晩夏とはいつ頃のこと?どんな季節?気になったので調べてみました

sunflower-175821_150

晩夏とはいつ頃なのか?

そして、どんな季節なのか?

気になってきたので調べてみることにしました。

まず、晩夏の読み方「ばんか」ですね。

字を見る限り夏の終わりごろのことだろうなとは思いますが、当然字のままの意味で、夏の終わり・夏の末ということですね。

では、より具体的にいつ頃が晩夏なのか?

8月の後半から9月の上旬頃ということです。

まあ、この辺が夏の終わりごろって感じですよね。

ただ、この手の季節を表す言葉って、結構先取り感があるのですが、晩夏は先取り感がない気がします。

例えば初夏、夏の初めですね、いつ頃かで言えば、5月の中旬から梅雨前あたり、季節の先取り感がありますよね。

そして、晩夏の後の初秋、秋の初めですね。

初秋が8月の中旬から9月の上旬。

晩夏とかぶってますが、夏の終わりと秋の初めがかぶるのもおかしいことではないですが、初秋も先取り感がありますよね。

8月は夏全開、9月の上旬もまだまだ暑いですからね。

それなのに晩夏は全然先取り感がない、なぜなんですかね。

近年は9月は、まだまだ暑いですが、何月が夏かと考えると8月が終わると夏が終わったって気もします。

この感覚も、学生のころの夏休みの影響ですかね。

一応夏は4つに分けられます。

初夏、梅雨、盛夏、晩夏。

先ほど説明したように、5月中旬から梅雨前が初夏。

植物的には夏感がありますが、季節感的には夏って感じではないかなって気もします。

まあ、桜が散ったら春って感じでもないのでこれでいいのかもしれませんが……。

で、6月中旬から7月中旬頃、雨が多くて過ごしにくい季節でもあるが、水の貯め時でもあるから重要な季節といえるでしょう。

そして梅雨が明ければ盛夏、夏真っ盛り。

梅雨明けから8月中旬頃まで夏全開ですね。

で、8月の中旬を過ぎ晩夏へ。

夏も終わりだな~なんてのは学生だけでしょ。

夏はまだまだこれからって気もしますが、この辺から海にクラゲがでて夏らしく過ごせなくなってくるので夏も終わりと言えば終わりかもしれませんね。

初夏とはいつ?どんな季節?気になったので調べてみました

early-summer-210413_150

初夏とはいつ?

そして、どんな季節?

と、初夏について気になってきたので調べてみることにしました。

最初に初夏の読み方、「しょか」「はつなつ」ですね、まあ、はつなつと言う人は少なそうですけどね。

次に英語でearly summer、早い夏ってことですね。

では、初夏とはいつ頃のことなのか?

まあ、明確なものではないですが、5月の中旬から6月あたりを初夏と考えればいいでしょう。

季節なんて明確に切り替わるものでもないですし、はっきり何月が初夏だってものでもないですね。

結局字のまま、夏の初め、夏を感じるころが初夏、そして、その夏を感じるころが6月あたりってことですね。

ただ、二十四節気で見ると、晩春が5月の第一週あたりで終わり、そう考えると初夏の始まりは5月上旬から6月上旬あたり、ちょっと季節感と合わないかなって思います。

春の植物も5月中旬あたりまで全開って感じですからね。

そして5月中旬を過ぎたあたりで夏の植物が目立つようになってきますから。

やっぱり5月中旬あたりが初夏の始まりと考えればいいでしょう。

そして、いつまでが初夏なのか?

一応、梅雨の前までが初夏とされています。

梅雨が明けて本格的な夏にってことですね。

そう考えると平均的に梅雨は6月の中旬あたりに来ますから、初夏は5月中旬から梅雨前までってことですね。

これが季節感的にも丁度いいと思いますがどうでしょうか。

次初夏はどんな季節?

緑の植物の色が濃いものに変わって、花の色合いも春とは変わってきますね。

そして、多くの地域で25度以上の気温に変わり、それに伴い、半袖の服装に変わりますね。

一応ギリギリ過ごしやすい季節といえるでしょう。

まあ、温暖化の影響か、かなり季節感が変わってきてはいますが、初夏についてはこのような感じですね。

個人的には紫陽花を見ると初夏を感じます。

紫陽花というと梅雨といった感じもしますが、あちらこちらで色とりどりの紫陽花を見かけると初夏だね、また、紫陽花の咲く季節になったなと思います。

昭和の日はいつから?そしてその意味は?調べてみました

昭和の日と言えば国民の祝日の日の一つですが、いつから国民の祝日となって、どんな意味があるのでしょうか?

