10月といえばどんな月?調べてみました

10月といえばどんな月だろうか?

暑さもあまり感じなくなり、秋の真っただ中って感じだろうか?

とにかく10月についていろいろ気になってきたので調べてみることにしました。

日本では10月を神無月(かんなづき)といいます。

まあ、実際に言っている人もあまりいないだろうし、学校の授業くらいしか聞くこともない言葉ですかね。

次は10月によく使われる季語から、10月がどんな月かを見てみると、秋一色ってほどではないですが、秋という感じが非常に多いですね。

他も秋の植物、食べもの関連の季語が多く、10月といえば秋、秋といえば10月といったところでしょうか。

まあ、実際秋ですからね。

続いて10月の主な行事。

10月ってコレだって行事が少ない気がします。

衣替えくらいしかないですかね。

それも1日ですからね。

スポーツに関しては盛り上がる時期ですね、プロ野球の日本シリーズなど、10月でシーズンが終わるスポーツも多いですね。

次に10月の誕生石。

オパール、トルマリン、ローズクォーツ。

誕生石って3つも必要なんですかね……1つの月もあるのだから、コレが○月の誕生石だって感じで1つでいいと思うのですが。

次に10月の国民の祝日。

10月の第二月曜日が体育の日です。

こうやって10月といえばどんな月か調べてみると、いろいろ行事がある夏から冬の間で、落ち着いている月って感じですかね。

だから、コレだって大きなイベントも少ない気がしますし、ただ、過ごしやすい季節ではあるので、楽しいことがある季節ではなく、楽しいことを作る季節って気もします。

いろいろと行動しやすい季節ですからね。

ということで、10月といえば秋、自分で楽しむ月ということでしょうか。

10月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

10月の誕生石は何だろう?

そして、その意味は?

ということで10月の誕生石について気になってきたので調べてみることにしました。

10月の誕生石は、

オパール
トルマリン
ローズクォーツ

の3つ、ただ、10月の誕生石としてメジャーなのはオパールとトルマリンなので、この2つを覚えておけば十分だと思います。

次、各10月の誕生石の意味。

オパール

無邪気・希望・潔白など

トルマリン

希望・忍耐・美容など

ローズクォーツ

美容・健康など

どの誕生石もそうですが、調べれば調べるほどいろんな意味がでてきます。

ただ、何で誕生石が各月複数あるのですかね?

1つで十分だと思いますが、1月や2月は誕生石が1つで、12月は4つ、まあ、誕生石は宝石関連の組合が決めたものですし、明確なものとは思えないので各月のメジャーなものだけ覚えておけば十分な気がします。

で、10月の誕生石のことを調べていて気になったのが、宝石店はオパール推し、まあ、オパールが売りやすいってことですかね。

10月の誕生日の人にプレゼントする場合もオパールが多いですね。

見た目も幻想的な感じで魅力的ですね。

ただ、やっぱり誕生石って各月偏っているなと思います。

4月はダイアモンドに水晶。

超メジャー宝石ダイアに、超メジャーパワーストーン水晶。

なぜでしょう。

誕生石を決めた人は4月生まれなのでしょうか?

それとも石の意味として浄化といった感じですから4月は浄化の月ってことでしょうか?

もう少しバランスよく誕生石が分れて、さらに各月1つがいいと思うのですが、まあ、いろいろ理由があるのでしょう。

誕生石って世界各国で微妙に違うのでよくわからないです。

9月か…どんな月だろうか?気になってきたので調べてみました

9月といえばどんな月だろうか?

