オーケストラの日とはどんな日

music-33905_150

オーケストラの日か……どんな日なのだろうか?

オーケストラにまつわる何かがあったのだろうか?

少し気になってきたので調べてみることにしました。

まず、オーケストラの日とははいつなのか?

3月31日です。

なぜ、3月31日なのか?オーケストラにまつわる何かがあった日なのでしょうか?

耳に一番・耳にいい日、み(3)み(み)に一(1)番・み(3)み(3)にいい(1)日ってことですね。

オーケストラの日も、記念日でよくあるごろ合わせで日にちが決まったんですね。

で、作ったのは誰か?

2007年に日本オーケストラ連盟が制定しました。

では、オーケストラの日の制定理由は?

多くの方にオーケストラを身近に感じてもらおうってことのようですね。

そんなわけで、3月31日には、全国各地でイベント・コンサートが開催されています。

オーケストラの日を3月31日に決めた理由にはごろ合わせのほかに春休み中でイベントに参加しやすいだろうってこともあるようです。

ここで、オーケストラとは?

複数の管楽器と弦楽器と打楽器で編成され演奏するための団体。

演奏内容は、クラシックを演奏する団体に限らず、ラテンやジャズを演奏する団体も含まれる。

なるほど、そうなると「オーケストラを聴きに行ってくる」というのはへんな言葉になるのかな?

そのまま考えると、演奏する団体を聴きに行くってことだからね、そうなると正確には「オーケストラの演奏を聴きに行ってくる」ということになるのか、まあ、そんなこといちいち突っ込んでくる人はいないだろうけど……。

クラシックの演奏って、興味はなくても、聴くといいものだし、こういった機会にイベント・コンサートに行って、オーケストラの演奏を堪能してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、一応全国広い範囲でイベント・コンサートは行われていますが、どこでもってほど沢山の会場でやっているわけでもないですし、日程も3月31日とは限らないので興味がある人は近くでやっていないか、日にちはいつかなど調べたほうがいいでしょう。

さくらの日か…どんな日なんだろう気になってきたので調べてみました

rabbits-154485_150

さくらの日か……。

どんな日なんだろう、桜の開花時期や桜にまつわる何かがあった日なんだろうか?

少し気になってきたので調べてみることにしました。

まず、さくらの日はいつなのか?

3月27日です。

なぜ、3月27日なのでしょうね、このての記念日はごろ合わせで決まることが多いのですが、パッと見た感じごろ合わせという感じではなさそうですが……。

と思ったのですが、やっぱりごろ合わせで、3×9(さくら)=27で、3月27日はさくらの日となりました。

かなり無理がありますね。

3×9でさくらですか、びみょ~、そして、3×9で27日はいいのですが、3は残って9がが入ってないですからね。

七十二候の桜が咲き始める時期とされる桜始開が3月25日から29日ですから、そこに当てはめることができるごろ合わせはないかと考え、3×9=27で3月27日となったようです。

まあ、かなり無理やりな気もしますが仕方がないですね、ただ、ここまで無理やりなごろ合わせの記念日はあんまりないですよね。

では、さくらの日とは、どういった記念日なのか?

日本の歴史、文化、風土に深くかかわってきた桜を通じて、日本の自然や文化への関心を深めよう~ってことで、日本さくらの会が1992年に制定しました。

確かに桜って日本の象徴的な感じがしますかね、ただ、桜にまつわる何かを記念するのではなく、桜を通じて日本の自然や文化への関心を深めるってことですから、主役は桜ではなく日本の自然と文化ってことですね。

ん~、やっぱりさくらの日ですし、時期も桜の開花時期に合わせているわけですから桜を前面に押し出した記念日のほうがいいかなって気がします。

何かイベントを開くにしても桜がメインになるでしょうから、シンプルに桜を楽しみたい気はしますが、それなら花見でいいわけですから、違いを作るためにも桜を通じて日本の自然や文化への関心を深めるのほうがいいのかもしれませんね。

数学の日か、どんな日なんだろう?気になったので調べてみました

calculator-97842_150

数学の日か……。

そんな日があるんですね、どんな日なんだろう?

と、数学の日のことが気になってきたので調べてみることにしました。
まず、数学の日はいつなのか?

3月14日、超メジャーイベントであるホワイトデーとかぶってしまいますね、これでは目立てないですね。

で、誰が、何のために数学の日を作ったのか?

