おでんの日か…どんな日なんだろう?少し気になるので調べてみました

スポンサードリンク


おでんの日か…どんな日なんだろう?少し気になるので調べてみました038031

おでんの日か……どんな日なんだろう?

おでんの日は、みんなおでんを食べよ~ってことなのか、それとも、この日はおでんにとって記念すべき何かがあった日なのか?

少し気になってきたので調べてみることにしました。
まず、おでんの日はいつなのか?

2月22日ということです。

なぜ、2月22日なのか?

おでんは熱い!だから食べる時に、息を「ふーふーふー」吹きかける……ってことで、記念日の王道ごろ合わせで2月22日はおでんの日!

ということです。

それなら、息を「ふーふーふー」吹きかけて食べる食べものは、全部2月22日を記念日にして、熱々な食べものの日にしては……。

こうなってくると、おでんの日ができた由来なども軽い理由なのかって気がします。

では、どういった理由で、おでんの日ができたのか?

新潟のラジオ番組で、おでんを食べる時に息を「ふーふーふー」と吹きかけるから、ごろ合わせで2月22日をおでんの日にしてしまおうってことでできた日ってことです。

やっぱり軽い理由ですね。

一応おでんの日と呼ばれる日は他にもあって、青森おでんの会が作ったおでんの日もあります。

このおでんの日は、10月10日で、他にも10月10日をおでんの日としている地域はあるようですね。

一0一0と1を漢数字に換えると、串おでんに見えるからってことのようです……。
で!新潟のラジオ番組から生まれたおでんの日ですが、全国的に広まっているようで、日本各地で2月22日にイベントが行われているようです。

確かに企業的にも乗っかりたい企画ですよね。

おでんの販売元、スーパー、コンビニ的にも、大きく広まってほしいところでしょうし、消費者側としても乗っかりやすい記念日ですよね。

ただ、まだまだ本格的には広まってないですよね、もっとコンビニなんかが力を入れると一気に広まると思うのですが……。
まあ、多くの人に愛されるおでんですから、この記念日がこれから広がるのでは、なんて思います。

とりあえずは、2月22日は家庭でおでんを食べる習慣を根付かせるところからですかね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す