日本人にとって知っておきたい大事なことなのではと思い、調べてみることにしました。

まず、昭和の日は4月29日。

この日は、もともとは昭和天皇の誕生日ということで、国民の祝日の一つ、天皇誕生日であったが、1989年に昭和天皇が崩御されたということで、天皇誕生日という国民の祝日は、現在の天皇陛下の誕生日である12月23日になり、昭和天皇の誕生日である4月29日は、自然を愛した昭和天皇にちなんで国民の祝日の一つであるみどりの日になりました。

ただ、本当はみどりの日ではなく、もっと昭和にちなんだ祝日にしたかったようですが、回りからの反対もあり、みどりの日となりました。

ですが、やっぱり昭和にちなんだもののほうがいいという声が多く、国民の要望もあり、その要望に議員も呼応し、2007年にみどりの日から昭和の日となりました。

ただ、すんなりとは決まったわけではありません。

何しろ昭和の日とする法律案提出は2000年ですからね。

それから、7年かかっているわけですから、それはいろいろあったわけです。

で、昭和の日の意味ですが、激動の昭和を思い出す日ってことですね。

復興を遂げ、経済発展した昭和を顧みて、国の将来を考えるということですね。

ただね、世間では昭和の日はゴールデンウィークの中の一日なので、それどころではないという感じですし、4月29日を国民の祝日として残したのも、ゴールデンウィークを構成する祝日の一つがなくなると国民生活に影響がでるからということで残したという話もありますからね。

国民の祝日は、日本国民にとって、何かを祝う、記念する日ではありますが、貴重な休日であり、経済に影響を与えるもの、あんまり祝日の意味について考えませんよね。

でも、日本人として各国民の祝日の意味ぐらいは知っておいたほうがいいでしょう。

あと、みどりの日はなくならずに、5月4日に移動して、国民の祝日の一つとして残りました。

山の日は祝日に?それはなぜ・理由は・本当になるの?

icy-channel-961_150

山の日が祝日に?

なぜ、山の日、何か理由はあるのだろうか、では、いつから祝日になるのか?

国民の祝日が増えたらうれしい、もの凄く気になってきたので調べてみることにしました。

何だか山の日という祝日ができるかもしれない……なんて話がありますが現実的な話、どうなんでしょう。

まず、山の日を作ろうなんて考えたのは、議員連盟の一つ、山の日制定議員連盟、この議員連盟の目的、存在理由はその名の通り、山の日を作ること、そんなわけで国民の祝日に山の日を……と努力してきました。

ここで、どうして山の日を作ろうと考えたのか?

登山愛好家たちが、多くの人に山を楽しんでもらいたいという気持ちを込めて山の日を作ってくれと活動していたことがきっかけということです。

えっ、それで祝日って?

このての記念日を作ろう~ってことでできたマイナーな記念日は、ほぼ毎日ありますし、それを祝日へって活動もありますが、それが実現になりそうって、その登山愛好家の人たちって、そんなに影響力がある人たちなんですかね?

まあ、海の日があるなら山の日もってのもわかるのですが……。

で、山の日をいつにするかってことで山の日制定議員連盟は総会を開き、経済活動への影響が少ない、お盆付近がいいねってことで、8月12日ってことになったが、8月12日と言えば、あの事故の日……それではということで、8月11日を山の日にしようと決まりました。

で、山の日は祝日になるのか?

このまま順調にいけば、2016年に祝日となりそうです。

ただ、経済活動的に反対の意見も多くあります。

当然休みが増えれば仕事の時間が減る、だけど、休みが増えれば商業的にプラスの面もある。

あとは、日本の国民の祝日は、現時点で15日あります。

これは、世界の先進国の中でも一番多いです。

それでは休み過ぎとも言えますが、日本は有給休暇がとりにくいわけですから、国民の祝日が多くてもいいのではなんて思います。

ただ、全体で休む国民の祝日と、個人が休む有給休暇とでは全然状況が違いますから簡単にはいかないでしょうが、使えない有給より、確実な国民の祝日が増えてもいいかなって思ったりします。