一応9月も暑いけど、夏は8月までって気もするし、より具体的に9月ってどういった月なのかと気になってきたので調べてみることにしました。

日本では9月を長月なんて呼ぶこともある……呼んでいる人を見たことはありませんが……。

名前の由来は、夜が長い月ってのが有力な説のようですね。

では、9月はどういった月かをよく使われる9月の季語から見てみます。

季語でよく使われる漢字は、夜、秋、秋の植物、秋の食べ物ですね。

まあ、8月の時点で秋っぽい感じの季語が増えるので9月はさらに秋が深まったって感じですね。

実際の9月って夏の暑さがかなり残っているので秋が深まっているという感じでもない気はしますが、季語で見ると秋を感じる季節ではなく、秋が深まる季節ってことですかね。

次、9月の国民の休日。

9月の国民の祝日は、敬老の日と秋分の日の2日間。

国民の祝日が休みになる人にとってはありがたい月ですね。

まあ、休むための日ではなく、何かを記念したり、感謝する日ではありますが、現実的にはボーナス的な休日かなって思います。

次に、9月のメジャーな行事。

防災の日くらいですかね。

スポーツ関連の行事も9月は比較的少ないと感じます。

なんでしょう、9月は夏の疲れを癒す月なんですかね。

8月は暑いし、イベントも多いし、夏休みなど忙しい月ですからね。

次に、9月の誕生石。

サファイアとアイオライト、あとはラピスラズリを9月の誕生石に入れる場合もありますね。

まあ、9月の誕生石は?

と聞かれて確実なのはサファイアですね。

宝石店の誕生石の特集でもサファイアばかりですからね。

こうして9月について調べてみると、9月は、夏の暑さ、疲れから一息ついて、秋の食べもの、植物に癒される月といったところでしょうか。

まあ、現実的には8月と変わらず暑さは続きますけどね。

9月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

9月の誕生石は何だろうか?

そして、その意味は?

と、9月の誕生石について、いろいろと気になってきたので調べてみることにしました。

9月の誕生石は、

サファイア
アイオライト

の2つ。

サファイアは比較的有名な宝石だと思いますが、アイオライトは知りませんでした。

誕生石が2つあっても迷うだけなのでサファイアだけでいい気もしますが、12月なんて4つもありますからね。

誕生石って世界各国で大体似てはいますが、微妙に違うものもあります。

一応誕生石を決めているのは宝石関連の組合ということです。

各月の誕生石を見ると、かなり偏りを感じますがどういうことなんでしょうか。

まあ、決まっているものは仕方ないですが……。

次に誕生石の意味。

サファイア:慈愛・誠実・聡明など
アイオライト:徳望・誠実・心の安定など

調べれば、まだまだ沢山意味がでてきます。

で、全体的な傾向としては圧倒的にサファイア推しですね。

宝石店の誕生石関連のコンテンツもサファイアばかりで、アイオライトのほうはないですね。

そんなわけで9月の誕生石はと考えた場合はサファイアと考えておけばいいでしょう。

で、今回9月の誕生石を調べていて思ったのがサファイアって凄い綺麗ですね。

まあ、宝石店が綺麗に見せているというのはあるでしょうが、ブルーのサファイアは凄く魅力的。

サファイアは不変の愛なんて意味もあり、ヨーロッパではダイヤモンドよりサファイアを結婚指輪にすることが多いなんて話もあります。

あと気になったのが、9月って青がイメージカラーなんですかね。

サファイアは、他の色もありますが基本的なイメージとしては青、アイオライトも青、そして9月や12月の誕生石になっていることもあるラピスラズリも青。

他の月の誕生石を見ても色に傾向がある感じではないですが、まあ、月によっては1個しか誕生石がないので比較はできませんが、9月イコール青ってのがあるのでしょうか?

まあ、そんなこと言ったら4月はダイヤと水晶だから透明かってことになりますが、偶然なんですかね。

8月といえばどんな月だろう…気になったので調べてみました

abstract-2384_150

8月といえばどんな月だろうか?