日本数学検定協会が数学の発展を願い、数学の日を作ろうと考え、日本全国の算数・数学を愛する人たちに数学の日はいつがいい?

とアンケートを実地、その結果は……3月14日ということから予想はつくとは思いますが、円周率の3.14から3月14日がいいという意見が全体の42.9%。

と、いうことで3月14日は数学の日となりました。

次点は、かけ算の九九から9月9日。
円周率と言えば数学、数学と言えば円周率ってイメージがあるってことですかね。

何となく円周率って記憶力勝負に使われるものって感じもしますが、アンケート結果を見ても、円周率からの3月14日が他に大差をつけての1位ですから。

で、数学の日→円周率→3.14→3月14日となって数学の日ができたわけですから、当然逆のパターンからできた記念日があってもおかしくないわけですよね?

3月14日→3.14→円周率→円周率の日と、ほぼ同じ意味としてパイ(π)の日も3月14日です。

数学の日より、円周率の日のほうが自然な流れではあるかなと思います。

円周率の日なら直接的ですけど、数学の日だと間接的ですからね。

あとは、アメリカでも3月14日を全米円周率の日としているそうで、米下院で決議案として提出され承認された記念日ということです。

アメリカでは円周率に対する意識が日本とは違うんですかね。
数学の日のことをいろいろ調べてみたのですが、やっぱり数学というより円周率のほうがメインになっている記念日に感じます。

数学といっても範囲が広いですからね。

それよりも円周率なら、ギネス記録もありますし、何ケタ覚えられるかという競技にもできますからね。

そんなわけで3月14日は、数学の日というより、円周率の日って感じがします。

まあ、そうはいっても世間はホワイトデーですけどね。

三寒四温とはどんな意味?時期はいつ頃?調べてみました

三寒四温とはどんな意味?

そして、時期はいつ頃?

と気になったので調べてみることにしました。
まず、三寒四温の読み方ですが、「さんかんしおん」です。

初めこの言葉と字を知って健康法の一種かなって思ってしまいました。

ありそうじゃないですか?

三回冷やして、四回温めるとか、まあ、三寒四温はそういった意味ではなく、冬に寒い日が三日続くと、その後四日間暖かい日が続くという7日周期の気象現象のことです。

一応回数は少ないですが、日本でも観測される気象現象ではあります。

この気象現象は、シベリア高気圧の影響を受ける朝鮮半島や中国北東部でよく観測される気象現象ということで、日本もシベリア高気圧の影響を受けるので観測されることはありますが、太平洋高気圧も受けるので、朝鮮半島や中国北東部のようにハッキリと三寒四温が観測されることは少ないです。

そういったわけで、日本の場合三寒四温は、冬の気象現象というより、冬の終わり頃から春先の寒暖の差が大きくなる現象のことを言っていると考えられます。

日本の場合、寒暖の差が大きくなるのは冬の終わり頃から春先ですからね、そういったわけで三寒四温を気候がだんだん暖かくなるという意味でも使われたりもします。

そんなわけで「寒暖の差が大きくなってきて、春に向かっているな~」を三寒四温を使ってみると「三寒四温、春に向かっているな~」って感じだろうか……ダメだね、センスないな。

ということで、三寒四温は日本では本来の意味とは変わって捉えられていると考えていいでしょう。

そんなわけで、現在の日本での三寒四温の意味は、寒暖の差が激しくなる春先の気象現象ということですね。

ただ、やっぱり字を考えれば、従来の3日寒い日が続き、4日暖かい日が続く気象現象というのが適切ではあると思います。

その時代で気象現象も変わるわけですが、漢字の意味は大事だと思うので日本では三寒四温という言葉は馴染まないのかなって思います。

財布の日か…そんな記念日があるんだね気になったので調べてみました

purse-220416_150

財布の日か……そんな記念日があるんですね、だけど財布の日なんてどんな日なんだろう?

少し気になってきたので調べてみることにしました。
まず、財布の日はいつなのか?

3月12日です。

なぜ、3月12日なのかですが、記念日でよくあるごろ合わせ、さ(3)い(1)ふ(2)で、3月12日。

ホント記念日を調べるとこういったごろ合わせの記念日が沢山出てきます。

まあ、覚えやすいのでいいとは思いますけどね。
で、財布の日は誰が作ったのか?