まあ、国民の祝日は、何かに感謝したり、祝う日ですから、ただの休みとは違いますが、現実的にはうれしい休みの日ですからね。

ただね……お盆休みってある程度の期間会社は休みになるので、あんまり影響はないかもしれませんね。

どうせなら他の月がいいですが、作ろうとした理由が、休みを増やしたいではなく、山の日を国民の祝日にしたいってことですからね。

いつであろうと、国民の祝日にさえなれば目的達成ですからね。

そして、経済活動に影響がないようにお盆付近に作ったわけですから、多くの人にあまり影響がないかもしれないのも、作る側の予定通りってことですね。

春分の日といえば国民の祝日ですがいろいろ意味があるみたい

春分の日といえば国民の祝日でもあり、昼と夜の長さが等しくなる日なんて言われていますが、いろいろと興味がわいてきたので春分について調べてみることにしました。

まず、春分の日と言えば、日本に15日ある国民の祝日の一つ。

祝日の意味としては、自然をたたえ、生物をいつくしむ日……春分の日の意味ってあんまり知られてないですよね。

では、春分の日はいつなのか?

といえば、祝日法上は春分日……意味がわからないですよね、日付で言えば、3月20日か3月21日です。

で、3月20日か3月21日ってどういうことなんだ?

ってところですが、一応閣議決定で決まります。

まあ、閣議決定で決まると言っても、実質天文計算で求められた日が春分の日になっています。

それに、3月20日か3月21日が春分の日になっているわけですが、正確には頃で、日にちが前後する可能性が今後あります。

この辺のことを詳しく知りたい方は調べてみるといいと思います。

で、春分の日と言えば、国民の祝日以外に有名なことは、昼と夜の長さが等しくなる日と言われています。

二十四節気の一つ春分にあたる日ですね。

小寒-大寒-立春-雨水-啓蟄-春分-清明-穀雨-立夏-小満-芒種-夏至-小暑-大暑-立秋-処暑-白露-秋分-寒露-霜降-立冬-小雪-大雪-冬至

この二十四節気の春分は、太陽が春分点を通過した瞬間なのですが、この時太陽と地球の関係上、昼と夜が等しくなるわけです。

そんなわけで、春分の日は昼と夜が等しくなる日と言われているわけです。

まあ、実際には平均的に昼のほうが長いということです。

なぜか?

理屈上は等しいはずなのですが、大気の屈折や常に太陽も動いていいるわけで、様々な条件が重なって若干ずれるようで昼のほうが長いってことになるようです。

春分の日って多くの人にとって祝日の一つでしかないと思いますが、いろいろ難しいことが起きている日なんですね。

それに、実質的には今後の春分の日は天文計算でわかるわけですが、閣議で決まらなければ決定ではないので、正確には2年後以降の春分の日は決まっていないということです。

こうやって調べてみると、15日ある国民の祝日の中でも、春分の日と秋分の日は特別な日とも言えるかもしれません。

春本番とはどんな意味?気になったので調べてみました

bee-104628_150

春本番……時期になるとニュースなどでよく聞く言葉ではありますが、具体的にはどんな意味なのでしょうか?

字を見れば、春が始まったとか、より強い意味で考えれば春最盛期ってところかなって思いますが、何にしても気になってきたので調べてみることにしました。
春本番とはどんな意味か調べてみましたが、明確な意味はないようですね。

一般的には、春らしくなってきたってことのようです。

確かに季節の境目って明確なものではないですからね、それに春らしくですから、暦のようにハッキリしたものではなく、その年によって春らしくなってきたなと感じる頃は違いますからね。

そういったわけで、春本番は春らしい気温、春らしい花が咲いたときと考えるとよさそうです。

で、ニュースなどを見ていると、春本番という言葉を使うのは気温が目安になっているように感じます。

「春本番の暖かさになり……」といった感じで話していることが多いのですからね。

ただ、気温を基準にするのも微妙な気はします。

日本の春先の気温って寒暖の差が大きくなる傾向が大きくなる傾向があり、この気象現象を三寒四温と言ったりします。

ですから、「今日は暖かいな~、春らしくなってきたかな~」なんて言っても数日後には冬のような寒さになってもおかしくない、実際ニュースなどを見ていても、「今日は春らしい暖かい日となりましたが、この暖かさは今日まで、明日から、また、冬の寒さが戻ってきます。」なんて言っているのを聞いたことがあるでしょう。

そんなわけで気温だけで判断するのは微妙な気もします。

春の本番が始まって冬に戻るのはへんかな、そう考えると花で判断したほうがいいかもしれないなんて思います。

一度咲いて、「うわっ寒い、つぼみに戻ろ」なんて花はそうはないと思いますので、判断基準として良いと思うんですよね。

まあ、明確なものではないですし、春らしい陽気になってきたと思えば春本番でいいのかもしれませんが、ちょっとひねくれて考えてみました。

ひな祭りの由来って何だろう?気になってきたので調べてみました

037514

ひな祭りの由来って何だろう?

