大寒とは何?時期はいつ?気になったので調べてみました

winter-198447_150

大寒とは何?

時期はいつ?

字を見るからに凄い寒そうだし、二十四節気で見たことがある言葉だけど、少し気になってきたので調べてみました。

まず大寒の読み方は「だいかん」そのままですね。

時期はいつなのか?

1月20日ということです。

二十日正月とかぶるのですね。

期間は1月20日から2月3日までと考えられてますね。

では、大寒とは何なのか?

二十四節気の第24。

小寒-大寒-立春-雨水-啓蟄-春分-清明-穀雨-立夏-小満-芒種-夏至-小暑-大暑-立秋-処暑-白露-秋分-寒露-霜降-立冬-小雪-大雪-冬至

一年の中で最も寒さが厳しくなる時期ってことですね。

字の通りですね。

確かに、実際の感覚でもこの辺の時期は寒いですよね、早朝、車に乗るときの寒さは強烈です。

エンジンスターターがほしいですね。

二十四節気を見ても最強の寒さを表している感じがしますね、ただ、小寒から大寒で立春!?

って気はします。

字をそのまま見れば、少し寒い、凄く寒い、いきなり春?って、寒さのピークを過ぎたら、それが春の兆しってことですかね。

で、大寒ならではの行事などはあるのでしょうか?

耐寒のための様々な行事が行われるようです。

寒さを利用した一種の修行のようなものが多いですね。

水を使った修行、武道などの稽古などですかね。

この時期は、こういった水行的なものの映像をテレビなどでよく見かけますよね、寒いのによくやるな~なんて思いますが、寒くなると行動力が落ちてしまう方って多いと思いますが、気持ちを入れなおして寒さに負けないためにはいい行事なのかもしれません。

やりたくはないですけどね。

あとは、寒気を利用して作る食材なんかをしこむ時期ですね。

凍り豆腐、寒天、酒、味噌などですね。

自分でこれら食材を作る方は少ないとは思いますが、寒い時期の味噌を使った料理って美味しいですからね。

寒い時期に野外のイベントなどで配られたりする料理も味噌を使った料理が多いですからね、まあ、食べる時期ではなく、しこむ時期なので関係ない話ですが、大寒は一年の中で一番寒い時期!ということです。

小正月とはどんな意味どんな習慣・行事があるの?調べてみました

小正月とはどんな意味があるのでしょうか?

正月に比べて意識することがかなり少ない日な気がしますが、少し気になってきたので調べてみることにしました。

字を見ると小さい正月ですが正月関連の日なのでしょうかね。

まず、小正月の時期は、1月15日が一般的、ただ、14日、15日、16日の3日間を小正月と言ったり、1日から15日までを小正月と言うこともあるようですね。

次、小正月の習慣としては、小豆粥を食べるってのがかなり古い時代の書物などに書かれているようです。

まったく知りませんでした。

もっと1月15日は小豆粥を食べよう~ってアピールしないのですかね。

そうですか……小豆粥食べたことないです。

何となくイメージですが甘さとしょっぱさのマッチングがよさそうで美味しいかもしれません。

で、行事はどんなことをするのか?

豊作祈願や家庭的行事が中心で正月とはかなり傾向が違う行事ですね。

他にも、正月に大忙しだった女性に休んでもらおうってことで、この日は女性に休んでもらう日ってことで女正月と言ったりするってことですね。

そうなんですか、まったく聞いたことがありませんでした。

ですが、正月のおせち料理って女性が休めるように、日持ちするものを作るって話を聞いたことがありますが、何となく内容が被る気がしますが、まあ、何にしても正月は忙しいですからね。

あとは、地域によって日にちは違うようですが、「どんど焼き」なんかも小正月の行事ってことになっているようですね。

小正月について調べてみましたが、いまいちピンとこないです。

多少はどんど焼きが小正月の行事って認識があるくらいで、あまり生活の中で気にしない日かなって気がします。

どんど焼きをする人たちはそうでもないと思いますが……。

それでも、昔からある習慣、行事って大切にしたほうがいいと思うので、小豆粥は食べてみようかなって思います。

初春とは?時期はいつ?何か意味はあるの?調べてみました

 

seasons-158601_150

初春とは?

時期はいつ?

何か意味はあるの?

と、初春について気になってきたので調べてみることにしました。

まず、初春の読み方、「しょしゅん」「はつはる」

で、時期はいつ頃か?

