12支の物語を思い出してみた【日本昔話】

12支のことを考えていたら、昔テレビで12支の物語をやっていたのを思い出しました。

確か日本昔話だったと思うけど、なるほどな~なんて感心した思い出がある、懐かしく、気になったので思い出してみました。

かなり古い記憶なので曖昧な部分もありますが、神様が新年の挨拶に来るように動物達に手紙を出し、上位12番目までは各一年間動物の大将にするという内容。

こうして各動物達は「いくぞ!」となるが、鼠(ネズミ)は天敵である猫に嘘の日にちを教える、普通、猫なんて超メジャーな動物なわけですから、12支にいないなんて変だなーと思っていたのですが「だから12支に猫がいないのか!」って当時は納得して喜んでいました。

で、牛は足が遅いので、一日早く出ようということで、みんなより一日早く出かけます。

ある意味卑怯な気もしますが、自分の能力を見極めての行動ですから仕方がないですかね、で、鼠は一位を楽して取るために、牛の頭に乗っていきました。

そして神様のところが近くなると、鼠は牛の頭から飛び降り、猛ダッシュで神様のもとへ、こうして鼠は1位となり、12支の一番最初に来ることに・・・卑怯ですよね、でも1位を自分の能力で取るためにやったわけですから、まあ、いいのか?

で、2位に牛、これで牛がなんで2位なんだろう?という疑問が晴れましたかね。

で、順当?に実力者である、虎、兎、龍(飛んでいるくせに虎や兎になんで負けたんだ?)、蛇、馬(蛇が馬に勝つってどういうこと?)、羊と神様のもとに到着。

で、ここで猿と犬の物語。

犬猿の仲と言って、非常に仲の悪い二人を指す言葉として有名ですが、この物語の中では猿と犬は仲良しでした(過去形)。

二匹は肩を組んで仲良く神様のもとへ向かっていましたが、途中からもめだして、最後は喧嘩をしながらゴール、そんなわけで、猿と犬の順位は下位の9位と11位、こうして犬猿の仲となったってことでした。

そして、猿と犬の間に鶏が10位で入り、12番目に猪が到着して12支が決定!

そんなわけで、12支に決まった動物以外にも沢山の動物が参加していました。

なかには蛙なんかもいました。

こうして、動物界の大将が決まったってお話でした(たぶん・・・)。

所々、順位に納得できない部分はありましたが、こんな物語があったのかと面白かったです。

■12支

  1. 子(鼠)
  2. 丑(牛)
  3. 寅(虎)
  4. 卯(兎)
  5. 辰(龍)
  6. 巳(蛇)
  7. 午(馬)
  8. 未(羊)
  9. 申(猿)
  10. 酉(鶏)
  11. 戌(犬)
  12. 亥(猪)

秋一番ってあるの?春一番みたいに・・・

forest-63279_150

秋一番ってあるのだろうか?

春一番みたいに・・・。

あってもおかしくないし、むしろあるべきな気もするけ、ただ春一番ってある期間吹く、気象台が認定する強い風のことだし、ないほうが自然な気もする。

少し気になってきたので調べてみました。

で、調べてみましたが・・・秋一番はないですね。

まあ、春一番はある期間に吹く気象台が認定する、強い風ですからね、秋一番がなくても仕方がないですね、春一番だって毎年あるわけではないですし、冬の初めの北寄りの風である木枯らし一号だって、冬一番って言わないですしね。

もしかしたら言うこともあるかもしれませんが・・・。

そんなわけで、秋一番と調べても、「この秋一番の冷え込みですね」ってニュースなどのネタくらいしかないですね。

春一番は、春を感じる、暖かい強い風であり、自然災害になり得る、気を付けたほうがいい突風。

ただ、春を感じるものですし、春を一番に感じると思えば、夏、秋、冬にも、○○一番と名付けてもいいような気象現象と結び付けてもいいかなと思います。

木枯らし一号を冬一番と名付けたり、夏や秋にも、その季節を感じられる気象現象と結び付けて、夏一番、秋一番と名付けてもいいかな、なんて思います。

ただ、春一番は、初春から春分にかけて、南方から吹く暖かく強い風で、気象台が認定して、初めて春一番になれるわけですから、夏一番、秋一番、冬一番を作るとなっても、いろいろ難しいだろうなとは思います。

こうやって調べてみると、夏一番、秋一番、冬一番がないのかというより、春一番の名称を変えれば良いような気もしますが、まあ、昔から言われているものということですから仕方がないですかね。

こういったわけで、秋一番はないってことですね。

秋を感じることや言葉は、夏の暑さも彼岸までとか、セミの鳴き声が聞こえなくったり、栗やさつまいも関連の食品がスーパーやコンビニに並び始めたりといったことで感じるこはありますが、春一番みたいな現象は無いようですね。

春一番【風のこと】のことを調べてみた

春一番、芸人の春一番ではなくて、春先に吹く強い風って思っているけど、実際はどうなんだろう?

