アレルギーの日?どんな日なんでしょう何かを発見したのでしょうか?

スポンサードリンク


アレルギーの日?どんな日なんでしょう何かを発見したのでしょうか?アレルギーの日というのがありますね。

どんな意味の日なのでしょうか?

アレルギー関連の重要な何かを発見した日なのか、それとも、アレルギーについてみんなに正しく知ってもらおうって日なのでしょうか。

気になってきたので調べてみることにしました。
まず、アレルギーの日はいつなのか?

2月20日です。

なぜ、2月20日がアレルギーの日なのか?

1966年2月20日に、石坂公成さん・石坂照子さんが、アレルギーを引き起こす原因となる免疫グロブリンを発見し、それをアメリカのアレルギー学会で発表したのを記念して、2月20日をアレルギーの日として制定されたということです。

で、誰がこの日を制定したかですが、1995年に財団法人日本アレルギー協会が制定したということです。

ずいぶん年数がたってから制定されたんですね。

まあ、このての記念日ってそんなものかもしれませんが……。
で!アレルギーの日の前後一週間をアレルギー習慣として、医療従事者や患者さん、一般の方に向けて、様々な啓発活動を行っているということです。

調べてみると、日本各地で講演会を行っているようですし、多くの場合が申し込みも必要なく、入場料も無料のようですし、気になる方は……気にならなくても参加してみるといいかもしれませんね。

そうですよね、アレルギー関連の事って結構大きな問題になったりしていますし、自分は関係ないって人達も含め、正しくアレルギーについて知ってもらうべきですよね。

そういった知識を簡単に得られる環境、知識を得ようとしなくても自然に情報が入ってくるような環境整備が必要でしょう。
病院などの検査で「何かアレルギーはありますか?」と聞かれて、「ありません……たぶん」なんて感じで答えますが、実際本人がわかってないアレルギーってあるのですかね?

やっぱり正しい知識を得やすい、得ようとしなくても情報を得てしまうような環境作りは必要でしょ。

それだけ大事なことですから。

もっと大きく広げていくべき記念日であり活動ですね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す