まあ、字のまま春の初めってことです。

春の初めっていつだ!

ってところですが、なんだか複雑で、初春って旧暦の1月ってことになっているのですが、旧暦の1月って新暦の1月の下旬から3月の上旬ってことですから、初春は1月の終わり頃から3月の初め頃と思えばいいと思います。

まあ、寒さ全開の1月、2月を初春?とは思いますが……。

あと、初春は新春と同じ意味ととらえられているようなので、そう考えると正月が初春ってことになるわけですがどうなんでしょう。

そうなると、1月の下旬からではなく、1月の頭から3月の上旬が初春とも考えられます。

ちょっとはっきりしませんね。

まあ、季節のことですから、ピッタリ月、日にちで変わるものではないでしょうが……。

ちょっと納得できないので、二十四節気から初春を見てみます。

二十四節気では、初春は立春から啓蟄の前日までってことなので、立春が2月4日あたりで、啓蟄が3月6日あたり。

二十四節気で見てみると、2月の上旬から3月の上旬、時期的に初春としていい感じではないでしょうか?

旧暦から見る初春が1月の下旬から3月の上旬ですから、二十四節気から見る初春とズレが少ないですから、これで考えるのがいい気がします。

まあ、歌舞伎で初春狂言ってを正月にやるようなので、それから考えれば初春と新春を同じと見た場合の初春が正しいともとれますが、やっぱり旧暦と二十四節気から見た初春のほうがいいのではなんて思います。

まあ、はっきりとしたものではないですし、当ブログとしては、初春は、1月下旬か2月上旬あたりから、3月上旬までってことでどうでしょうか?

なかなかいい感じだと思いますが、どうですかね。

鏡開きとは?気になったのでいろいろ調べてみました

024939

鏡開きとは?

まあ、なんとなく正月に供えた鏡餅を下げて食べる日と思っていますし、間違ってはいないでしょうが、もっと詳しく知りたいなと思い調べてみることにしました。

■鏡開きの意味

正月に供えた鏡餅を、神仏に感謝しつつ供えられたものを頂いて無病息災を祈って食べるということです。

まあ、大半の人が思っている意味そのままですね。

神仏に供えた鏡餅には、神仏の力が宿り、それを頂き食すことで、無病息災ってことですね。

で、鏡開きの由来。

もともと武家で、鎧などに供えた餅を下げて食べたり、女性が鏡台に供えた餅を開くことを祝うなどの習慣が一般的な鏡開きになったということなので、切腹を連想させる割るって言葉はなじまないようで、鏡開きって言ったほうがいいようです。

同じ意味で刃物で切るのではなく、手や木槌で割り、切る、割るを避けて開くという言い方をするようです。

ですが、鏡開きを鏡割りって言う方もいますよね?

割るではなく、割りだから問題ないのでしょうか?

まあ、叩いて割るにしても、割るって表現自体を避けたほうが良いのでしょうかね。

見た目は、どう見ても叩き割って、さらに砕いていますが・・・。

何にしても、鏡開きと言っておけば間違いないでしょう。

で、鏡開きはいつやるのか?

1月11日ってことですね。

京都府や一部の地域では1月4日、他にも1月15日から20日の間に行うというところもあるようですね。

ですが多くの地域では1月11日。

鏡開きについては、様々な意味、由来がありますが、大半は、多くの人が知っている通り、1月11日に鏡餅を開いて(叩き割って)、無病息災を祈って雑煮、お汁粉などにして食べるってことなにで、このように思っておけばいいのではないでしょうか?

大事なことは割ると言わずに開く、刃物を使わずに叩いて割るってことですかね。

仕事納めいつ?何日?意味は?って気になったので調べてみました

仕事納め……素晴らしい言葉ですね。

今年の仕事も終わった!

「良いお年を」って感じですが、仕事納めはいつ、何日?