と思い、ちょっと気になったので調べてみました。

春一番とはどんな風のことだろう?

立春から春分(2月から3月の中ごろ)の間に吹く、その年、最初の南寄りの強い風のことを春一番と呼ぶようです。

こうやって春一番の説明を見ると、立春と春分の間に吹かなければ春一番ではないってことですかね?

と思って調べてみましたが、やっぱり、この間に吹かなければ春一番ではないようです。

ですから、春一番が来なかった年もあるみたいですね。

さらに、立春から春分の間に、何回も来た場合は、春一番、春二番、春三番となるようです。

つまり、立春から春分の間に来なければ、いくら他の日に吹いても春一番ではなく、その間に吹けば、何回吹いても春○番ってことみたいですね。

そんなわけで、過去には、南方の暖かく強い風が吹いて、気温が上昇したのですが、立春前だったので春一番ではないってことになったこともあるようです。

気象現象的には春一番、それでも、立春から春分の間でなければ春一番ではない・・・。

立春前に吹いて、その後吹かなければ今年は春一番が吹かなかったってことか・・・それでいいのだろうか。

そして、春一番を認定するのは、各地域の気象台ってことで、ここで認められなければ春一番になれないようです。

つまり、一般人が道を歩いている時に、暖かい強い風が吹き、「おっ!春一番だ」と言っても、勝手に決めるな!それが春一番かどうかを決めるのは気象台だ!ってことですね。

しかし、風も大変ですね現象だけでなく、時期が合わなければ春一番になれない・・・風が「俺は春一番だぜ!」と思っていても、気象台が「ダメ!」と言えば春一番になれない・・・風「いやいや俺、春一番だから」、気象台「1日来るのが早かったね・・・だから、あなたは違うんですよ」、風「・・・」、こんなやりとりが気象台では行われているのでしょう。

消極的の意味は何?なんとなくマイナスのイメージだけど・・・

消極的の意味はなんだろう?

なんとなくはわかっているつもりではあるけど、正しい意味は何か?

マイナスのイメージしかないような気がするけど、本当にそうなんだろうか?

字をそのまま見ると、極力消えている感じでしょうか?

少しだけ気になったので調べてみました。

■消極的の意味

自分からは、進んで物事をしない。

引っ込みがち。

否定的。

一応対極に位置する積極的は、物事を進んでするという意味。

ってことなので、消極的の意味の、引っ込みがちと否定的は、マイナスなイメージからの後付のような気がします。

要は、消極的とは受動的ってことで、物事に対して受け身であるということ、引っ込みがちや否定的ってのは、また、違うことのような気がするけど、辞書などでも、自分から行動しない、考えないというのが多いので、少なくとも否定的は関係ないのではと思います。

自分から何かをしない、考えないと言ってしまえば、マイナスなイメージに感じるかもしれませんが、控えめって考えれば、そんなにマイナスなイメージでもないかなと・・・、積極的にしても、物事を進んでするといえば、「えらいなー」って気もしますが、なんでもかんでも俺が私がと出てきてもね・・・。

ただ、調べてみても消極的に、プラスのイメージはないかなと思います。

言葉のとらえ方次第ですが、対極で考えれば、積極的がプラスで消極的はマイナスではあると思うし、それぞれの意味の「物事を進んでする」、「進んで物事をしない」を考えてみれば、人の嫌がることでも、進んでやるか、言われればやるが、言われなければ自分からやろうとはしないと捉えれば、やっぱり消極的をいいとはとらえないと思います。

もっと積極的になりたいって人は多くいますが、消極的になりたいなんて人は、ほぼいないと思いますからね。

ただ、誰かを消極的な人だって判断するのは難しいことかなと思います。

考えてばかりで行動しない人のことを消極的な人と判断していいのだろうか?

積極的に考えているけど、行動に移すだけのことが思いつかないだけかもしれないですからね。

まあ、捉え方次第でどっちにもなりそうですが。

金融危機とは何?どんな状態のことを言うの?

金融危機とは何だろう?

