フェーン現象とは何だ!暑いぞ!

フェーン現象とは何なのか?

学生の時に習うし、ニュースでもよく聞くフェーン現象、とにかく暑い時によく聞くし、熱風を運んでくるものだっけ?

フェーン現象とは具体的には何なのか?

知りたくなってきたので調べてみました。

調べてみると、ちょっと難しいですね、空気が山に沿って上昇すると空気は冷やされるのですが、下降する山で乾燥した空気は下がるほど温度が上がる。

で、上昇する時より、下降するときのほうが、温度の変化の幅が大きい、だから、熱い乾燥した空気がム~ンとする熱波となってやってくる・・・それがフェーン現象。

要するに、空気が山を越える時に、山を登るときより、降りてきたときのほうが温かく、乾燥しているから、気温が上昇して暑い!って現象ってことですね。

ただ、本来はフェーンとは、アルプスを越えてやってくる暖かい、乾いた風のことみたいですね。

ですから、細かいことを言えば、越える山が違えば、暖かく、乾いた風の名前は違うということなので、フェーン現象と言わない地域や国もあるようですが、世界的に、山を越えてやってくる暖かい、乾いた風をフェーン現象って呼んでいるってことですね。

山ごとに名称が違うのもね、やっぱりフェーン現象で統一したほうがわかりやすいですからね。

こういった原理で起こるフェーン現象ですから、山地が多い日本では比較的起こりやすい現象ってことですね。

海から風がやってきて、山を越え内陸にその風がやってきて気温が上昇。

だから内陸のほうは暑くなりやすいんですかね。

一応夏に多い現象ですが、冬にも起こります。

たまにありますよね、冬なのに、「今日は暑いな~」なんて日、フェーン現象が原因だったりするみたいですね。

あとは、フェーン現象って2種類あって、湿ったフェーンと乾いたフェーン。

湿ったフェーンは、上記で説明したもので、乾いたフェーンは、興味があれば詳しく調べてみるといいのですが、空気の上昇で山頂の冷たく、乾いた空気を押し出さなくても、山頂の空気が下降気流に乗り、降りてきて空気の温度が上昇して気温が上がる。

こんな感じですかね。

理屈がわかれば、少しは暑さも我慢できるかも?しれないし、「この暑さはフェーン現象かな?」なんて思って、少しは暑さが楽しめるかも・・・しれませんね。

国連事務総長かよく聞くけど具体的にはなんなのか?

国連事務総長というフレーズ、ニュースなんかでよく聞きますよね。

何となく、国際的な機関の重要な役職なんだろうなとは思うけど、具体的には何なんだろう?

気になってきたので調べてみました。

まず、正式な名称は、国際連合事務総長、英語でSecretary-General of the United Nations。

国際連合の国際連合事務局のトップ!

ちなみに国際連合とは、世界の平和を維持するために、社会、経済などで協力する国の集まり。

で、国連事務総長のお仕事は、組織の運営と国際連合加盟国の様々な社会、経済、平和に関する問題に対して解決、発言していくこと。

町内会の会長や地域商店の加盟店の会長みたいなものですかね?

規模は全然違いますけど、意外といい例えかなと思います。

国連事務総長の任命は?任期は?

国際連合安全保障理事会の推薦を受けて、国際連合総会より任命されます。

任期は決まっていませんが、5年ってことになっているようで、最長でも10年、そして、権力の集中を避けるために、常任理事国(アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・中国)を除き、各地域から大陸順に選出されるということ、任期やどこから選出されるかは、はっきりと決まっているわけではなく、慣例としてこんな感じってことみたいですね。

こうやって国連事務総長のことを見てみると、権力の集中を避けるために、常任理事国を除いているし、いろんな地域の国から選出されたりする配慮をしている以上、かなりの権力・発言力があるのですかね。

歴代国連事務総長

代理・グラッドウィン・ジェブ:イギリス
1代・トリグブ・リー:ノルウェー
2代・ダグ・ハマーショルド:スウェーデン
代理・3代・ウ・タント:ビルマ
4代・クルト・ヴァルトハイム:オーストリア
5代・ハビエル・ペレス=デ=クエヤル:ペルー
6代・ブトロス・ブトロス=ガーリ:エジプト
7代・コフィー・アナン:ガーナ
8代・パン・ギムン:韓国

7代目のアナン事務総長ってニュースでよく聞いた覚えがあります。

一番印象に残っています。

8代目も最近なのでわかりますが、他はまったく覚えが・・・もう少し関心を持っておくべきことですね。

台風の時期はいつ?!気になるあいつがやってくる

台風の時期っていつごろなんだろう?

ニュースで台風のことをやっていたので気になってきました。

毎年、台風が来始めると、まとめて来るような気がするし、だけど、年中発生しているような気もする。

そんなわけで調べてみました。

やっぱり一年を通して台風は発生するみたいですが、多い時期は、7月から10月ですね。

この辺は、やっぱりそうか!といった感じですかね。

発生数は、大体年間26回程度、結構発生してますね。

まあ、上陸せずにそれたり、消えてしまったりするわけですからね。

台風の接近数は、大体11回程度、やっぱり台風がそれました、なんてよくニュースで聞きますからね。

で、一番大事な上陸数、大体3回程度、ちょっと少ない気もしますが、こんなものですかね。

台風の上陸数が多い時期は、8月、9月ということです。

やっぱり台風で気になるのは、自分たちの住んでいるところに台風は来るのか?

日本に被害がでるのかが気になるところ、そう考えると重要なのは上陸数。

そういったわけで、台風は1年を通して発生はしますが、台風の時期は7月から11月ですが、上陸する時期は、7月から9月というところですね。

ただ、台風ってニュースなどを見ていると、まるで日本をめがけてやってくるように見えますが、上陸するほどそれやすいですよね?