8月といえば夏、夏休み、海、山、プール、虫、花火など、いろいろあるとは思いますが、より具体的にどんな月なのか気になってきたので調べてみることにしました。

8月、英語でaugust。

日本では8月を葉月と言います……言っている人は学校授業くらいしかない気もしますが。

季語から見た8月。

8月の季語を見てみると、お盆関連のものや虫、花火などが目につきます。

7月なんかだと海、山などが多いですが、8月になると秋という漢字が多くなります。

季語って若干先取り感があるんですよね。

8月こそ海、山って気がするのですが……まあ、8月の終わりごろになるとクラゲが多くて泳ぐ人が減りはしますけどね。

とにかく季語だけ見ると秋の始まりだって感じですね。

現実的には秋どころか10月頃まで暑いですけど。

で、みんな大好き国民の祝日。

8月は国民の祝日がありません。

なぜか6月と8月は国民の祝日がない、まあ8月はお盆休みがあるし、学生は夏休みなので必要性は感じませんがないんですよね。

まあ、休むために国民の祝日があるわけではないですけどね。

ただ、ついに8月にも国民の祝日、山の日ができるようです。

まあ、お盆休みがあるのでありがたみは少ないかもしれませんが、本来祝ったり、感謝する日なのでいいほうに考えたほうがいいでしょう。

では、具体的に8月はどんなことがあるのか?

各種祭り、お盆、全国各地で花火大会。

あとは過去に大きな出来事がありましたね。

ですが、ここではふれません。

で、8月の誕生石。

ペリドット、サードニックス。

8月のスポーツ

高校野球(甲子園)、全米プロゴルフ、全米オープンテニス。

凄まじく暑い季節ですがスポーツは盛んですね。

こうやって8月のことを調べてみると、学生が休み、お盆休みがあるので青曽比の要素が強い月って感じがします。

明確な国民的な行事は少ないですが、休みを利用したイベントも多いですし、暑いですが楽しいことが多い月……それが8月。

8月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

8月の誕生石は何だろう?

そして、その意思の意味とは?

と、8月の誕生石のことが気になってきたので調べてみることにしました。

8月の誕生石は、

ペリドット
サードニックス

ん?

そんな宝石があるのですか、ペリドットやサードニックスって有名な宝石なのでしょうか。

誕生石になるくらいなので、ある程度有名だとは思うのですが、他の月の誕生石って有名なものばかりですよね。

大体複数の誕生石がある場合、ひとつは有名な宝石だったりするのですが、誕生石を決めたのは宝石関連の組合、その組合の中に8月生まれの人がいなかったのでしょうか?

4月なんてダイヤと水晶、なんだか各月の誕生石のバランスがいまいちな気がします。

そもそも誕生石が1個の月や4個の月があるってこと自体微妙だと思うのですが……。

まあ、何か理由があるのかもしれませんが……。

次、誕生石の意味。

ペリドット:夫婦の幸福、運命の絆

サードニックス:夫婦和合

もっといろいろな意味もありましたが、大まかなのはこんな感じの意味です。

どちらも同じような意味ですが、8月といえば夫婦なんですかね。

どちらも夫婦の幸せ的な意味が多かったです。

で、調べていて思ったのが、宝石店はペリドット推し。

宝石販売のホームページでよく誕生石の特集ページがありますが、ほとんどペリドット。

まあ、ペリドットは綺麗な宝石ですからね。

どんな宝石か知らなかったのですが、ちょっと地味な感じのグリーンの宝石ですが、癒される感じの色なので好きな人も結構いるのではなんて思います。

意味としても、心を鎮めるなんてのもありますね、見た目通り癒しの石ってところですね。

で、隕石からペリドットが発見されたなんて話もありますが、まあ、鉱石ですから、そんなこともあるのでしょうね。

後は太陽の石なんて呼ばれていたり、夜のエメラルドの呼ばれたり、古くから愛されている魅力的な宝石ってことですね。

7月といえばどんな月?気になったので調べてみました

sunflowers-76119_150

7月といえばどんな月でしょうか?

