危険物乙4の勉強法・おすすめテキスト・問題集は何?

petrol-despenser-160298_150

危険物乙4と言えば、比較的簡単な資格試験です。

そして、危険物乙4の資格が必要な仕事もあるので、取る人も多いわけですが、どんな勉強法がいいのだろう?

どんなテキスト・問題集がおすすめ?

というのはあると思います。

確かに、難しい試験ではありませんが、勉強法、テキスト、問題集で差はでるでしょう。

そんなわけで、わたしの勉強法とおすすめの問題集を紹介していきます。

まず、テキストと問題集ですが、どれもそれなりにいいのですが、危険物乙4の試験を難しく考えてしまうようなものが多い気がします。

仕事で必要な知識は沢山必要ですが、とりあえず試験を合格するために必要な知識だけを勉強できればいいと思います。

そういったわけで、テキストはいらないと考えます。

で、おすすめの問題集は、「乙4類危険物試験的中問題集」これがいいと思います。

作者は、鈴木幸男さんですね。

これで、問題を解き、答え合わせを繰り返せば、自然と合格に必要な知識がつくと思います。

これ以外の勉強は、逆に試験を難しくしてしまうかもしれません。

この問題集を使っての勉強期間ですが、わたしは、最低一週間、余裕をみて一か月くらいがいいのかなって思います。

次に、危険物乙4の勉強法ですが、上記で紹介した問題集に書かれている通りに勉強するといいと思います。

ただ、数字を覚えなければならない問題が多いので、中には、数字が覚えられないという方もいるかもしれませんので、そのための勉強法を紹介します。

この問題集を勉強しながら、数字を覚えなければいけない部分がでてきたら、ノートの見開きの、左部分に覚える数字の問題、右部分に数字を書きます。

例えば、問題は自分がわかればいいですが、一行に移動タンクの貯蔵所の定期点検の記録は何年保存する?って感じで、右のページに3年って感じで書いておいて、答えのページを隠して答えていけばいいと思います。

数字以外でも使える方法なので、結構いい方法だと思います。

こんな感じですね。

まあ、一番のポイントは、この問題集ですね。

資格

行政書士試験は独学でいける?【合格者の体験談】

books-155185_150

行政書士試験は独学で合格できるのか?

できると思いますが、相当難しいですよ!

軽い気持ち、適当な勉強では厳しいと思います。

各専門学校、通信講座で勉強すればいける!って感じで紹介されてはいますが、現実はかなり厳しい試験です。

実際合格率だって一時は、超難関試験レベルでしたからね。

専門学校だから大丈夫、通信講座だから大丈夫ってものではないです。

当然、相当量の勉強をしなければいけないのは当たり前、専門学校や通信講座では効率を考えられてはいますが、別に本屋で売っている行政書士試験対策の本と勉強すべき範囲などは変わりません。

多少読みやすく、わかりやすいように工夫はされてますけどね。

で、わたしは行政書士の試験を独学で合格することができました。

その経験をもとに、こうすべき!・・・とは言いませんが、わたしはこのようにやったということを紹介していきます。

まず、勉強期間は6か月は取りましょう。

もっと長くてもいいです。

3か月でも無理ではないと思いますが、その考えはあまいかなって思います。

やりたい勉強が期間が短すぎてできない可能性があります。

わたしは集中型だからって人もいるでしょうが、6か月は集中してやるべきでしょう。

で、わたしはテキストは買いませんし、行政書士向けの六法も買いはしましたが読んでません。

必要なのは、過去問、公務員向け一般教養の本、記述式問題集、模擬試験を沢山受ける・・・コレです。

まあ、基本となるテキストは必要ではないのか?ってのはありますが、わかりません。

わたしは使わなかっただけなので、では、どのように勉強していたのか?