何か深い意味でもあるのかと気になったので調べてみることにしました。

仕事納め、本来の意味的には、年末の最後の仕事の日のことですが、日本の官公庁は、法律で12月29日から1月3日までを休日とすることを定めており、12月28日をその年の仕事納めってことで、御用納めになります。

で、一般的な企業もこれにならい12月28日を仕事納めとするところが多い。

12月28日が土曜日や日曜日の場合は、その前の日を仕事納めの日とすることが多い。

後は、仕事によって違うみたいですね、ギリギリまでやってくれなくては多くの人が困るような仕事の場合は12月30日までやるところもあるってことですね。

例えば銀行とかですね。

ただ、一般的には12月28日が仕事納めってことです。

仕事納めについて、何か深い意味でもあるのかなって思って調べてみましたが、特にコレといったことはないようですね。

ただ、官公庁に関しては、法律で定められている休みですから、そういった意味では特別な休みと言ってもいいかもしれません。

でも、仕事納めって最高ですよね。

まあ、片づけなければならないこと、仕事始めをスムーズに進めるための段取り、やることは沢山あるものですからね。

納期があり、それが迫っているようだと気になってしまいますよね。

それでも、何とも言えない開放感のある日、長期の休みの期間よりも、長期の休みに入る前の日が一番楽しい気分だったりしますからね。

これで、「今日残業頼むよ」なんて言われたら一気にテンションガタ落ちですけどね……。

気持ちよく終わりましょうよ、まあ、仕事がある以上仕方がないですけどね。

失脚とは何?その意味は?気になったので調べてみました

失脚とは何?

その意味は?

失脚、それなりによく聞く言葉ですし、何となく意味もわかっているつもり・・・ですが詳しい意味は知りません。

ですが、急に気になってきたので調べてみることにしました。

■失脚の意味

指導的な立場にいるものが、失敗や他からの圧力によりその立場から離脱させられること。

やっぱり、こういった意味ですよね。

それでは、立場が最初からなければ失脚することもないというわけですね。

まあ、たいした立場がなければ他から責められることもないですからね。

失脚の意味はこうなっているので、例えば前回の選挙で当選した政治家が、次の選挙で負けても失脚ではないということですよね。

別に、失敗でもなければ、他の圧力で今までの立場から離脱させられたわけではなく、単純に法の手続きにより選挙をして、負けただけですからね。

失脚のポイントは、自分以外からの圧力によってってところですね。

で、一度失脚すると、復帰は極めて困難になるということです。

なぜか?

失脚は、その立場、地位を失うことで、間接的に、その人の人脈、情報網、なども失われる傾向があり、まあ、中には、それでも付いてきてくれる人もいるようですが、実質、這い上がるための術も一緒に奪われてしまうようですね。

それだけ失脚するということは大きいなことということですね。

次に、なぜ漢字が失脚なのか?

いくつか意味はあるようですが、足を踏み外すってことが一般的なようです。

でも、それでは、自分のミス的な要素が強いですよね、失脚の意味を考えれば、足を踏み外されるのほうがいいかも・・・まあ、変な言葉になっていまいますがね。

次、英語にすれば、新たな発見があるかってことで、失脚を英語で、a downfall、a fall、つまり没落、落ちると同じような意味ですね。

こうやって失脚の意味を調べてみると恐ろしいですね、実質ミスで失脚するというより、ミスさせられて失脚するってのが本当のところな気がしますし、結局足の引っ張り合い。

それと、もう一つ、失脚させる方法を調べている人がいるのですね。

そうなってくると、失脚しない方法ってのも調べる必要がありますよね。

二十四節気とは何?その意味は?調べてみました

season-163528_150

二十四節気とはなんでしょう。

どんな意味があるのでしょうか?

大概のカレンダーに載っていますが、ということで調べてみることにしました。

二十四節気とは、太陽年を太陽の黄道上の視位置によって24等分して、その分けたものに、その季節を表す名前を付けたものです。

そんな二十四節気の中で、もっともメジャーなものは夏至や冬至ですかね。

二十四節気を知らなくても、夏至や冬至は聞いたことがあるという方も多いと思います。

夏至は一番昼が長い日、冬至は昼が一番短い日です。

で、二十四節気ってなんて読むの?

というところですが、一般的には、「にじゅうしせっき」です。

■二十四節気一覧

・立春(りっしゅん)

2月4日頃

寒さも明けて、春の気配を感じる頃。

まあ、実際には、まだまだ、冬全開な時期ですけどね。

・雨水(うすい)

2月19日頃

雪や氷が溶けて、水、雨になる頃。

まあ、そんな感じの季節ですかね。

・啓蟄(けいちつ)

3月6日頃

冬ごもりしていた虫たちがでてくる頃。

虫、虫、虫って感じですか?