夏本番と言えるかはともかく暑い時期、学生は夏休みに入る月などいろいろありますが、気になってきたので7月について調べてみることにしました。

まず、日本では7月のことを文月と言います……学校の授業以外で言っている人はいない気がしますが、まあ、そう呼びます。

稲穂を含む月から文月ってのが由来の一つだそうです。

で、7月を英語でJuly。

続いて季語から見る7月。

やはり夏という感じが7月から圧倒的に増え、山や虫という感じが増えますね、虫はわかるのですが山が多いのは少し意外、海以上に多いように感じます。

7月は山登りの季節ってことですかね。

次、7月の国民の祝日。

海の日が7月の第3月曜日。

海の恩恵に感謝する日ですね。

7月は暑いのでもう一つくらい国民の祝日がほしい気もしますが、どうなんでしょう。

6月と8月は国民の祝日がないのですから、7月に2つくらいあってもいいかなって思います。

まあ、8月になればお盆休みがあるわけですが、もう一日……どうせ有給なんてとりにくいわけですから、まあ、個人が休む有給と国民全体で休む国民の祝日とでは全然経済に与える影響が違いますけどね。

7月の行事。

7月1日海開き、富士山山開き

7月7日七夕

7月17日祇園祭

7月の第3月曜日海の日

他にもありますが、メジャーなのはこんな感じですかね。

7月は海だ、山だって季節ってことですね、暑いので外出がキツイ季節ではありますが、だからこそ海、山、子供たちはもうすぐ夏休みだってウキウキする月ですかね。

スポーツも盛り上がり世界的なスポーツイベント、ツール・ド・フランス、大相撲名古屋場所、全英ゴルフ、プロ野球オールスター。

いろんな意味で暑い季節、それが……7月。

次、7月の誕生石。

ルビーとカーネリアン。

カーネリアンのほうはちょっとマイナーで、ルビーがメインって感じですね。

宝石店のホームページの特集でもルビーだけですからね。

ルビーって調べてみると凄く魅力的な宝石なのでルビーのことを調べてみるのもいいかもしれません。

7月についてはこんな感じですかね。

7月の誕生石とその意味とは?

diamond-36744_150

7月の誕生石は何だろうか?

そして、その意味は?

ということで、7月の誕生石のことが気になってきたので調べてみることにしました。

まず、7月の誕生石は、

ルビー
カーネリアン

ルビーは超メジャーな宝石ですが、カーネリアンって知りませんでした。

実際、そんなに有名ではないと思うんですよね、7月の誕生石で調べると、どこでもルビーについては書いてありますが、カーネリアンについては書いてないところも多いです。

誕生石を決めた人は、なぜカーネリアンを選んだんですかね?

ルビーだけのほうが迷わずいいと思うのですが……。

月によって1個~4個の誕生石があって微妙な気がするし月に1個で十分な気がするのですが、4月はダイヤと水晶なんて偏り過ぎてる気がするのですが……。

次、7月の誕生石意味は、

ルビー:熱情・情熱・純愛・威厳など
カーネリアン:勇気・友情・喜びなど

宝石の意味って調べれば調べるほどいろいろでてきて、結局どれも同じような意味がでてきたりするので、上記は主な意味を載せました。

7月が誕生日の方はいいですね、ルビーがあって、月によってはあんまり知名度のない宝石だったりしますからね。

ホント、誕生石を考えた人は4月生まれなんですかね?

宝石の言えばダイヤ、パワーストーンと言えば水晶、それが誕生石って……。

で、ルビーって特別な宝石なんですね、ルビーは基本的にはサファイアと同じコランダムという鉱石。

そのコランダムに1%程度のクロムが含まれることで赤色になりルビーになる。

クロムが少なくても、多くてもルビーにはなれません。

さらに、コランダムには通常クロムが含まれることはないそうです。

ですが、現実にクロムの含まれたコランダムがあり、ルビーがあるわけです。

まさに奇跡的な存在それが……ルビー。

前に誕生石のことを調べていてムーンストーンが凄く魅力的な宝石だと思いましたが、ルビーも負けないくらい魅力的な存在ではないでしょうか。

6月といえばどんな月?気になったので調べてみました

hydrangea-162630_150

6月といえばどんな月だろう?

何となく、梅雨、紫陽花、夏の手前って思うけど、どうなんだろうか?

気になってきたので調べてみることにしました。

まずは、日本では6月のことを水無月と言います……学校で習うくらいで、実際に6月を水無月と呼ぶ人はあまりいないですよね。

意味的にはいろいろ由来はあるようですが、梅雨が明けて水がなくなるということで水無月というのが一番ピンときました。

そして、実は6月って特別な月ですよね?

