激安こたつを探してみた結果

kotatsu
激安こたつを探している・・・と言っても、人によって求めることは違いますよね。

方法はともかく、とにかく安いこたつがほしい。

家具調こたつの安いのがほしい。

買いに行けないから通販がいいなど、希望する条件は人それぞれ。

そんなわけで、安いこたつを求めて、オークション、通販、家電量販店、ホームセンター、リサイクルショップを調べてみました。

まず、一番安いのは、オークションとリサイクルショップでした。

まあ、オークションの場合新品もありますが、基本中古なので当たり前と言えば、当たり前ですが、ただ、中古は嫌だ、オークションは使ったことがないから不安、面倒って方も多いと思います。

ただ、リサイクルショップは結構おすすめかなって思います。

例えば、家具調こたつは、いいものは、2万、3万としますし、安いものでも、9000円台が大半、ホームセンターあたりで探せば、8000円台、稀に7000円台のがある程度と、カジュアルこたつに比べてかなり高いものです。

ですが、リサイクルショップなら、中古とはいえ、3000円台家具調こたつがありましたし、4000円台ならいくつか見つけることができました。

そんなわけで、家具調こたつをカジュアルこたつ並みの値段でってことなら、リサイクルショップを探してみてはどうでしょう。

次に、こたつを買いに行けないから通販がいいってことでしたら、やっぱり楽天で探すのがいいのではないでしょうか?

やっぱり、数多くのお店から探せるので、安いものが見つかりやすいですが、やっぱり値段的には、ホームセンターと同じくらいだと思います。

家具調こたつは、9000円台、カジュアルは3000円台、この辺が安いこたつの相場だと思います。

次は、新品をお店でってことですと、比較的家電量販店は高いかなって気がします。

ホームセンターより高いというより、あまり安いこたつを置いてないって感じですね。

お店で安いこたつということでしたら、ホームセンターを回ってみるのが良いと思います。

カジュアルこたつは、3000円台と、他の購入方法と変わりませんが、家具調こたつは、8000円台、7000円台のものが見つかる場合があります。

新品のこたつということであれば、オークション以外では一番安いのではないでしょうか。

そんなわけで、中古でもいいから安くってことならリサイクルショップ。

通販なら楽天。

お店で買うならホームセンターがいいのではないでしょうか。

ベンチャービジネスとは?気になったので調べてみました

chart-line-148256_150

ベンチャービジネスとは何か?

よく聞く言葉ですよねベンチャービジネスって、で、何となく知っているつもりでしたが、あんまり深くベンチャービジネスとは?なんて考えたことがありませんでした。

そんなわけで気になってきたので調べてみることにしました。

まず、ベンチャーとは、冒険、投機、財産をかけるといった意味で、リスクのある事業に挑戦するってことのようです。

えっ!ベンチャービジネスってリスクを前提としたビジネスなんですか?

まあ、なんでもリスクはあるでしょうが・・・そうなんですか。

で、どんなリスクがあるかですが、財産を失う、借金を背負うといったことですね、まあ、この辺はそのままですね。

そういったリスクを背負って大きな成功を得るための事業がベンチャービジネスですか。

ただ、こんな意味の説明もありますね。

新技術、高度な専門性を有し、創造的で革新的な事業を行う、新興企業。

こっちのほうがベンチャービジネスの意味だと思っていますが・・・どうなんでしょう。

ビジネスですから、なんらかのリスクはあるものだと思うし、むしろベンチャービジネスすべてが大きなリスクがあるとも思えないですね。

新技術、高度な専門性を有し、創造的で革新的な事業を行う、新興企業というほうが、ベンチャービジネスの意味としてしっくりきます。

リスクを前提としたビジネスは、投資家目線からの意味のような気がしますが、調べてみると、やっぱり大半が、新技術などの革新的な経営をする新興企業ってことですね。

もっと調べてみると、資金のない、革新的な技術をもつ起業を志す人に、投資家出資して起業する。

で、成功すれば投資家は大きな利益を得て、失敗すれば出資金が・・・ってベンチャーの歴史があるようです。

ですから、投資家から見ればリスクあるビジネス。

起業家から見れば、革新的な技術、創造性を持つ、新興企業ってことですね。

ただ、こうやって意味を調べてみると、ベンチャービジネスは日本では難しそうですね。

リスクを負う投資家がいないと始まらないですからね、銀行に借りて始めたら、それはベンチャービジネスって感じではないですからね。

宵の明星とはどんな意味?見ることができる季節は?

venus-11022_150

宵の明星とはどんな意味なのだろうか?