エリット株式会社です。

エリットってどんな会社なのかなって気になったので調べてみましたが、バッグ製造・卸会社のようですね。

ということは自社製品のアピールや財布市場の活性化が狙いなのですかね、ということで財布の日の制定理由は何なのか?

新年度を新しい財布で迎えようってことみたいですね。

財布のごろ合わせになる3月12日と、新年度である4月が近いということでちょうどいい記念日ではありますね。

新社会人へのプレゼントにも財布はいいかもしれませんしね。

そんなわけで、財布の日を制定したエリットでも買い替えをアピールしてますし、ホームページでは簡易的な財布選びのチャートがありますね。

こういったものを参考に買い替えを考えてみるのもいいかもしれません。
財布っていろいろ言われてますよね。

財布を折るのはよくない、横長財布がいいとか、3年ごとに買い替えたほうがいい、自分の望む年収の○分の1の値段の財布を持ったほうがいいとか言われたりします。

でもね……男の場合、横長財布って持ち運びに不便なんだよね、夏場の薄着の時は特に、そして、高い財布を買ったのに3年で買い替えるの……なんて思ってしまいます。

何にしてもファッション性と実用性ある財布ですし、お金を入れる大事なもの、そんなわけで財布の日に、財布のことを見直してみるのもいいのではないでしょうか?

買い替えを考えるのもいいし、中身の掃除、整理、整頓をしてもるのもいいかもしれません。

砂糖の日ですか気になったので調べてみることにしました

砂糖の日ですか、いいですね~マイナーな記念日という感じがして、さらにいつが砂糖の日かについても予想がつきますね。

少し砂糖の日について気になってきたので調べてみることにしました。
まず、砂糖の日はいつなのか?

まあ、予想はつきますが……3月10日ということです。

なぜ、3月10日なのか、それはごろ合わせ……このようなマイナーな記念日の王道の決め方ですね。

で、3月10日はごろ合わせしやすいようで、ごろ合わせの記念日が多くあります。

ミントの日・ミ(3)ント(10)
佐渡の日・佐(3)渡(10)
水戸の日・水(3)戸(10)
サボテンの日・サ(3)ボテン(10)

といったごろ合わせの記念日があります。

そして、3月10日と聞いて、日本最大勢力である佐藤さんが黙っているわけがありません。

ということで、佐藤の日ももちろん3月10日です。

ですが、日本最大勢力である佐藤さんですから、記念日もかなりメジャーになっていてもおかしくはないと思いますが、かなりマイナーな記念日になっているようですね。

情報がかなり少ないです。

で、話を戻して砂糖の日ですが、どのような意味の記念日なのか?

砂糖の優れた栄養価を見直そうってことで制定されました。

砂糖って多くの方が毎日、意識していようがしてまいが食べているものですからね。

そして飽食の時代ですから、取りすぎると太る、健康によくないってイメージもありますが、砂糖自体は、少量でもエネルギー効率のいい優れたエネルギー供給源ですからね、それに値段も安いですし、砂糖の取り過ぎが問題になってはいますが、別に砂糖が悪いわけではないですからね。

そんなわけで、3月10日は砂糖の素晴らしさを見直しましょうってことですね。

ということは、記念日の趣旨を考えると、砂糖を使った料理をしたりお菓子を作ったりして楽しむでは記念日の趣旨とずれてきますよね。

それでは、どんなイベントがこの記念日の趣旨に合うのかを考えてみると、少量の砂糖をもって遠足ですかね。

長距離歩いて、エネルギー切れになったときに少量の砂糖を舐める、そうすれば砂糖のパワーを実感することができる。

いいですね、これなら砂糖の日という記念日の趣旨に合っているのではないでしょうか。

まあ、やりたいかといえばやりたくないですけどね。

砂糖を使ったお菓子を食べて「砂糖って素晴らしい」って思ったほうがいいです。

ありがとうの日か…どんな日なんだろう?調べてみました

french-18726_150

ありがとうの日か……何だかいい感じの記念日なんでしょうね。

少し気になります。

ということで、ありがとうの日はいつで、どんな日なのか調べてみることにしました。
まず、ありがとうの日はいつか?

3月9日です。

では、なぜ3月9日がありがとうの日なのか?

