美しく保とうってことみたいです。

やっぱり1月3日には向いてない気がしますが……。

1月3日に瞳のことを見つめ直し、ケアして美しくって、微妙な気がしますが、正月も終わりか~なんて時に、瞳を美しく、ん~微妙すぎる。

で、瞳の日にはどういったことをしたらいいのですかね?

調べてみても、特にコレをするってのはないようですね。

ブルーベリーを食べたり、目薬をさせばいいのだろうか?

それとも、眼鏡・コンタクトレンズの協会が制定したってことなので、眼鏡屋にでもいけばいいのだろうか?

眼鏡やコンタクトレンズの安売りでもするのですかね?

まあ、目の日ではなく、瞳の日ですからね。

それも、美しくがテーマですからね。

瞳を美しく……カラーコンタクトですかね。

眼鏡・コンタクトレンズの協会が制定したのだから、カラーコンタクトもありでは、もっと根本的に考えれば、よく寝て、ブルーベリーでも食べる、でも正月にブルーベリーってのもね。

まあ、深く考えるようなことではないですが、認知度はどのくらいあるのですかね?

わたしは知らなかったですけど、テレビでも、1月3日に瞳の日を全面的に押し出したりはしないでしょうからね。

まあ、誰にでもできそうなことを考えると、ブルーベリーを食べるくらいですかね、ブルーベリー餅、ブルーベリー雑煮なんてどうでしょう。

ダメですかね。

仕事納めいつ?何日?意味は?って気になったので調べてみました

仕事納め……素晴らしい言葉ですね。

今年の仕事も終わった!

「良いお年を」って感じですが、仕事納めはいつ、何日?

何か深い意味でもあるのかと気になったので調べてみることにしました。

仕事納め、本来の意味的には、年末の最後の仕事の日のことですが、日本の官公庁は、法律で12月29日から1月3日までを休日とすることを定めており、12月28日をその年の仕事納めってことで、御用納めになります。

で、一般的な企業もこれにならい12月28日を仕事納めとするところが多い。

12月28日が土曜日や日曜日の場合は、その前の日を仕事納めの日とすることが多い。

後は、仕事によって違うみたいですね、ギリギリまでやってくれなくては多くの人が困るような仕事の場合は12月30日までやるところもあるってことですね。

例えば銀行とかですね。

ただ、一般的には12月28日が仕事納めってことです。

仕事納めについて、何か深い意味でもあるのかなって思って調べてみましたが、特にコレといったことはないようですね。

ただ、官公庁に関しては、法律で定められている休みですから、そういった意味では特別な休みと言ってもいいかもしれません。

でも、仕事納めって最高ですよね。

まあ、片づけなければならないこと、仕事始めをスムーズに進めるための段取り、やることは沢山あるものですからね。

納期があり、それが迫っているようだと気になってしまいますよね。

それでも、何とも言えない開放感のある日、長期の休みの期間よりも、長期の休みに入る前の日が一番楽しい気分だったりしますからね。

これで、「今日残業頼むよ」なんて言われたら一気にテンションガタ落ちですけどね……。

気持ちよく終わりましょうよ、まあ、仕事がある以上仕方がないですけどね。

イーロン・マスク?誰それ……スゲー人なんだね

イーロン・マスク?誰それ、何だか凄い人らしく世界的に注目されている人らしい……。

ってことで、凄く気になります。

どういった人なのか、何が凄いのか、イーロン・マスクについて調べてみることにしました。

イーロン・マスク:1971年6月28日生まれ、出身は南アフリカ・プレトリアということで、アメリカの起業家ってことです。

南アフリカ出身ですか、凄い起業家が育つような環境が整っているのですかね……。

で、10歳の時にコンピュータを買い、プログラミングを独学で勉強した。

こんな経歴の起業家って多いですよね、ホリエモンもそんな感じのようなことテレビでやっていた気がします。

で、12歳でBlasterってソフトウェアを販売、作ったのも凄いけど、やっぱり行動力が違いますよね。

なんか凄い人達って行動力が半端じゃないんですよね。

そして、17歳で独立、カナダに移住、農場で働き、アメリカのペンシルベニア大学のビジネススクールに入る、で、スタンフォード大学の大学院に入るが2日でやめ、Zip2社を起業。

凄い起業家ってみんなこんな感じの経歴ですよね?

思い立ったら行動、もしかしたら冷静に分析しての行動かもしれませんが、その辺わかりませんね。

そして、無駄だと思えば、スグやめる。

やっぱり行動力がポイントなのですかね。

あのPayPal社のもととなるX.com社を設立。

宇宙輸送するロケットを製造・開発するスペースX社起業、電気自動車会社テラスモーター社の会長、太陽光発電会社ソーラーシティ社の会長。

ん~半端ないですね、世界の最先端的な分野をしっかり押さえて並列的にものを考えられるのですかね、それと、やっぱり行動力。

並列思考と行動力が、こういった人たちの特徴なのですかね。

それか、一つ一つに凄く集中して、切り替えがスムーズにできるとか、どうなんでしょうね。

並列思考なら、他の分野とリンクさせてお互いに活かせるのかもしれないですし、まあ、わからないですね。

こういった人達のことを、○○だから凄いなんて評価、理由付すること自体がズレた考え方のような気もしますし、結局自分自身がその人達の領域にいかないとわからないことなのかもしれない……なんて思ってみました。

人物

イエス・キリストの誕生日ってクリスマスではないの!?

イエス・キリストと言えば、まあ、いろいろ思い浮かぶことはあると思います。

ですが、わたしが思ったのは12月25日のこと、つまりクリスマス、で、調べてみたら、キリストの誕生日は12月25日ではないなんてことが書いてある。

えっ!クリスマスがキリストの誕生日ではないの!?