スーパーなどでも時期が来るとひな祭りのコーナーがあったり、とにかく多くの人にとって身近な3月にイベントではあるけど、ひな祭りの由来って何だろう?急に気になりだしました。

ということで、ひな祭りの由来について調べてみることにしました。
まず、ひな祭りはいつから始まったのか?

はっきりとはわかってはいないようですが、古代中国から伝わったという説が有力なようで、中国では、季節の変わり目は災いがもたらされやすいと考えられ、その災いを払うため3月3日に川に自分の災いを移した人形を流すという習慣があり、それが日本に伝わったということです。

で、日本でひな祭りについて記録ではないかとして残っているものを調べると、平安時代に貴族の女の子の遊びとして、人形を飾ったという記録があります。

ですが、これは中国のように災いを払うというものではないので別物では?

とも考えられますが、他に川へ人形を厄払いで流す習慣が平安時代にあったので、こちらが中国から伝わったものかもしれませんね。
その後、節句(伝統的な年中行事を行う季節の節目)として、女の子の人形遊びとして全国に、その習慣が広がりに人形を飾るようになったということです。

こうして、人形遊びとしてのひな遊びから、節句としてのひな祭りへと変化して厄払い的な要素を含むようになったと言われています。

その後、身分の高い人の嫁入り道具などにもなったことで豪華になり、男女の内裏雛を飾るようになり、その他の人形も加え、現在のひな人形へと変わっていったと言われています。

で、現在のひな祭りは、3月3日にひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を祈る節句となった……。

どうなんでしょうね、中国から伝わった習慣が、ひな遊びと、厄払いの習慣に分かれ、その後2つの習慣が合わさって現在のひな祭りになったってことですかね。

ただ、ひな遊びは別の習慣だった可能性も考えられますよね、流し雛の習慣も現在もあるので、ひな祭りとは別かもしれないですし、まあ、昔の事なのでいくら考えてもわからないですね。

晩春とはいつ頃の時期のこと?どんな意味?調べてみました

rose-7634_150

晩春とはどんな意味があるのでしょうか?

そして、時期はいつ頃なのか?

まあ、字のままで見れば春の終わりごろとは想像がつきますが、晩春についていろいろと気になってきたので調べてみることにしました。
まず、晩春の読み方は、「ばんしゅん」。

英語でlate spring。

意味は、春を3つにわけた最後の季節ですね。
では、晩春の時期はいつなのか?

5月頃ということです。

まあ、そうですよね、6月になると暑さを感じますし、夏が始まるなって感じの季節になってくるので、晩春が5月頃というのは季節感とも合っていますね。

他には、晩春は旧暦の3月、これは新暦で言えば3月上旬から5月上旬、少しずれてきましたね、まあ、暦の季節って先取りしている傾向があるので、多少はずれるものですかね。

ただ、二十四節気で見ると、5月上旬までが晩春と考えたほうがいいのかも……なんて思います。

■二十四節気

小寒-大寒-立春-雨水-啓蟄-春分-清明-穀雨-立夏-小満-芒種-夏至-小暑-大暑-立秋-処暑-白露-秋分-寒露-霜降-立冬-小雪-大雪-冬至

二十四節気で見ると春は、立春から立夏の前日まで、そして、立夏は5月7日頃、そうなると春の終わりは5月6日ということになります。

そうなると、旧暦の3月が晩春と考える、3月上旬から5月上旬というのに合っているなと思います。

次に時候の挨拶から見てみると、3月は春の初めといった感じのものが多く、晩春はでてきませんね、4月を見てみると、春が深まるとか春全開って感じの表現が多くなり、5月になって晩春と出てきますね。

そして、6月になってしまうと、夏という言葉が増え、春という字はなく、やっぱり時候の挨拶で見ても、5月が晩春と考えていいでしょう。

結局、季節というのは明確にいつからってものではないですし、季節感もずれてきているように感じますし、体感、植物、食べものなどで判断するのもいいかもしれませんね。

ただ、いろいろな情報から総合的に考えると晩春は、やっぱり5月頃、さらに絞ると、5月の上旬のほうがより適しているのかもしれません。

私事とはどんな意味?何となくわかりますが調べてみました

私事とは、どんな意味なのでしょうか?