まず、勉強を始めて来月試験があるつもりで勉強しました。

なぜか・・・申し込んだ模擬試験(自宅で受けられるやつ)の一番早いのが来月だったので、模擬試験用に全範囲やる必要があったのでそう考えました。

で、やった勉強は過去7年分の過去問、問題と答えが見開きのやつですね。

それを答えのほうを紙で隠して3回やりました。

当然一回目は不正解だらけですが、2回目は80%、3回目は95%くらい正解できました。

まあ、短期間で3回同じ問題をやっているので当たり前のことですが、過去7年間の問題を3回やったので、全体像もわかるし、知識もかなり付きます。

で、一回目の模擬試験は壊滅的点数、合格どころではないです。

過去問が出来ても全然通用しません。

ですが、過去問を合計10回やりました。

すべての問題の正解の理由を説明できるレベルでやりました。

さすがに10回も繰り返してやるとつまらないですが、そのくらいが丁度いいのではと思います。

内容がつまらないくらい、よく知っているわけですから。

正解率だって99%~100%ですから、ですが、10回やることで、過去問の向こう側が見えてくる・・・ような気がします。

自分が今何の法律をやっているのかが理解でき、似た法律の違い、数字の似た答え、そういった違いが見てきました。

で、過去問を繰り返しつつ、公務員向けの薄い一般教養の本を読み、記述式の問題集も繰り返しやりました。

その間も模擬試験を受け、答え合わせをやる(過去問をやるのと同じ感覚で勉強する)。

で、模擬試験でも合格ラインに達するようになり、自信を深めましたが、一般教養のほうに不安がありました。

何となく合格ラインには達していますが、実力で正解できている感じではなかったので、どうするかって考え、国語というか、文章問題?というのでしょうか、よくある、作者の言いたいことはどれか、みたいなやつです。

これを理論的に説くように意識しました。

文章問題は、一般教養の中でも正解を狙いやすいので、ここを攻略すべ気だと思います。

まあ、なんでも知っているぜ!って人は問題ないでしょうが、わたしはわかりません。

ですが、薄い公務員向けの本を読むことで、なんとな~く一般教養向けの考えができるようになった気がします。

まあ、範囲が広すぎて対策も難しいですが、なんとか最低限必要なラインを突破するためにこの勉強は役立ったと思います。

で、試験まで残り一か月あたりでは、受けた模擬試験を過去問と同じ要領で3回ほど繰り返し問題を解き、答え合わせをしっかり正解理由をつけてできるレベルまでやりました。

この模擬試験が結構効果的だったのではと思います。

わたしは13回ほど模擬試験を受けました。

模擬試験って行政書士の試験問題を作る人と関係ない人が作っているわけなので、本試験とずれている可能性はありますが、過去問だって過去の問題ですからね。

過去問が凄く大事なのは、どの試験でも同じことですが、新鮮な問題を解き、答え合わせをするのは、わたしにとってはかなり効果的に感じました。

で、模擬試験で合格レベルの点数が楽にとれているので自信をもって試験を受けることができました。

まあ、仮に模擬試験がダメだったらどうするってのはありますが、わかりません。

模擬試験がダメなのだから、試験も厳しいかもしれないし、もしかしたら得意な問題が試験ででるかもしれないわけですし、なんとも言えません。

そういったわけで、行政書士試験は簡単ではないですし、相当難しい試験です。

専門学校や通信講座を受けたって簡単に受かるものでもないですし、過去問が出来たからといって受かるものでもないかなって思います。

独学で勉強するにしても、専門学校、通信講座を受けるにしても、相当頑張って勉強しなければ合格は厳しいと思います。

資格

宅建は独学でいける?いけると思います【わたしの体験談】

books-155185_150

宅建は独学で取れるのか?

取れる可能性は十分にあると思います。

わたしは、完全な独学ではありませんが、ほぼ、独学で2回目の宅建試験で受かることができました。

そんなわけで、わたしの体験談と、こんな感じで勉強するといいかもよ・・・といった感じのことを紹介してみたいと思います。

まず、一回目は完全な独学で勉強しました。

で、本屋で一番安い、宅建のテキストと7年分の過去問の2冊を買って、気が向いた時に勉強するといった感じで、適当に試験を受けて落ちました。

まあ、受かるはずもない状況で受けましたが、何となく試験の全体像がわかった気になったので、来年は本気で受かりに行くぞ!って感じでした。

で、無謀にも2回目は宅建と行政書士を同時に受けるぞ!と思い、テキストや過去問はどこにするかな・・・と考えたのですが、そろえると結構高い!