いろんな国で金融危機の可能性があるなど、良く聞くことだけど、具体的にはどういったことなんだろう?

どういった状態のことを言うのだろう?

何となくわかっているつもりになっていたけど・・・気になったの調べてみました。

金融危機とは

なんらかの要因で、金融不安が増え、各金融機関が経営悪化、倒産、その影響で各企業が経営悪化、倒産と連鎖していき、株価下落、失業率悪化していくような状態ってことで、短く言えば、金融からくる経済の危機的状況。

で、金融とは?

資金が余っているところから、資金が足りてないところへ融通すること。

ということは、お金の流れを作るべき金融機関が経営悪化や倒産で成り立たなくなって、足りない資金を融通してもらわないとやっていけない企業が資金を融通してもらえないことで、経営が悪化、場合によっては倒産してしまう。

企業の株価は下がり、そこで働く人たちも失業してしまう状態ってことですかね。

もっと難しく言えば、銀行から資金が足りない人がお金を借りるわけですが、その貸し出されるお金は、資金が余ってるというと変だが、みんなの預金、預金してあるわけだから今は使わないお金なので、余っている資金と言ってもおかしくはないかな。

で、銀行は資金を貸し出しているので、実際の預金額よりお金が少ない状態、それでも、みんなが同時に預金を下ろすわけではないので特に問題はないし、使われてないお金を動かし、経済活動が活発になるのでいいことのはずです。

だけど、借りている人の返済能力がなくなったりすると、預金者の信用が落ちる、預金者が一斉にお金を引き出す、そうなると、銀行がお金を借りているところから資金を回収する、そうなると動いていたお金が減少、経済活動は停滞、返済できない人も増える、銀行も経営が成り立たない、こんな感じが金融危機ってことですかね。

こうやって見てみると、経済にとって銀行の役割って大きいですね。

なんとなく銀行って給料の振込先、安全な金庫って感じだけど、お金の効率を上げるのに必要な機関なんだなと思う、借り手を見極め、増やし、預金額も増やす、そうすることで、経済活動を活発化させる大きな役割があるってことかな、だからこそ、適当に貸し出してしまうと、資金を回収できない、預金者に不安を与えるということになるわけですね。

金融危機について調べていて思いましたが、もっと預金者も銀行にお金を預けるってことについて知識を付けなければならないのではと思いました。

左遷と栄転、反対の意味で使われるけど、その語源は?

左遷と栄転、仕事などの出世に関して反対の意味で使われているけど、なんで左遷と栄転なんだろう?

その語源は何?

と気になったので調べてみました。

■左遷

語源としては、中国で右を上位、左を下位としていたことからってことです。

昔からそういった傾向があるのでしょうね、この人より凄い人はいないって時に、「○○より右に出る者はいない」なんていいますし、グラフなどの統計で、良くなっていくのも「右肩上がり」なんて言いますからね。

左遷の意味としては、現在より低い地位、官職に落とされること。

多くの人が思っている意味そのままですね。

■栄転

栄転の意味としては、は、現在より高い地位、役職に就くこと。

左遷の反対の意味として使われていますね。

ただ、左遷と栄転が反対語として使われていることには疑問に感じますし、おかしいと思う方もいるのではないでしょうか?

地位を落とされるのが左遷なら、地位が上がる場合は、右遷ではないのか?

というところですが、右遷という言葉はなく、遷という字は、よそへ移るって意味で、首都を他へ移す場合に、「遷都」なんて使いますから、意味としておかしくはないように思えますが、低い地位に移すって意味もあるようで、いい意味の言葉として使わないようで、左遷の反対が右遷では馴染まないようです。

だから、左遷の反対は栄転・・・納得はいかないですね。

左遷は、左より右を上位と考えるからなんて理由があるのに、栄転は栄えているところに移るから栄転・・・何かしっくりこない。

左遷、栄転、それぞれに、もっとふさわしい語源がつり合う反対の言葉がありそうなものだけど、意味としては反対の言葉としてあっているけど、語源や字にこめられている意味などを考えると、栄転って軽く感じます。

栄転は、良いことだ、うれしいことだから軽く、左遷は相手に気を使って、深い意味をこめているのですかね?

どうも納得がいかない、意味としてはいいのだけど・・・もっと、つり合いのとれた言葉があっても良いと思うのだけ、調べ方が足りないだけで、もっと、ちゃんとした理由があるのかもしれないですけどね。

満月に出産が多いって話はよく聞くけど何か理由はあるの?

moon-182145_150

満月に出産が多いって話をよく聞きますよね?