・春分(しゅんぶん)

3月21日頃

昼と夜が等しくなる頃。

へえ~、そうなんだ。

・清明(せいめい)

4月5日頃

すべてのものが生き生きとする頃。

まあ、花の種類にもよりますが、花が咲く季節って感じがしますからね。

・穀雨(こくう)

4月20日頃

穀物を潤す雨が降る頃。

そんな感じですね。

・立夏(りっか)

5月6日頃

草木が目立ち、夏の気配を感じる頃。

まあ、そんな気がしなくもないですが・・・。

・小満(しょうまん)

5月21日頃

麦などが穂をつける頃。

そんな時期ですね。

・芒種(ぼうしゅ)

6月6日頃

種まき、穀物を植える頃。

そうですか。。

・夏至(げし)

6月21日頃

一年でもっとも日が長い日。

超メジャー二十四節気ですね。

・小夏(しょうしょ)

7月7日頃

徐々に暑くなってくる頃。

最近は、もうこの辺で暑さ全開って感じもしますかね。

・大暑(たいしょ)

7月23日頃

もっとも暑さが厳しい頃。

そうですかね、まあ、その年によって違いますからね。

・立秋(りっしゅう)

8月8日頃

秋の気配を感じる頃。

夏全開ですね、ファッション関係は先取りなので秋物がでてはきますけどね。

・処暑(しょしょ)

8月23日頃

暑さが薄れる頃。

あつい~。

・白露(はくろ)

9月8日頃

秋が本格化してくる頃。

あ~つ~い~。

・秋分(しゅうぶん)

9月23日頃

昼と夜が等しくなる頃。

そうですね。

・寒露(かんろ)

10月8日頃

秋が深まる頃。

そんな時期になりましたか。

・霜降(そうこう)

10月23日頃

霜が降りる頃。

マジで。

・立冬(りっとう)

11月7日頃

冬を感じる頃。

もう、そんな季節ですか。

・小雪(しょうせつ)

11月22日頃

雪の降り始める頃。

えっ!

・大雪(たいせつ)

12月7日頃

雪が積もる頃。

雪だるま作りにいこうかな。

・冬至(とうじ)

12月22日頃

一年で一番日が短い日。

夏至と同じように、超メジャー二十四節気ですね。

・小寒(しょうかん)

1月5日頃

寒さの始まり。

寒いですね~。

・大寒(だいかん)

1月20日頃

もっとも寒い時期。

さむい~。

こんな感じですね。

中には聞いたことがあるもの、まったく聞いたことがないなんてものもあると思います。

ただ、カレンダーを見てみると載っているんですよね。

四季以上に細かく分類されているので、季節感を知る、感じるのに、いい指標にもなりますし、覚えておいてもいいいのでは、なんて思います。

冬至はいつ?その意味は?気になったので調べてみました

winter-mood-113325_150

冬至はいつ?

冬至の意味は?

よく聞くし、何となくわかっているつもりになっているけど、考えてみると詳しく知らないことってありませんか?

そんなわけで気になったので冬至について調べてみることにしました。

まず、当時はいつ?

ってことですが、12月21日か22日か23日で、年によって変わるということです。

多くの年は、21日か22日。

なんでこの日なの?ってところですが、黄道状の黄経が270°の点を冬至点というそうです。

で、太陽の中心が冬至点を通過する瞬間を当時と呼ぶそうで、毎年その瞬間が12月22日あたりに起こるので、その日冬至と呼ぶってことですね。

で、冬至の日は、一年で一番夜が長い日ってことです。

これは聞いたことがあります。

冬至がいつで、なぜ、その日かなんて気にしたこともなかったので勉強になりました。

で、冬至の意味は?

冬至の日は、夜が一番長いわけですから、逆に考えると昼が一番短い日ってことになります。

ですから、生命が終わる時期と考えていたそうで、その厄を払うという意味を込めて、かぼちゃ汁を食べたり、ゆず湯に入るって習慣ができたそうです。

そうすることで、栄養を摂り、体を温めて無病息災を願うってことみたいですね。

まったくそんなこと知りませんでした。

なんとなく冬至の日はかぼちゃを食べるものなんだ!