これは数ある記念日でよくあるごろ合わせ、ありがとうを英語で「thank you」、サンキュー、サンを3、キューを9で、3月9日がありがとうの日ということです。

ホントこの手のマイナー記念日ってごろ合わせが多いです。

しかし、日本の記念日なのにありがとうをサンキューに変換してしまうんですね……。

さらに、ありがとうの日を制定したのは「HAPPY & THANKS」で英語名の団体、それならサンキューの日でもよかったような……。

まあ、ありがとうのほうが身近な言葉だと思いますし、日本人にとっては「サンキュー」より、「ありがとう」のほうが感謝の気持ちが伝わりやすいかなって思います。

やっぱり、ありがとうは素晴らしい言葉、それを3月9日のありがとうの日に見つめ直すのもいいかもしれませんね。

で、ありがとうの日はどんな日で、どうしてできたのか?

日本中の人が、ありがとうと感謝の気持ちを届けあえる社会にしたいってことでできた日のようです。

確かに、感謝していても相手に伝えていないことってあるでしょうから、ですから記念日にして3月9日はありがとうを届けるありがとうの日ってことです。

ん~素晴らしい、感動した。

で、ありがとうの日を制定した団体、「HAPPY & THANKS」ですが、このありがとうの日を国民の祝日にすることが目標のようです。

まあ、素晴らしい記念日だとは思いますが、国民の祝日がごろ合わせってのはちょっと……。

それでも、いろんな企業、団体がこの記念日に乗っかって大きなイベントになる可能性はあると思いますし、頑張ってもらいたいですね。

あとは、一応他にもありがとう関連の記念日があって、7月15日は「世界ありがとうの日」ってのがあります。

こちらは、Q&Aサイト「OKWave」が作り、日本記念日協会に認定された記念日ですね。

記念日の意味的にはありがとうの日と同じような感じですね。

個人的にはありがとうの日のほうがわかりやすいし、目標が国民の祝日と大きいのでこっちのほうに頑張ってほしいなと思っています。

頑張れHAPPY & THANKS。

ミニの日ですかどんな日なんでしょう気になったの調べてみました

mini-90448_150

ミニの日ですか、どんな日なんですかね。

何か小さいものを記念する日なんですかね。

少し気になってきたので調べてみることにしました。

まず、ミニの日はいつか?

3月2日ということです。

これは、記念日でよくあるごろ合わせですね。

3月2日で、32でミニで、この日にしたということです。

で、誰が作った記念日なのか?

BMWジャパンが制定したということです。

なんで?

なぜ、BMW……ということですが、車のMINI(ミニ)を輸入しているのはBMWジャパン、ミニと言えば車のMINIということで制定したようですね。

ただ、車のMINIのための記念日ではなく、小さなものを愛そうって記念日です。

それなら日本各地で3月2日は小さいものを愛そう~ってイベントが行われているのかなと調べてみましたが、車のMINI関連のイベントばかりですね。

まあ、ミニの日を制定したのがMINIの輸入販売元ですからね、どうしても車のMINI関連になってしまいますよね。

やっぱり、ただ小さいものではイベントをするにしても曖昧すぎますからね。

ミニチュアグッズとかなら、ある程度いい感じのイベントにはなるかもしれませんが……。

いろんなものをミニチュアにして、それを鑑賞するイベントとかならおもしろそうですが。

その点、車のイベントなら盛り上がりますよね。

MINIは日本でも人気がありますからね、前に富士スピードウェイに行ったのですが、MINIだけの走行会をやっていて凄い光景でした。

数もそうだし、全部同じ車種で、それがサーキットを走行する姿は何とも言えない感じでした。

おそらく3月2日も集まるのでしょうね。

しかし、車のMINI以外のイベントはホント少ないですね、一応小さいものを見つめ直す的なイベントもあるようですが、やっぱり範囲が広すぎると中途半端になりますからね。

そうなると、3月2日は車のMINIの日のほうが明確で、需要もあり盛り上がりますよね。

もう、ミニの日は、小さいものを愛する日ではなく、車のMINIの日にしてしまったほうがいいような気もしますが……。

せめて国産車で、そんなイベントをやってもいいとは思いますが、この日を制定したのがBMWジャパンですから、どうしてもMINIになってしまいますよね。

ビスケットの日?どんな由来があってできたのだろう調べてみました

bahlsen-87979_150

ビスケットの日ですか……どんな由来があってできた日なのですかね~、ビスケットと言えば超メジャーな世界的なお菓子ってイメージなのですが、たまに食べたくなります……ビスケットとクッキーの違いってなんだろう?