ですから、地域によって、当然台風の接近数は変わります。

で!台風は日本の下のほうからやってきますから、当然日本列島の下側のほうが接近数が多く、上に行くほど、接近数減っていきます。

この差を調べてみるとかなりの差がありますね。

日本列島の南部である沖縄地方は、年間大体8回で、九州、四国、本州は3回程度、そして、日本列島の最上部北海道地方は2回程度、ちなみに伊豆諸島や小笠原諸島は5回程度と大目ですね。

こういったデータを見ると、年間、大体3回くらい台風がくるぞ!とニュースを見て思っているということですね。

確かに考えてみるとそんな感じかもと思います。

台風の最多・最少は発生数と接近数のデータ

台風の発生数

最多:1967年・39回
最少:2010年・14回

台風の接近数

最多:1960年・1966年・2004年・19回
最少:1973年・4回

台風の目とは何なのか?その意味は?

hurricane-92968_150

台風の目、台風の季節になるとよく聞く言葉ですし、何となく、こんなものだろうって理解はしている人が多いと思いますが、具体的に何なのか?って急に気になってきてしまったので調べてみました。

台風の目、英語ではeyewaii(アイ ウォール)ってことのようですが、目の壁?ちょっとしっくりこないですね。

the eye of a typhoonで台風の中心のほうがしっくりくるような気はするかな?

一応google翻訳にかけてみたら、Eye of the storm。

まあ、アイ ウォールのほうが簡単でいいですかね。

台風の目の意味としては、

熱帯低気圧の中心の目のような部分、渦を巻いた雲の中心部分で、雲が無い空洞な部分が台風の目ということ、その周りは暴風雨でも、中心部分には雲がないから晴れているということです。

ただ、目に近ければ近いほど、雨や風が強くなります。

で、台風は渦を巻いているわけですから、台風の目に入る前と後では風向きが逆になる、まあ、当たり前のことですね。

台風の目の大きさは、直径で言えば、20キロから200キロ、大雑把な例えですが、小さければ市くらい、大きければ県くらいってところですかね。

まあ、どこの市か県かで大きく違いますが・・・。

どうして台風の目が形成されるのか?

北半球では、反時計回り、南半球では、時計回りに、台風のもととなる積乱雲が渦を巻きながらまとまっていき、中心部に遠心力がかかる、ハンマー投げの室伏さんみたいな感じですかね。

そうすると、中心部に風が吹き込んできて、遠心力と気圧傾度力なるものがつりあい、風が中心に入れなくなる、そうなると、中心に入れなかった風が行き場を無くして上昇気流となり、中心の回るを渦を巻きながら上昇する。

そして、上昇することで、気圧が下がり温度が低下し凝結、積乱雲になる。

積乱雲は気流とともに上昇して、対流圏界面に達すると気流は滞る。

中心部は、渦を巻いた上昇気流により、積乱雲の壁を作り、気流が中に近づけず、中は穏やか、外は暴風雨。

ちょっと難しいし、本当はもっと細かな説明が必要ですね。

ただ、こうやって現象から考えれば、台風の目が英語でアイ ウォールというのも納得がいくと思います。

見た目で考えればthe eye of a typhoonのほうがいいかなと思います。

まあ、日本的には「台風の目」なんで気にする必要もないことですけどね。

セレウス菌によってどんな症状がでるの?調べてみました

セレウス菌は食中毒菌の一つということで、どんな症状が出るのだろう?と、ちょっと不安になってきたので調べてみました。

なんだか、熱にも強く、エタノール系の消毒液なんかにも強い菌がいるようで、ちょっとやっかいな菌のようですね。

セレウス菌による感染症は2つ。

セレウス菌に汚染された食べものを摂取したことによる食中毒と血液に菌が入ってしまった場合に起こり得る菌血症。

まあ、よくセレウス菌で問題になるのは食中毒のほうですね。

で!

セレウス菌によって起こり得る食中毒の症状には下痢型と嘔吐型の2種類があって、

下痢型は・・・菌を摂取してから8時間から16時間程度で症状があらわれ、1日程度続くようです。

症状は、下痢・腹痛といったものと、吐き気がでることもあるようですが、比較的軽度な症状で、1日程度で回復することがほとんどということです。

続いて嘔吐型は・・・菌を摂取してから1時間から6時間程度と、比較的早く症状があらわれ、8時間から10時間程度続き、人から人へと感染することは少ないということです。

症状は、その名前の通り、嘔吐、こちらも比較的軽度な症状であることが多く、1日程度で回復することがほとんどということです。

このように、基本的には、下痢型も嘔吐型も症状は軽く、発症してから1日程度で回復するようです。

ちなみに、このセレウス菌による食中毒は日本だけでなく、欧米などでも発生例が確認されていて、日本では嘔吐型が多いということです。

■セレウス菌による食中毒予防方法

一般的な当たり前のことですが、新鮮な食材を使うということと、もう一つは、ちょっとやっかいなのですが、原因の大半が、加熱調理後に保存した結果、食材の中にセレウス菌の一部が生き残り、それが増殖することで起こってしまっているようなので、調理後の食品を保存しないということが大事なポイントのようです。

ただ、焼き飯や焼きそばなどを沢山作って、残った分を冷蔵庫で保存して明日食べることってよくあることだと思うので、現実的には完全に予防することは難しいことのようですね。

調理の時に、しっかり加熱して、常温で放置せず(菌が増殖しやすい温度なので)、冷蔵庫にスグ入れる・・・というのがいいようですが、調理した食材を冷やさずに冷蔵庫に入れるわけにもいきませんし、結局は、作り置きせず、調理後スグに食べるのが一番の予防方法かもしれませんね。