何しろ国民の祝日がない……山の日を作るのもいいですが6月にも祝日を……。

日本人は有給休暇を取りにくいわけですから、国民の祝日が多くてもいいはず、まあ、多くの人が休んでしまう国民の祝日を増やすと経済的な問題があるので、そう簡単にはいかないですかね。

でも、一日くらいほしいですね。

ただ、現状でも日本は先進国の中でも国民の祝日が多いので、これ以上増やすのは難しいかもしれませんね。

■6月の行事

衣替え、夏至、慰霊の日などが主なものですかね。

6月は他の月に比べて国民的な行事は少ない印象があります。

あと、行事とは違いますが、6月といえば「ジューン・ブライド」がありますね。

■6月のスポーツ行事

主なものだと、ルマン24時間レースとゴルフの全米オープン。

■6月の誕生石

真珠、ムーンストーン、アレキサンドライト。

アレキサンドライトは他の2つに比べてマイナーですね。

宝石店のホームページなんかでも真珠やムーンストーンの企画はありますがアレキサンドライトは見てみた限りではないですね。

個人的にはムーンストーンのことを調べていると魅力的な宝石だなと思います。

ちょっと6月の季語から、どんな月か見てみると、当然6月の花や蛍など季節にあったものがありますが、特徴的なのは夏という漢字が5月に比べてかなり多くなります。

夏の初めである初夏が5月中旬から6月ということを考えれな当然のことですかね。

こうやって見てみると、梅雨が明けて夏になる時期が6月といった感じでしょうか。

ヨーグルトの日か…どんな日だろう

ヨーグルトの日というのを見つけた。

どんな日なのだろう、初めてヨーグルトができた日なのだろうか?

少し気になってきたので調べてみることにしました。

まずヨーグルトの日はいつなのか?

5月15日です。

なぜ5月15日がヨーグルトの日なのか?

ヨーグルト研究をしていたロシアのイリヤ・メチニコフは、ヨーグルトはいいよ~と世界中に広めたヨーグルト界の有名人。

そのイリヤ・メチニコフの誕生日が5月15日。

で、明治乳業がそれにちなんで5月15日はヨーグルトの日としようってことで、この記念日ができました。

このような理由でできたんですね……微妙。

ヨーグルトが発見された日とかではないのですね。

まあ、ヨーグルトがいいよ~って世界中に広まる切っ掛けの一つを作ったってことでヨーグルトの普及に貢献したのでしょうが、それでヨーグルトの日ですか……。

イリヤ・メチニコフは免疫の研究でノーベル生理・医学賞を受賞している凄い人なわけですが、だからといって誕生日をヨーグルトの日、まあ、明治乳業がそう決めたのでいいとしておきます。

ただ、やっぱりヨーグルトの日って普及しないですよね、ライバル社が作った記念日に他のメーカーは乗っからないですよね。

やっぱりヨーグルトを販売しているメーカーがみんなで普及活動を行えるような日のほうがいいと思うのですがそれも難しいことですかね。

世界中にヨーグルト、ヨーグルトのようなものがあり、すべてヨーグルトと呼ぶわけでもないようですからね。

日本ではトルコ語を由来にしてヨーグルトと呼んでいますが、世界共通でもないし、似たようなものは沢山あるようです。

一応、ヨーグルトには定義があって、FAOが定めた定義によると、乳、乳酸菌が原料で、ブルガリア菌とサーモフィルス菌が大量に存在していて、その菌の発酵作用によって作られたもの、ということです。

これで、ヨーグルトの定義がはっきりして、どれがヨーグルトで、どれがヨーグルトではないかがはっきりしたのだから、この定義が定められた日がヨーグルトの日でいいのではないでしょうか。

まあ、ヨーグルト自体より、ヨーグルトの機能性が広まったことのほうが重要と考えればイリヤ・メチニコフの誕生日ってのも妥当な気がしてきましたが、明治乳業としてはヨーグルト自体より、ヨーグルトの機能性のほうが重要だったってことかもしれませんね。