干し柿の作り方【失敗しないために気を付けること】

干し柿の作り方。

干し柿を作ってみたい人って結構いますよね。

でも、結構失敗したって人を見かけます。

何となく渋柿を手に入れて、何となく作ってみた・・・カビが生えた。

そんな人をよく見かけます。

そんなわけで、わたしの干し柿の作り方を紹介しますが、YouTubeにも干し柿の作り方の動画があったので紹介しておきます。

まず、いつ作るか?

コレが大事!もの凄く大事、まあ、地域で雨、気温などの違いはありますが、寒い風が冷たい雨が降らないのがベストな環境です。

よく11月の初め頃の、まだ寒い!ってほどではないときに、なんとなく干し柿を作ってみてカビが生えているのを見かけます。

確かに早く作りたくなるところですが、11月の下旬、できれば12月くらいがいいと思います。

まあ、それでも、例年より暖かく、雨が沢山降るようだと干し柿の成功は難しいかもしれません。

まあ、この辺はある程度運もありますね。

次に柿のをとるときは、紐を縛るための枝を残して取ります。

T字型ですね、で、皮を丁寧に剥き、ビニールの紐などで、枝部分を縛ります。

柿が落ちないようにしっかり結びます。

この時、柿同士が絶対に触れないように、十分な間隔を空けて縛りましょう。

で、カビ防止のために柿をゆでるといいらしいので、ゆでる方も多いです。

ですから、ゆでるのもいいと思います。

わたしはゆでたことがないので詳しくはわかりません。

で、干します。

風当たりのいいところへ、寒くなれ、冷たい風よ吹け、雨よ降るなと思います。

雨が降ったら、雨が当たらないように、毎日柿の状態を確認してます。

環境にもよりますが、早ければ2週間、まあ、一か月くらいかかると思います。

ここで、カビが生えてるのがわからず、そのままの人を見かけますので、カビは緑っぽいと思います。

後、においも臭いのでわかると思います。

カビが生えたら、それは取って捨てましょう。

残念ですが、カビは気を付けていても生える時は生えます。

干し柿は、お店で買うのもいいですが、自分で作るのもいいものですよ、何しろ毎日柿の状態を確認して、じっと食べられるのは待つわけですから、こうして待ちに待って食べる干し柿は最高です。

そんなわけで、わたしの干し柿の作り方でした。

ガリガリ君の種類が急に気になりだした!どれだけあるんだ?

ガリガリ君って、いったい何種類あるんだろう?

かなり昔から販売されているし、今までにいろんな種類のガリガリ君を見たことがあります。

急に気になってきたので、このままでは眠れない!

ってことで、ガリガリ君の種類を調べてみました。

やっぱり、いろいろな種類のガリガリ君がありますね~。

まずは、販売初期に販売された。(1981年販売開始)

  • ソーダ
  • コーラー
  • グレープフルーツ

で!

どんどん、期間・季節限定品や販売終了したものも含め増えていき、

  • Wグレープ
  • Wみかん
  • いちご
  • 青りんご
  • グレープ
  • 巨峰
  • ゴールデンパイン
  • 白桃
  • ピーチクーラー
  • ふじりんご
  • マスカット
  • マンゴー
  • 夕張メロン
  • ゆず
  • ヨーグルト
  • レモン
  • ぶどう
  • ホワイトサワー
  • 南国パイン
  • マスカット オブ アレキサンドリア
  • 赤ぶどう
  • ゴールデンキウイ
  • オレンジ
  • はじけるぶどう
  • はちみつレモンスカッシュ
  • グレープミント
  • アップルマンゴー
  • ミルクミルク
  • チョコチョコ
  • 紅白いちごミルク
  • バニラバニラ
  • プリンプリン
  • 白銀ミルク
  • 杏仁マンゴー
  • ロイヤルミルクティー
  • チョコチョコチョコチップ
  • ミルクキャラメル味
  • コーヒーゼリーミルク
  • チョコバナナ
  • いちごミルクチョコチップ
  • コーンポタージュ
  • あずき大福

そして、一応ガリガリ君のカップシリーズも紹介して、

  • ソーダミルクプレミアム
  • ショコラショコラプレミアム

調べてみましたが、まだあったような気がするんですが、今までに80種類以上販売されているようです。

そして、今も毎年新作が販売され、種類は増え続けている・・・まあ、現在販売していない物も多数ありますけどね。

しかし、凄い種類だなー、1981年に販売してからこんなに種類が増えるとは、初めてアイス屋で、ソーダ味を見かけた時は凄いインパクトだった。

当時は安いアイスは50円が一般的で値段で、他の50円のソーダ味のアイスはあったけど、ガリガリ君は他のアイスに比べて、とにかくデカイ!

今は別に大きくないけど、昔はその大きさが際立っていた。

子供のころは、いっぱい食べたかったから、ガリガリ君のソーダ味とコーラー味ばかり食べていました。(美味しかったな~)

ガリガリ君より歴史あるアイスは沢山あると思いますが、これだけ種類のあるアイスは無いと思います。

まあ、基本的な味は出尽くしているので、どんどん奇抜な新作が出てくるとは思いますが、こういったアイスの存在って貴重だと思います。

今後もどんどん新しい物を出してほしいと思います。