天使のささやきの日?そんな日があるんだ…どんな日だろう

スポンサードリンク


天使のささやきの日?そんな日があるんだ…どんな日だろう天使のささやきの日って何でしょうね。

誰かが天使のささやきを聞いた!……なんて日なのでしょうか?

誰でも聞けるのですかね、気になってきたので調べてみることにしました。
まず、天使のささやきとは何なのか?

当然、天使のささやきのこと……ではなく、ダイヤモンドダストのことです。

あぁ、ダイヤモンドダストなんて聞くと聖闘士星矢のキグナス・氷河のダイヤモンドダストを思い出す……。

では、ダイヤモンドダストとは何か?

大気中の水蒸気が昇華(この場合は、気体が液体になるのをすっとばして個体になること)して氷の結晶がふること。

晴れた朝などに、気温が氷点下10度以下で発生するらしい。
で!天使のささやきの日はいつなのか?

2月17日ということです。

なぜか?

1978年2月17日に、北海道幌加内町母子里の北海道大学演習林で最低気温である氷点下41.2度を記録したからということ、ダイヤモンドダストとは関係ない気がするけど、何で最低気温を記録した日が天使のささやきの日になるの?

ということですが、天使の囁きを聴く会が制定したからみたいです。

まあ、最低気温の日より、天使のささやきの日ほうがシャレてますけどね。

ただ、この最低気温は公式の記録ではなく、公式には旭川市で観測された氷点下41度が日本の最低気温ということです。
どうなんですかね、せっかく天使のささやきの日なんて作ったわけですから、毎年2月17日にダイヤモンドダストが見られればイベントとしても盛り上がりそうな気がすますが、そういったツアーとかやっているのですかね。

北海道なら氷点下10度以下ってめずらしくないのですかね。

ニュースなどでダイヤモンドダストが観測されましたなんて、やっていることもあるけど、見るのは難しいのですかね?

見てみたい気もします。

凄く綺麗で幻想的な感じなんですかね。

やっぱりテレビの映像ではなく生で見てみたいですね。

ですが、北海道でも簡単には見れないようですね、見たいなら北海道内陸部で期間の余裕をもって、さらに運がよくないと見れないらしいです。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す