でも、実際にはどうなんでしょう、本当に多いのでしょうか?

また、本当に満月に出産が多いとして、それには何か理由があるのでしょうか?

気になってきたので調べてみました。

で、実際に満月に出産は多いのかですが、これは微妙ですね、産婦人科の先生や助産師さんは多いように感じている方は多いようですし、カレンダーなどで出産があった日得お確認しても、満月の日が多いようです。

現場の人が多いと感じるのだから、本当に多いとも思いますが、科学的な根拠はないようですし、世界でも満月と出産の関係性を調べた研究データはあるようですが、大半の研究結果では、満月と妊娠に関連性はないってことのようですね。

ただ、現場で多いと感じているわけですし、そんなの思い込みだ、迷信だってのも違うかなと思います。

あくまで科学的な根拠がないだけですからね、科学的な根拠はなくても、そうとしか思えないことって結構あると思いますから。

やっぱり生活のリズムがあるわけですし、24時間の中で、朝があって夜がある、朝起きて、夜寝る、月にも満ち欠けのリズムがあって、カレンダーなんかでも月の満ち欠けが書いてあるものもありますし、そのリズムが人体に影響があるかもしれないですし、月が人に何らかの影響を与える迷信って沢山あるわけですからね。

それに、潮の満ち引きにも影響があるわけですから、人に影響があると言われてもおかしくないのではと思います。

ただ、月って地球上からの見え方はいろいろありますが、月自体はいつも同じ形なんですよね、球体なわけですから、ただ、地球上の月を見ている位置、太陽の位置で見え方が変わるだけで、月自体は同じ形なわけですから、満月が特別なのかどうかは少し疑問には思います。

でも、見え方が大事・・・かもしれませんからね。

で、満月に出産が多いのか?

現場では多いように感じている人がいて、実際に満月に出産が多いところもあるが、科学的には根拠はないってことのようですね。

 

曼珠沙華って何?えっ!彼岸花?知らなかった・・・

amaryllis-183401_150

曼珠沙華って8月の終わりごろから、9月によく聞くけど、何なの?

何となく名前から花なんだろうなとは思うけど、「えっ!彼岸花のことなの?」・・・知らなかった。

それなら納得、8月の終わりごろから9月に、外を見れば彼岸花だらけだからね・・・そうか・・・彼岸花って曼珠沙華とも言われているんだね。

他にも、リコリスとも言われているようですね。

ニュースで、○○でリコリスが咲き、沢山観光客が訪れています。

なんて聞いたことがあるけど、あれも彼岸花のことだったのか・・・。

彼岸花って名前は、お彼岸の季節に咲くからってことだけど、曼珠沙華って、見るからに凄い花だって感じがするけど、「曼珠沙華を見た人は、悪行をしなくなる天界の花」と言われているようですね。

確かに、何だか普通の花ではないって感じがしますね、ただ、あまりにも沢山咲いているので、ありがたみには欠ける気もしますが・・・。

それに、有毒の植物みたいですね、確か、あんまり触ってはいけないよって言われた気がします。

そのせいですかね・・・。

曼珠沙華ってほとんど赤の花ばかり、ですが、仏教で言われる曼珠沙華は、「白くやわらかな花」ってことですが、曼珠沙華がやわらかいかはわかりませんが、白い曼珠沙華は少ないですよね。

花好きの人が、白い曼珠沙華を見つけて喜んでいましたから、自然で白い曼珠沙華が咲いているのはめずらしいみたいですからね。

個人で買って持っている人は結構いますが、自然にその辺に咲いているのは、ほぼ赤ですからね。

それなにの、「白くやわらかな花」って言われているのはどういった訳なんでしょう?

昔から伝わってきていることでしょうし、違う花のことを言っているのかもしれませんね、似た花も多いでしょうし、これだけ赤ばかりなのに「白くやわらかな花」はないでしょ。

ただ、やっぱり曼珠沙華は普通の花って感じではないですね、一般的に言われる彼岸花って名前もそうですが、異名が死人花、地獄花、幽霊花など、あんまりというか、いい気はしないですよね。

見た目も綺麗な花ではあると思いますが、素直に綺麗な花だねって感じはしないかな、個人的にはですけど・・・。

独特な何かがあるからこそ、曼珠沙華なんて呼ばれているのかもしれませんね。

NPO法人とは何か?少し気になったので調べてみました

NPO法人とは何か?

NPO法人って言葉、ニュースなどでよく聞きますよね?