そして、見ることができる季節とかあるのだろうか?

まあ、なんとなく金星のことを言っているのはわかるけど、詳しくは知りません。

ということで気になったので調べていることにしました。

宵の明星とは日没後に西の空で見ることができる金星のこと・・・それだけ?

もっと特別なものではないの?

夕方に特別に際立って明るい星ってことで、見ればスグわかる、それが宵の明星。

もっと特別なものだと思っていた・・・。

確かに、まだ明るいうちに見える金星は目立つ、金星が宵の明星だとも知っていたが、その見える金星の中で特別な日があって、それが宵の明星だと思っていた・・・。

確かにね・・・存在感はあります。

明るいうちから光っているから目立つし、おっ!金星だって気にもなりますが、それが宵の明星ですか・・・。

まあ、考えてみればわかることですよね、夕方に見ることができるから宵の明星、明け方に見ることができるのが、明けの明星、この2つの言葉を考えればわかったことなのに・・・。

そうか、ただ、夕方に見える金星が宵の明星か・・・知らなかった。

で、宵の明星が見ることが出来る季節についてですが、その年によって違うようですね。

まあ、太陽から見て、地球より内側を回っているわけですからね。

当然夜中には見えないですし、とりあえず、2013年の間は見ることが出来るようですね。

そして、来年の2月あたりから明けの明星が見られるらしいです。

そう考えると、見られるときに見ておいたほうが良いのかもしれませんね。

2013年の12月は結構いいみたいです。

そんなわけで、12月になったら夕方の5時くらいに探してみるとスグに見つけられると思います。

2014年になって明けの明星になる前に見ておいて、どちらがよかったか比べるのもありかもしれませんね。

PM2.5対策ってどういったことがあるのだろうか?

asia-77859_150

PM2.5対策はどういったものがあるのだろうか?

PM2.5は体に悪い物質も多くあるようだし、そもそも非常に小さく(2.5μm(1μmは1mmの千分の一)以下の大きさの粒子)肺の奥に入りやすい。

そんなわけで、何か対策が必要かなと思い調べてみました。

基本、PM2.5を削減すべき対策をしている日本でも、工場や車が沢山走っていれば、それなりの濃度にはなります。

そして、PM2.5はよそからもやってくる・・・こないようにできないなら、肺に入らないようにする努力は必要、どうするか?

結局マスクみたいですね、それも普通のマスクでは止められないので、PM2.5に対応できるマスクですね。

N95という規格のマスクがいいようで、0.3μmの粒子でも95%防げるということなので、2.5μm以下のPM2.5でも防げるということですね。

後は、空気清浄器もある程度の効果が期待できるらしいので、考えておくのもいいかもしれません。

調べると、PM2.5を意識した商品が沢山あるのでスグに見つかると思います。

まあ、本当に対策が必要なら国から何か言ってきそうな気はしますが、後手に回らないように、自分から情報を積極的に仕入れて対策をすることを考えておくのもいいでしょうね。

ただ、理想は、PM2.5を発生を抑えることが必要ですよね。

先進国でも経済発展の代償と言った感じで、PM2.5の濃度が上がり、WHOが減らせ!ということで、対策を行って減らすことができたわけですし、環境技術で結構減らせるようですからね。

ただ、経済発展すれば、どうしても濃度は高くなる、車は増えるし、コストを考え質の悪い燃料を使う・・・。

PM2.5の発生原因が増える、減らせよ!って言ってもね・・・、まあ、個人で対策をするしかないですかね。

濃度が高いときは外出を控えて、必要があれば、対策されたマスクをして外出する。

余裕があれば、対策された空気清浄器を用意する・・・こんな感じですかね。

PM2.5とは?そして原因は何?気になったので調べてみました

asia-77859_150

PM2.5とは何?

その原因は?