字を見れば、自分の事って感じですが、使われ方を考えると、あんまりいい時に使う言葉ではなく、申し訳ないといった時に使われる言葉な気がします。

本当のところはどうなんでしょう。

気になってきたので調べてみることにしました。

■私事の読み方

わたくしごと

■私事とは?

公的なことではなく、自分だけに関係した個人的な理由。

ということです。

あとは、隠したいことですね。

ですから、個人的理由で会社を休みたいときに、「私事で申し訳ないのですが、会社を休ませていただきます。」って感じですかね。

他には、みんなの前で、みんなに関係ない自分のことを話すときに、「私事で恐縮ですが、犬を買いましてね~、アッハッハッ、これが可愛くて可愛くて」、みんな「……」こんな感じですかね。

あとは、他人には知られたくない隠したいことのほうは、「人には言えない、見せられない、私の趣味」=私事って感じですかね。

ですから、他人がそれを知ろうとすれば、「○○の私事をあばいてやる!」って感じですかね。

私事とは、このような意味のようですね。

会社を個人的な理由で休む場合なんかは両方の意味でもありますよね。

好きなバンドのコンサートがあるから会社を休みたい(個人的な理由+隠したいこと)、「私事で申し訳ないのですが、会社を休ませていただきます。」

言えないですよね、コンサートに行くから休みますなんて、それを私事と都合のいい言葉でごまかす。

まあ、ここで、「私事って何だ?]、「いや、私事なんで……」、「だから、その私事を聞いてるんだ!」、「……」、こうなりますかね。

私事ではありますが、なんて場合は、聞きたくなくても話してくる、私事で休ませていただきます。

では、その私事が気になるし、都合のいい理由、なかなか高度でおもしろい言葉ですね私事って。

まあ、使う機会もそんなに多くはないでしょうが、ぜひ、使いこなしたい言葉ではありますね。

真冬日とはどんな意味?よく考えたことがなかったので調べてみました

winter-198447_150

真冬日とはどんな意味でしょう。

何となくニュースなどで聞く言葉で、何となく知っているつもりになっていたけど、考えてみると詳しく知らない。

そんなわけで気になってきたので調べてみることにしました。

■真冬日とは

一日の最高気温が、摂氏0度未満の日のことを言うということです。

えっ!?

一日の最高気温が0度未満の日……ということは、日本で真冬日にならない地域があるってことですかね。

一日の最低気温が0度未満の日ってことなら、多くの地域で真冬日が観測されるとは思いますが、最高気温ということになると結構観測されない地域があるでしょうね。

場合によっては、真冬日を経験したことがないとい方もいるでしょうね。

そうですか……知りませんでした。

一応一日の最低気温が0度未満になる日を冬日と言うってことです。

そんなわけで、真冬日とは、一日の最高気温が0度未満なわけで、一日中氷点下ということで、氷や霜が一日中溶けない、北国の人からすれば「当たり前のことでしょ」って感じかもしれませんが、雪が降ることすら珍しい地域では、一日中0度未満って凄いことですよ。

何となくニュースなどで真冬日と言う言葉を聞いたことがあったので、毎年真冬日を経験したつもりになっていました。

日本でも真夏日は当たり前ですが、真冬日は当たり前ではないですね。

真夏日は身近ですが、真冬日は身近ではなかったです。

例えば東京で真冬日って年間で、ほぼ0日。

過去にも東京で観測されたのは4回ってことです。

で!札幌では50日くらいらしいので、札幌の人にとっては当たり前の真冬日も、多くの人にとっては真冬日って特別な日ですね。

何と言うか真夏日が当たり前すぎて、真冬日も同じくらい当たり前だと思ってました。

しかし真冬日は聞きなれている割には全然身近ではないな~、普段の生活で0度未満なんて考えたこともない、それも一日の最高が0度未満なんて……。

調べてみて勉強になりました。