ってことで気になってきたので調べてみることにしました。

イエス・キリストって子供時に見てたテレビの影響が大きい、なぜか、「まんがはじめて物語」です。

モグタンです。

あぁ~懐かしい、まんがはじめて物語によくイエス・キリストが出てた記憶があります。

イエス・キリストとはって考えると、ほとんど、そのアニメの印象。

まあ、この話はどうでもいいのですが・・・。

で、イエス・キリストの誕生日ですが、何月何日かわからない・・・。

結局記録がないからわからない、もっと言えば、何年に生まれたかすら正確にはわからないということです。

まあ、いろいろ説はありますが、どれも決定打を欠くもののようです。

まあ、逆に言えば、どれかは当たっているかもしれないですし、もっと言えば、誕生日がわからないのだから、12月25日の可能性だってあるわけですがね。

でも、調べてみると、いろいろな条件、記録から誕生日を割り出そうとしてますね。

何年ごろとか、季節はどのあたりかなど、でも、その記録自体の正確性が疑問があるので微妙な感じですね。

まあ、誰かが決定打となるような資料でも見つけない限りわからないというところのようですね。

でもね、わからない以上、12月25日がキリストの誕生日でいいのではなんて思います。

一応365分の1ですからね。

閏年の可能性もあるかもしれませんよね。

まあ、クリスマスがキリストの誕生日でないとしても、特別な日であるわけですからね。

ただ、日本でのクリスマスの扱いは微妙な気がする。

スーパーなんて12月25日はすでにクリスマスって感じではないですからね。

どんどん先取りしていきますから、どちらかというと12月24日のほうが特別な日って感じがします。

遠距離恋愛の日?何それ何でその日になったの?

heart-159636_150

遠距離恋愛の日?

何それ、何日が遠距離恋愛の日なんだろう?

そして、なぜその日になったのか?

いろいろ気になってきたので調べてみることにしました。

まず、何月何日が遠距離恋愛の日なのか?

12月21日ということです。

なぜ、12月21日なのか?

12月21日の月と日を決して数字だけにすると、1221ですが、両サイドの1を一人、内側の2が近づいた二人ってことで12月21日、他にも、一人と一人が離れているとも表せますね、まあ、その条件だと他にも当てはまってしまいますが、まあ、マイナーな記念日らしい理由ですね。

で、遠距離恋愛の日の意味としては、クリスマス前に会って、お互いの愛を確かめ会いましょうってことです。

何で、クリスマス前に会うのだろう?

クリスマスに会う前提なら、そんな日はいらない気がするけど、まあ、会える時に会えばいいと思うけど、そのきっかけが遠距離恋愛の日ってのは納得できるけど、クリスマス前に会いましょうってどういうこと?

クリスマスに会おうと思ったら、心が離れていたってことがないようにでしょうか?

まあ、あんまり深く考えないほうがいいのでしょうね。

で、ついでに気になったのが遠距離恋愛の定義。

何キロから遠距離恋愛とかあるのだろうか?

ついでに調べてみました・・・が、遠距離恋愛の定義はないそうです。

えっ!ないの?

ってところですが、本人たちの気持ちしだい、本人たちが遠距離と思えば遠距離恋愛、どんなに離れていても、遠距離と思わなければ、遠距離恋愛ではない。

まあ、そうですよね。

行動範囲の狭い中高生と、自分の車を持っている人、自家用ヘリ・自家用ジェットを持っている人では全然違いますし、行動力のある人とそうでない人でも感覚の差はありますからね。

あと、物理的に離れていなくても、なかなか会えない、会うのが困難でも遠距離恋愛って言うこともあるようです・・・言いますかね?

それは遠距離ではないですからね。

その場合は、他の言葉のほうがいいと思うのですが・・・まあ、遠距離恋愛に定義はないってことです。

日本初飛行の日…そうか、その日が初飛行なんだ

aeroplane-161999_150

日本の初飛行っていつなんだろう?

急に気になってきた。

世界初の有人動力飛行成功は、有名なライト兄弟、1903年12月17日。

まあ、これは世界初だし、ライト兄弟も有名なので多くの人が知るところだし、知ろうとしなくても、自然と知っていることだが、日本の初飛行はいつなんだろうと気になって調べてみたら、日本初飛行の日って記念日がある。

コレか!ってことで調べてみました。

日本初飛行の日は、1910年12月19日。

世界初も12月・・・12月が飛びやすいのですかね?

で、日本初飛行に成功した人は、徳川好敏(とくがわ よしとし)。

ただ、日本初飛行の日は、12月19日ですが、初飛行に成功したのは、12月14日って説もあるみたいですね。

飛行した場所は、代々木練兵所、今の代々木公園ですね、そこで、日野熊蔵が60mほど飛行してしまったってことです。

ですが、その60mってのも正確計測したものではなく、見た感じ60mくらい飛んでたって感覚的なもので、実際現場責任者と飛行した日野熊蔵も飛んでないって言ったそうです。

航空力学的に飛んだとは言えず、ジャンプしたってほうが適切ってことのようで、これは初飛行ではないってことになりました。

ただ、これが本当の初飛行だって意見もあるようですね。

で、ついにきた日本初飛行となる19日に、徳川好敏と日野熊蔵が初飛行に成功し、日本初の有人動力飛行となりました。(ヤッター!)

で、なんで、徳川好敏も日野熊重も同じ日に成功しているのに、徳川好敏が日本初になっているかは、いろいろ説があるのですが、名門・徳川家の血筋である徳川好敏を優先したなんて説があります。

実際どうなんでしょうね?

まあ、何にしても、記録上、日本の初飛行成功は、1910年12月19日、飛んだのは徳川好敏。