PM2.5、ニュースなどでよく聞く言葉ですが、良いものではないようですね、そんなわけで詳しく知っておいたほうがいいかなと思い調べてみることにしました。

PM2.5とは、日本では、微小粒子状物質とも言われるもので、2.5μm(1μmは1mmの千分の一)以下の大きさの粒子で、非常に小さい粒子のため肺の奥に入りやすく、呼吸器系・循環器系影響を与える可能性があると言われているものです。

では、PM2.5はどのような原因で発生するのかですが、何かを燃やしてでた物質、風などで空気中に舞い上がった砂、工場や建設現場で発生する粉じん、排気ガス、石油などの揮発性物質などによって発生します。

で、よく言われるPM2.5ですが、人の健康に悪影響を与えるPM2.5の定義に当てはまる大気汚染物質のことを言っているようですね。

そんなわけで増えては困るものなので、WHOなどが減らせ!って言っていることもあり、先進国ではかなり減らせているようですが、そうでない国ではPM2.5対策が進んでいないので排出量が多く、大気中のPM2.5の濃度が高く、かなり問題になっているということです。

そんなわけで、日本もPM2.5の発生を減らす努力はしてますが、車が多く走って、工場もある場所では、それなりにPM2.5の濃度は高いということですね。

さらなる環境技術の開発が必要なわけですね。

で!問題になっている中国で発生しているPM2.5ですが、黄砂もありますし、車も増えていますし、文化として爆竹、花火も沢山使いますし、質の悪い燃料の使用、環境設備対策の遅れなどがあるわけで、どしても大量にPM2.5を大量に発生してしまいます。

どうしても経済発展を優先するとそうなりますよね。

世界各国がそうだったわけですから、ですが、人体に影響がある以上、中国はもちろん、世界で対策が必要なものですよね?

自分達の国で発生しているのだから、自分達で何とかしろよ!って言ってもね・・・。

協力してなんとかするしかないでしょ。

それが現実的、まあ、黄砂対策は難しい気もしますが・・・。

日本で観測されるPM2.5だって中国だけが原因なわけでもないですし、日本でも発生するものですからね。

国民の祝日の日数って何日?その一覧は?

arizona-165094_150

国民の祝日の日数って年間何日あるのだろう?

そして、国民の祝日の一覧が知りたい!

と思い、調べてみることにしました。

国民の祝日って特別な日ではありますが、臨時の休みって感じもするし、沢山あるとうれしいのですが・・・まあ、多すぎると休み癖が付きそうですがね。

まず、国民の祝日の日数は年間何日か?

15日ということですね。

では、国民の祝日の一覧。

■元日:1月1日

年の初めを祝う日です。

■成人の日:1月の第2月曜日

大人になったことを自覚して自立する青年を励ます日です。

■建国記念日:2月11日政令で定める日

建国を祈念する日です。

■春分の日:春分日

自然をたたえ、生物をいつくしむ日です。

■昭和の日:4月29日

激動の昭和を思い出す日です。

■憲法記念日:5月3日

日本国憲法の制定を記念する日です。

■みどりの日:5月4日

自然に感謝する日です。

■こどもの日:5月5日

子供の人格を重んじ、幸福をはかるとともに、母に感謝する日です。

■海の日:7月の第3月曜日

海の恩恵に感謝する日です。

■敬老の日:9月の第3月曜日

老人を敬愛し、長寿を祝う日です。

■秋分の日:秋分日

先祖をうやまい、なくなった人をしのぶ日です。

■体育の日:10月の第2月曜日

スポーツにしたしみ、健康な心身を培う日です。

■文化の日:11月3日

自由と平和を愛して、文化をすすめる日です。

■勤労感謝の日:11月23日

勤労を互いに感謝しあう日です。

■天皇誕生日:12月23日天皇の誕生日

天皇陛下の誕生日です。

こうやって国民の休日の一覧を見てみると、意味を知らない日があるし、思っていたのと全然違う意味の日がありました。

ん~勉強になりました。

やっぱり、一度勉強しておくべきですね。

ただ、うまく分配しているな~なんて気もします。

もちろん日本国民として祝う、記念すべき日だなってのはありますが、そうでもないのでは・・・なんて日もあるかな、実際に日にちが変わったこともありますからね。

今後も若干の変化はあるでしょうね。

6月と8月は国民の祝日はないわけですが、まあ、8月はお盆もありますし、いいのですが、6月に一日ほしいですね・・・できませんかね。

まあ、日本の国民の祝日は先進国の中で一番多いということですから、これ以上は増やせないかもしれませんが・・・でも、有給をとらない人が多いのですから、国のほうで休みを作るのもありなのでは・・・なんて気もしますが、どうですかね。

初冬とは?時期はいつ?気になったので調べてみました

fir-76773_150

初冬とは何でしょう?

