地震予知は難しいらしいけどどの程度進んでいるのだろう?

スポンサードリンク


地震予知は難しいらしいけどどの程度進んでいるのだろう?地震予知ってどの程度の精度でわかるのだろう?

気になったので調べてみました。

地震大国の日本としては、大きな地震を予知できることは災害を減らすためにも達成したいところ、そんなわけで国を挙げて研究していたようですが、現実的には難しいようですね。

地震予知の精度ってどの程度の物なのだろう?

国としては、地震を事前に予知して、災害を減らしていきたかったようですが、現実的に無理・・・ってことで、防災に方向チェンジしているようですね。

ということは、地震の予知の研究は、今後進まないってことかもしれませんね。

もちろん、誰かが研究は続けていくでしょうが、国としては予知できるようになる!ってことではなくなったようですね・・・ちょっと残念です。

ただ、災害を減らすことに活かせるほどの地震予知は厳しいようですが、何年以内に、日本のどの辺で大きめの地震が来る可能性があるとか、日々起きている小さな地震を予測する程度なら、ある程度の精度があるようです。

ただ、これではあまり意味がないようです。

それでも、監視体制の整っていて、データも比較的そろっている東海地震に関しては、ある程度予知できるそうです・・・ホントですかね。

その東海地震も本当に予知できるかは不明らしいです。

あとは、よく言われる地震雲

良く聞きますよね?

大きな地震が起きる前に、地震雲が観測されるとか、○○地震が発生する前に、こんな地震雲が観測されました・・・なんてテレビでやっているのを見たことがあるという方も多いでしょう。

ただ、地震雲も科学的根拠はないようですね、逆にないと言い切れないようですが・・・。

いろんな条件で、いろんな形で発生している雲を地震で結びつけるのも難しいようですし、こじ付けになってしまいがちでしょうからね。

結局、東海地震も含めて地震予知は難しいというか、ほぼ無理ってことのようですね。

日頃から防災意識をもっていることが大事ということです。

それでも、精度が低くても、はずれても、緊急地震速報は必要かなとは思います。

「どうせはずれるよ」

なんて思っていても、多少は注意するでしょうから、予知が無理なら備えるしかないですからね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す