そんなわけで、有名なユーキャンの通信講座にしとくか!って感じで分割で申し込みました。

まあ、通信講座を受けたいというより、テキストと最新の情報がほしかっただけなので、通信講座の質問や提出物も出さずにテキストを利用しただけです。

だから、ほぼ独学と状況は変わらないと思います。

で、ユーキャンのテキストはパーっと見て、宅建は去年少し勉強したし、テキストもわかりやすいように見え、行政書士のほうはテキストを軽く読んでも全然わからなかったので、行政書士を先に勉強することにしました。

で、わたしの2回目の宅建試験のための勉強期間は、3か月弱、真剣にやりだしたのは試験の3週間前です。

では、宅建試験までの勉強の流れですが、8月、9月に行政書士の勉強の合間にテキストを一回全部読みました。

ユーキャンのテキストは宅建に関してはすごくわかりやすかったです。

一回目を読み終えた時点で「いける!」と思いました。

で、10月に入り、宅建試験まで約3週間前、ここで、行政書士は無理だ!間に合わないということで、勉強は宅建一本に絞りました。

そして2週間かけて、「全部記憶するぞ!」と強い気持ちでテキストを全部読みました。

これで、自分の感覚としてはテキストの8割りを覚えたかなって感じでした。

で、試験まで1週間前となり、別に買っておいた過去7年分の過去問をやりました。

ユーキャンにも過去問はついていますが、あんまりいいとは思わなかったので、市販品を買いました。

1年ごとにまとめられているやつです。

だから試験形式でやるのに向いてる過去問ですね。

で、今の実力を知るために、過去問7年分を試験感覚で2日かけてやった結果、大体30点前後、少し合格には足りないなってところですね。

で、2日かけて、過去7年分の答えを確認して、宅建試験の2日前に、試験形式で、3年分ほどやってみた結果47~48点。

まあ、2回目で、答えを確認してから日にちが経っていないのでわかるのは当然ですが、わたしとしては仕上がったなという手ごたえがありました。

で、試験前日は、ユーキャンから送られてきた統計の資料を少し読んで寝る。

試験当日も統計資料だけ持って行っただけです。

で、試験は合格しました。

勉強時間はどれくらいやったかですが、真剣にやったのは3週間程度ですが、その期間は空いている時間はほぼ勉強していました。

寝てても夢の中で宅建の勉強をしている状態で、試験後3日間はほとんど寝ている状態になるくらいでした。

では、宅建の試験は難しいのか?

簡単ではないけど、そんなに難しくもない、やればできると思います。

真剣にやらないと、何年も落ちまくると思います。

何回受ければ受かるというものでもないですし、力が付かなければ何度でも落ちると思います。

実際に周りに何年も落ちている人がいました。

結局、定職があって、受からないといけないわけでもないので、本気で勉強ができてないのではと思います。

で、独学でも行けると思いますが、宅建は比較的範囲も狭いので、本代も1万円程度で揃うと思います。

ですが、ユーキャンのテキストのほうがかなりいいと感じましたし、最新の情報も届くので、ユーキャンの通信講座に申し込むのも有りだと思います。

6万くらいでしたかね。

わたしは、添削を受けたり、質問もしませんでしたが、まあ、あれば助かるという人もいるかもしれないですからね。

宅建の試験を受かるために大事なことは、勉強方法というより、「覚えてやる!」「理解してやる!」「絶対受かる!」という気持ちだと思います。

勉強しなければ、記憶に残らないですからね。

で、わたしは、宅建試験用の六法とか読みませんでしたが、たぶん必要ないのではと思います。

あと、わたしは宅建の時は受けていませんが模擬試験はやっておいたほうがいいかもしれません。

別に会場で受ける必要はないですが、自宅で受けられる模擬試験は結構あると思います。

宅建では受けませんでしたが、行政書士の試験前は、かなり模擬試験を受けて、合格にかなり役立ったと感じたので、予算と時間があればお勧めです。

まあ、適当な勉強ではキツイと思います。

本気でやらないと独学でも通信講座でも専門学校に行っても厳しいでしょう。

資格