って思っていました。

意味まで考えたこともないですし、知ろうとも思いませんでした。

なんとなく、夜が一番長い日、冬至の日はかぼちゃを食べる、まあ、なんとなく風習的な意味があるのだろうなとは思いますが、そんな意味があったんですね。

実際、冬至を過ぎると本格的な寒さがやってくるころのようですし、健康管理が大事になってきます。

そこで、冬至の様々な習慣が、そういった状況を乗り越えられるように考えれれているのでしょうね。

日本に限らず、世界中に有名な習慣ってありますが、そういったことになんらかの意味があるでしょうから、そういったことを調べてみるのも面白そうですね。

地震雲とは何?特徴は?地震の前兆って本当?

地震雲とは何でしょう。

どんな特徴のある雲が地震雲なのでしょうか?

地震の前兆なんて言われますが本当なのでしょうか?

科学的な根拠はないって話を聞いたことがありますがどうなんでしょう。

いろいろ気になってきたので調べてみることにしました。

まず、地震雲を観測したって動画がYouTubeにありました。

で、地震雲とは?

まあ、字のまま、地震の前に発生すると言われている雲。

一応地震雲について研究はしているみたいで、なぜ、発生するのか?どう地震と結びつけるのか?

まあ、どっちもハッキリしてないようです。

何にしても地震雲は科学的根拠がないってことが有力、権威ある地震関連の団体も否定しているってことですね。

ただ、関係ないことが確定しているわけでもない。

まあ、後付感がある気もしますし、でも、あっても不思議はない気はしますがね。

科学的な根拠がないからって、「地震雲なんて関係ない!」ってのは違うかなと思います。

やっぱり地震を予測できれば、被害を減らせる可能性があるわけだし、可能性は探していくべきだし、気を付けるに越したことはないかなって思います。

次、地震雲ってどんな雲?

これ気になるところですよね。

ただ、これも明確ではないようですね。

一般的でない雲が地震雲、気象現象で説明できない雲が地震雲、ただ、地震雲と似た、気象現象によって説明できる雲もあるので間違えられやすいようですね。

ですが、一応よく言われる地震雲の特徴は、

  • 低い位置に発生
  • 移動しない
  • 形が変わらない
  • 地震の前に発生する(当たり前)

大体観測された形は、断層型、帯状、放射状、螺旋状が主ですね。

地震雲 画像なんかで検索すると沢山画像が出てきますね。

やっぱり物々しい感じがしますね・・・気のせいですかね。

結局地震雲は地震の前兆かどうかはわからない!ってことですね。

関係ないって根拠を説明したものもありましたが、それもどうなんでしょうね。

実際に地震前に観測された地震雲などもありますが、地震が起きてなくても発生しているようですし、後付感はかなりある気がします。

何にしてもわからないってことですね。

今後の研究に期待するってところですね。

晩冬とは?時期はいつ頃?意味は?気になったので調べてみました

winter-198447_150
晩冬とは何か?

時期はいつ頃か?

そして、その意味は?

まあ、晩冬って字を見れば冬の終わり頃って気はしますが、詳しく知りたいので調べてみることにしました。

晩冬の時期はいつ頃かですが、やっぱり字のまま、冬の終わり頃ということですね、2月から3月の上旬当たりということですね。

時候のあいさつでも2月に使われることが多いので、2月の当たりが妥当ですかね。

で、一応晩冬の読み方は、「ばんとう」まあ、そのままです。

陰暦の12月の呼び名が晩冬でもあります。

で、二十四節気では、どの辺が晩冬か?

■二十四節気

小寒-大寒-立春-雨水-啓蟄-春分-清明-穀雨-立夏-小満-芒種-夏至-小暑-大暑-立秋-処暑-白露-秋分-寒露-霜降-立冬-小雪-大雪-冬至

上の、小寒から立春を少し過ぎたあたりまでって説明が多かったです。

二十四節気ではこの当たりが晩冬ってことのようですね。

ただ、時期を考えれば立春あたりがちょうどいいような気はしますが・・・。

どうなんでしょうね。

晩冬を英語で「late winter」

これ以外に特に、晩冬に関して、コレといったものはありませんね。

晩冬に関して他になにかありますかね?

水仙がギリギリ晩冬の時期ですかね。

他には、amazonで、「四季を彩るクラシック8~おだやかクラシック晩冬」なんてのがありますね、他にも、伊吹留香さん作詞作曲の晩冬ってのがあるようです。

まあ、関係ないですね。

あんまりネタがないですね。

何しろ、晩冬とはで検索してみたら、弁当関連のサイトがでてきましたから。

まあ、こんな感じですね。

■晩冬の越後 妙高高原