何となく何なのかは理解しているつもりですが、詳しくは知りません。

ですが、これだけテレビなどで出てくる言葉なのでちゃんと知っておいたほうがいいかなと思い、調べてみることにしました。

まず、NPOは正式には、Not-for profit Organization、ようは非営利団体ってことですね。

営利目的で活動はせずに、社会のため、慈善活動のために集まった法人格を持つ集まりってことですかね。

そして、日本的名称で言えば、特定非営利活動法人、特定非営利活動促進法に基づいて設立される団体ということです。

NPO法人を作るには、都道府県知事の認証が必要、ただし、主たる事務所が政令指定都市内にあれば、そこの市長、複数の都道府県に作る場合は内閣総理大臣の認証が必要、そして、設立登記をする、まあ、法人格を得るわけなので、いろいろ手続きが必要なわけですね。

NPO法人設立の条件は、営利を目的としない社員資格に不当な条件をつけない報酬を受けることができる役員の人数が、全体の3分の1以下、非営利でも報酬をもらってもいいんですね。

宗教・政治活動を主な目的にしない特定の政党・候補者の推薦、支持、反対を目的としない暴力団ではない、また、その構成員でなくなってから5年以内ではダメ、あとは10人以上の社員が必要

こういった条件を見ても、非営利目的で、社会のため、慈善活動のための集まりですから当然の条件ですね、ただ、報酬は一部の役員は受けられるんですね・・・活動のために専門家も必要でしょうし、そういった人たちに報酬を払うのですかね?

非営利で、社会のため、慈善活動のための集まりというとなんだろう?

ぱっと思いつくのは、「ごみが落ちてない社会にするぞー」とか、「海をきれいにするぞー」といった活動とかですかね。

ただ、非営利ってことで、現実的には資金面でかなり厳しいようですね。

寄付や助成金が活動資金になるようですが、これだけでは足りないようですね。

何か大きなことを達成しようとすれば、ある程度のお金がかかるでしょうし、仕組みの改善が必要かもしれませんね。

それに、もっと一般的に普及して、もっと身近なものになれば、沢山小さなNPO法人が出来そうな気もします。

非営利で、社会のためにできることって多くの人が考えれば、いろんな活動内容がありそうな気もしますが、もっと様々な可能性がNPO法人にはありそうな気がします。

全面的にの意味って何?気になったので調べてみました

全面的にの意味は?

それなりによく使われる言葉で、一般的にも、ニュースなどでも聞く言葉、何となく、字をそのままに、すべての面でって感じだけど、正しい意味を知っておいたほうが良いかなと思い、調べてみることにしました。

全面的の意味は、やはりすべての方面という意味、面という字を使っているのがポイントで、あらゆる方面からってことで、例えば、何かをミスして損害を出した場合、「今回の損害を出したのは全面的にわたしの責任です」って感じで、あらゆる原因、損害の責任を認めるということ、こう考えると、気軽に使える言葉ではないですよね。

全面的と使ってしまうと、いいわけが一切できないということではないでしょうか?

ですが、現実的には、意味はわかっていても、守れてはいない場合もあるかなと思います。

例えば、「全面的にわたしの責任です」と言って、「それでは、○○についても認めるということですね?」と質問されて、「嫌、そのことについては、また、別の話です」なんて場合、別件だからということで、間違ってはいないかもしれませんが、全面的というのを軽く考えすぎな気もします。

何にしても、全面的とは、すべての方面、簡単に使うべき言葉でもなですし、使う場合もよく考えたほうが良いかなと思います。

  • 全面的にサポートします。
  • 全面的に認めます。

言葉の意味を考えると、上記のような言葉は、簡単には使えないですよね?

「全面的にサポートします」なんて言って、実際には常識的な範囲でサポートしますって意味で言っていることってありそうですけど、「全面的に認めます」これは使って大丈夫なのでしょうか?

何だか、多くの人が軽くこの言葉を使っているような感じがします。

まあ、あくまで意味を考えればですが・・・、「全面的って言ったじゃないか!」、「いや、そうですけど・・・」ってなことになるかも。

個人的には、的が言葉の意味を弱くしているような気もします。

○○・・・的な感じで・・・。

って的を入れることであいまいになる気がします。

全面的の類語の全体的で見ても、全体より全体的のほうがあいまいに感じる気がします。

まあ、わたしがそう感じているだけかもしれませんが・・・。

とにかく、意味を考えると、全面的にって言葉は、気軽に使う言葉ではないなと思います。