昭和の日はいつから?そしてその意味は?調べてみました

スポンサードリンク


昭和の日はいつから?そしてその意味は?調べてみました昭和の日と言えば国民の祝日の日の一つですが、いつから国民の祝日となって、どんな意味があるのでしょうか?

日本人にとって知っておきたい大事なことなのではと思い、調べてみることにしました。

まず、昭和の日は4月29日。

この日は、もともとは昭和天皇の誕生日ということで、国民の祝日の一つ、天皇誕生日であったが、1989年に昭和天皇が崩御されたということで、天皇誕生日という国民の祝日は、現在の天皇陛下の誕生日である12月23日になり、昭和天皇の誕生日である4月29日は、自然を愛した昭和天皇にちなんで国民の祝日の一つであるみどりの日になりました。

ただ、本当はみどりの日ではなく、もっと昭和にちなんだ祝日にしたかったようですが、回りからの反対もあり、みどりの日となりました。

ですが、やっぱり昭和にちなんだもののほうがいいという声が多く、国民の要望もあり、その要望に議員も呼応し、2007年にみどりの日から昭和の日となりました。

ただ、すんなりとは決まったわけではありません。

何しろ昭和の日とする法律案提出は2000年ですからね。

それから、7年かかっているわけですから、それはいろいろあったわけです。

で、昭和の日の意味ですが、激動の昭和を思い出す日ってことですね。

復興を遂げ、経済発展した昭和を顧みて、国の将来を考えるということですね。

ただね、世間では昭和の日はゴールデンウィークの中の一日なので、それどころではないという感じですし、4月29日を国民の祝日として残したのも、ゴールデンウィークを構成する祝日の一つがなくなると国民生活に影響がでるからということで残したという話もありますからね。

国民の祝日は、日本国民にとって、何かを祝う、記念する日ではありますが、貴重な休日であり、経済に影響を与えるもの、あんまり祝日の意味について考えませんよね。

でも、日本人として各国民の祝日の意味ぐらいは知っておいたほうがいいでしょう。

あと、みどりの日はなくならずに、5月4日に移動して、国民の祝日の一つとして残りました。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す