スカッシュって具体的にはどんなスポーツ・ルールなの?

スポンサードリンク


スカッシュって具体的にはどんなスポーツ・ルールなの?スカッシュってテレビでたまに見かけるけど、具体的には、どんなルールで、どんなスポーツなんだろう?

なんとなくわかっているつもりだけど、気になってきたので調べてみました。

なんとなくスカッシュで思うのは、室内の壁に向かって打ち合うテニスって感じがするけど、実際はどうなんだろう?

まず、スカッシュがどんなスポーツか?

室内競技で、使う道具は、テニスのようなラケットとゴムボール。

四方を壁に囲まれた室内というかコートで2名、ダブルスであれば4名で行われる。

ボールは対戦相手、対戦チームと交互に打ち合い、必ず前の壁にあてなければならない、打った球は前の壁にあてなければならないが、前の壁に跳ね返ったボールが他の壁に当たるのはOK。

で、打ち返されたボールが、前に壁にあたり、2回床にバウンドさせてしまうと、相手の得点となる。

あとは、打ち返したボールが前の壁に届かない場合も相手の得点となる。

ボールは意外と弾みにくく、周りの壁も使えるので、なかなか大変なスポーツのようですね。

スカッシュのルール

先に11点取ったほうが勝ち、ただし、10-10のときは2点差がつくまでゲームを続けます。

まあ、よくあるルールですね。

で、これを5ゲーム行い、先に3ゲーム取ったほうが勝ち。

ただ、1ゲームの勝ちまでの得点は11点以外の場合もあるようですね。

サーブは、サービスボックスというところに、片足あるいは両足を入れ、前の壁に向けて打ちます。

ただ、前の壁のどこでもいいわけではなく、前の壁にはいくつか線が引いてあって、真ん中程度の高さにあるサービスラインより高く、壁の上のほうに引かれたアウトラインより低く打ちます。

そして、前の壁から跳ね返ったボールが、サーブを打つ場所の反対側にあるハーフコートラインとショートラインに囲まれた場所に、ワンバウンドするように打たなければならない。

文章ではわかりにくいと思いますが・・・。

とにかく、ボールは、床に2回バウンドする前に打ち、打ったボールはノーバウンドで前の壁にあてないといけない。

跳ね返ったボールが他の壁にあたったときは、バウンド数に入れない。

あとは、相手がボールを打つのを邪魔してはいけない。

まあ、いろいろ細かいルールがあるようですね。

なんとなくテレビなどで見ていると、壁に打ち合っているだけですからね。

わかりやすい画像でもあればよかったのですが・・・。

興味があれば、スカッシュの専門サイトを見てみるといいと思います。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す