そして、時期はいつ頃?

何月が初冬?

気になったので調べてみることにしました。

まず、初冬の読み方は、「しょとう」「はつふゆ」ですね。

陰暦の10月の別の呼び名が初冬ってことらしいです。

ん?意味がわからないですね・・・。

陰暦の10月って・・・。

で、初冬の時期はいつ頃かですが、11月の上旬から12月の中旬あたりってことのようですが、絶対ココって明確なものではなく、一般的にこのあたりってことのようです。

そんなわけで、晩秋と結構かぶってますね、晩秋が11月の下旬から12月の上旬あたりですからね。

まあ、秋の終わり頃の晩秋と冬の初め頃の初冬、季節の変わり目なんて明確なものではないですからね。

大体合っていればいいのですかね?

では、二十四節気で見るとどこか?

小寒-大寒-立春-雨水-啓蟄-春分-清明-穀雨-立夏-小満-芒種-夏至-小暑-大暑-立秋-処暑-白露-秋分-寒露-霜降-立冬-(この辺から初冬)-小雪-大雪-冬至

と考えればよさそうです。

一応晩秋は、霜降あたりからなので、これでいいと思います。

前にも暦関連のことを調べたことがあるのですが、いまいちハッキリしてなくわかりにくい・・・誰か詳しい人に丁寧に教えてもらわないとわからないですね。

そういえば、初冬って時候の挨拶で使うことがありますよね?

初冬の候って、で、使う月が11月と12月で、前後の10月と1月にはないので、やっぱり初冬と言えば11月と12月、で、その月の中でも適切なタイミングが、11月の上旬から12月の中旬あたり、時候の挨拶で考えれば、結構この時期で納得できるかなと思います。

12月の下旬になると、もっと適した時候の挨拶がありますからね。

まあ、暦とか、時候の挨拶とか二十四節気とかで考えると難しくなりますが、そろそろ冬だなと思う頃が初冬ってのが一番な気がします。

体感、植物、気象現象なんかで判断するのがわかりやすいでしょうね。

赤口とはどんな意味?その読み方は?調べてみました

赤口とはどんな意味があるのでしょうか?

六曜の一つである、赤口ですが、同じく六曜の一つである大安や仏滅に比べてややマイナーな感じはあります。

ですが、当然なんらかの意味があるわけですが、少し気になったので知らべてみることにしました。

どんな意味があって、読み方は何なのでしょうか?

まず、赤口の読み方は、「しゃっく」、「しゃっこう」など、他にも、「じゃっこう」、「せきぐち」などがありますが、一般的にはしゃっこうやしゃっくですかね。

他の六曜に比べて、しっくりこない読み方な感じがします。

で、赤口の意味ですが、凶日ということで、何をするにも悪い日、ただし、正午だけは良い、法事もOKということです。

赤口って結構悪い日なんですね・・・。

ということは、大雑把なくくりですが、六曜の中でいい日は、大安と先勝で悪い日が仏滅、先負、友引、赤口ということですね。

そのわりには、大安と仏滅ばかりが有名ですよね。

なんででしょうか?

六曜の一番いい日とされる大安と一番悪い日とされる仏滅は社会的にも影響力があるわけですが、他の六曜の影響力はいまいち弱いですよね。

ただ、六曜を調べてみて、なかなか面白かったです。

午前が吉の先勝、正午が吉の赤口、午後が吉の先負、様々な行事を避けるべき日も色々あり、勉強になりました。

まあ、六曜なんて気にしないって人も多いでしょうが、一応社会的な影響力は感じることがあると思います。

引越しは大安の日が高い傾向があるし、結婚式も仏滅が安くなる場合もありますからね。

他にも大概のカレンダーに六曜が載っているわけで、友引の日は葬儀を避けろ、何かをするなら、大安、先勝がいい、仏滅の日は祝い事は避けろ、先負の日はことを起こすなという教えがあるわけですし、多少は六曜のことを知っておいてもいいのではないでしょうか?

気にしない人、気にする人がいるわけですから、知っている人なら、そういったバランスもとれると思いますから、まあ、解釈で意味が変わってしまう場合もあるので難しいところもありますけどね。

団塊の世代良く聞くけど具体的な意味はなんだろう?

chart-line-148256_150

団塊の世代、ニュースなどでよく聞く言葉ですね。

何となく、ベビーブームの世代で日本の経済成長にかかわってきた世代なのかなーなんて思っていますが、具体的にはどういった意味なのでしょうか?

