ビスケットの日?どんな由来があってできたのだろう調べてみました

スポンサードリンク


ビスケットの日?どんな由来があってできたのだろう調べてみましたbahlsen-87979_150

ビスケットの日ですか……どんな由来があってできた日なのですかね~、ビスケットと言えば超メジャーな世界的なお菓子ってイメージなのですが、たまに食べたくなります……ビスケットとクッキーの違いってなんだろう?

まあ、それは置いておいて、ビスケットの日のことが気になってきたので調べてみることにしました。
まず、ビスケットの日はいつなのか?

2月28日ということです。

なぜ、2月28日がビスケットの日なのか?

見た感じ、記念日によくあるごろ合わせでもないようですが、これは、ビスケット語源がラテン語で、2度焼かれたものということで、「7に(2)どや(8)かれたもの」で、28日という、やっぱりごろ合わせ。

そして、1855年2月28日に、パンの製法を学ぶために長崎に来ていた柴田方菴が、長崎で外国人向けに売られていたビスケットが長期保存がきく素晴らしい食べ物ということで、その製法をオランダ人から学び、その作り方を手紙にして水戸藩に送ったということです。

で、1980年に全国ビスケット協会は、この史実と2度焼かれたもののごろ合わせの28日から、2月28日をビスケットの日としました。

ビスケットの日には、そんな由来があったんですね~って、2度焼かれたもののごろ合わせはいらないのでは……。

柴田方菴のビスケットの製法が書かれた手紙が水戸藩に贈られた日だけで十分記念日の制定理由になると思うのですが、そんなに記念日はごろ合わせにしたいのですかね。

マイナーな記念日を調べると、やたらごろ合わせの記念日が出てきますからね。

記念日を制定する人達は、みんなごろ合わせが大好きなんですかね。

マイナーだからこそ覚えやすくごろ合わせってってことですね。
だけど、ビスケットとクッキーの違いってなんですかね?

個人的にはビスケットはバターっぽい、クッキーは甘いって感じですが、なんか明確な定義があるようですね。

細かな材料部分は抜いて考えると、クッキーは糖分と脂肪分が全体の40%で手作り風のものということで、大雑把に言えば、それ以外はビスケットってことですね。

手作り風でなければビスケットになってしまうということですね、しっかり定義があるということは、日本で売っているお菓子はこの定義にのっとりビスケット、クッキーと表示されているということですね。

だけど、なんで手作り風ってのを定義にいれたんですかね?

このようなビスケット、クッキーの定義を明確にしているのは日本だけってことです。

さすが日本?ってとこですかね。
まあ、2月28日はビスケットの日ってことですから、この日はビスケットを食べようかなって思います。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す