まあ、それは置いておいて、ビスケットの日のことが気になってきたので調べてみることにしました。
まず、ビスケットの日はいつなのか?

2月28日ということです。

なぜ、2月28日がビスケットの日なのか?

見た感じ、記念日によくあるごろ合わせでもないようですが、これは、ビスケット語源がラテン語で、2度焼かれたものということで、「7に(2)どや(8)かれたもの」で、28日という、やっぱりごろ合わせ。

そして、1855年2月28日に、パンの製法を学ぶために長崎に来ていた柴田方菴が、長崎で外国人向けに売られていたビスケットが長期保存がきく素晴らしい食べ物ということで、その製法をオランダ人から学び、その作り方を手紙にして水戸藩に送ったということです。

で、1980年に全国ビスケット協会は、この史実と2度焼かれたもののごろ合わせの28日から、2月28日をビスケットの日としました。

ビスケットの日には、そんな由来があったんですね~って、2度焼かれたもののごろ合わせはいらないのでは……。

柴田方菴のビスケットの製法が書かれた手紙が水戸藩に贈られた日だけで十分記念日の制定理由になると思うのですが、そんなに記念日はごろ合わせにしたいのですかね。

マイナーな記念日を調べると、やたらごろ合わせの記念日が出てきますからね。

記念日を制定する人達は、みんなごろ合わせが大好きなんですかね。

マイナーだからこそ覚えやすくごろ合わせってってことですね。
だけど、ビスケットとクッキーの違いってなんですかね?

個人的にはビスケットはバターっぽい、クッキーは甘いって感じですが、なんか明確な定義があるようですね。

細かな材料部分は抜いて考えると、クッキーは糖分と脂肪分が全体の40%で手作り風のものということで、大雑把に言えば、それ以外はビスケットってことですね。

手作り風でなければビスケットになってしまうということですね、しっかり定義があるということは、日本で売っているお菓子はこの定義にのっとりビスケット、クッキーと表示されているということですね。

だけど、なんで手作り風ってのを定義にいれたんですかね?

このようなビスケット、クッキーの定義を明確にしているのは日本だけってことです。

さすが日本?ってとこですかね。
まあ、2月28日はビスケットの日ってことですから、この日はビスケットを食べようかなって思います。

脱出の日?何それおもしろそうってことで調べてみました

sign-40631_150

脱出の日?

何それ、そんな日があるんだ。

何かおもしろそうだね、何か脱出ゲームみたいなイベントでもやる日なんだろう……と思ったけど、どうやら、あのナポレオンが関係しているらしい。

それは興味があるなってことで調べてみることにしました。
まず、脱出の日はいつなのか?

2月26日ということです。

なぜ、2月26日が脱出の日なのか?

よくある記念日ってごろ合わせだったりしますが、これは、1815年の2月26日にイタリアのエルバ島に流刑されていた、超有名歴史上の人物ナポレオン・ボナパルトが島から脱出してパリに向かったことから、2月26日を脱出の日としました。
へえ~そんな日があったんですね、歴史的な出来事だと思いますが、いまいち情報が少ないですね。

よくある記念日だと、脱出ゲームを行うとかイベントがありそうなものですが、そういったこともないようですし、歴史的な出来事の日ですから、そういったイベントを行うには適さないですかね。
一応、エルバ島を脱出したナポレオンはその後どうなったか?

ナポレオンはパリに向かい、大きな抵抗を受けることなく国民の歓迎を受け、再び皇帝の座に就いたということです。

スゲー、さすがナポレオンってとこですが、その後、再び退位に追い込まれ、今度は、エルバ島以上に脱出困難なセントヘレナ島に流刑にされたということです。
そうですか、脱出の日とは、こういった日だったんですね、よく比較的マイナーな記念日を調べているので、この日も楽しい記念日なのかなって思っていました。

みんなで、脱出ゲームをやって盛り上がろうってのを期待していたのですが、楽しむ感じの日ではありませんね。

こういった理由の日では企業も乗っかれないでしょうし、別に楽しむための脱出の日を作ったほうがいいですね。

誰か作りませんかね、結構盛り上がりそうだし企業も乗っかりそうな気がしますが、とりあえず、2月26日の脱出の日はナポレオンがエルバ島から脱出した日ということです。