気になってきたので調べてみることにしました。

で、何で団塊の世代なんて呼ばれているかですが、堺屋太一の小説で「団塊の世代」ってのがあって、戦後のベビーブームの世代の人生ドラマが描かれ、その中で人口高齢化問題などが書かれていたことから、その世代を団塊の世代って言うようになったってことです。

こういったネーミングってどうなんでしょう、まあ、それで一般的になっているのだからいいのですが、サッカーの無慈悲世代とか、なんだか微妙な気がします。

で、団塊の世代とは?

第一次ベビーブームに生まれた人たち、日本の戦後の高度経済成長を経験しつつ、バブル景気、失われた20年を経験し、人口比率においても突出していて、良くも悪くも、日本社会に影響を与えている世代ってことですね。

なるほど、今の日本を作り、支えてきた世代ってことですね。

で、第一次ベビーブームは、1947年~1949年の3年間、意外に短い期間ですね。

この3年間の出生数は、800万人以上ということです。

これは、戦時中、戦後で結婚・出産を控えていた人たちが、一気に婚姻・出産したことが原因ってことみたいですね。

で、団塊の世代が子供の時代は、比較的貧しい時代で、大学の進学率も低く、高卒、中卒が多かったってことです。

確かに、この世代の人は中卒が多い気がしますね。

で、大人となり、高度経済成長中の日本は、働き手を求めていたことも有り、この世代が必死に働き、日本経済を支えた、ただ、社会への不満、反発も大きく、学生運動も活発だった世代、まあ、この世代は人口も多く、活発で激動的な時代だったってことですかね。

で、この世代が独立して、家を求め、住宅不足に・・・凄い時代ですね、そして、40歳前後でバブル経済で仕事に遊びにイケイケ状態・・・バブル崩壊。

で、定年の時期、人口が多いだけに、人で不足、雇用を続けるにも大きなコスト増大につながる、さらに年金受給者の増大で年金問題が・・・困った。

ただ、この世代は人口も多く、お金を持っている人も多いということで、経済的な期待もあるということです。

まあ、凄い激動の時代を生きてきた世代ってことですね、なんとなく自身に満ち溢れている人が、この世代には多いように感じますが、どうなんでしょう。

先勝とはどんな意味があるのだろう?読み方は?

先勝とは、どんな意味があるのだろう?

そして、その読み方は?

カレンダーでよく見かける六曜、その中の超メジャー六曜である大安、仏滅に隠れる先勝とはどんな意味があるのか?気になったので調べてみることにしました。

 

先勝の意味は、「先んずればすなわち勝つ」、用事や勝負事を行うのにいい日ってことで、何事も先に、早く、やるといいことがあるかもよ!って日。

そんなわけで、午前中は吉、午後は凶などとも言われています。

字を見れば悪い日ではないと思いましたが、先勝はなかなかいい日ですね~。

先手必勝って感じですね。

では、先勝の読み方は、「せんしょう」、「せんかち」などが一般的な読み方で、他には「さきがち」、「さきかち」ですね。

先勝っていい日ですね、何かをするのにいい日なわけですから、大安。仏滅ばかりが有名ですが、先勝ももっとメジャーな存在になってもいいような気がします。

六曜って結構社会に影響があるわけじゃないですか?

大安は、引越し屋が高い傾向があるし、結婚式も仏滅を避けますよね?

先勝の意味を考えれば、もっとメジャーであるべきでしょ。

六曜の中で一番いい日が大安、悪い日が仏滅とはされていますが、意味だけを見れば、先勝は大安に負けてないように感じますが、ただ、先勝は先に、早く、午前などの限定条件があるのがマイナスポイントなのかもしれませんね。

その点、大安は何かを始めるのにいい日ってことですから、まあ、大いに安息する日なんて説もありますが、社会全体的にはいい日ととらえるのが一般的、限定条件なしでいい日である大安に分があるということですかね。

ですが、字を見ても、意味を見ても、勝負に適した日って気がしますよね?

それも先手で、行動する理由に最適な気がしますが、どうなんでしょう。

まあ、社会的には、大安、仏滅、場合によっては友引くらいしか気にしてないように感じますが、先勝のことを覚えておいてもいいのではないでしょうか?

大きめのカレンダーなら大概載っている六曜なわけだし、少し気にしてみるのもいいかもしれませんね。