文化財防火デーとは?法隆寺が関連して出来た記念日らしいけど…

スポンサードリンク


文化財防火デーとは?法隆寺が関連して出来た記念日らしいけど…文化財防火デーとは何でしょう。

字を見ると、文化財の防災とかの日だろうかと思うけど、何やら法隆寺が関連してできた日らしい……気になってきたので調べてみることにしました。

まず、文化財防火デーは何日か?

1月26日ということです。

文化財防火デーとは何なのか?

日本国民にとって文化財というのは大切なもの、その文化財を火災や災害から守るということと、日本国民が文化財を守るんだ!という気持ちを高めるために1955年に文化庁と消防庁が制定した記念日ということです。

いまいち、文化財防火デーが多くの人に普及してないような気がしますが、凄く大切な日ですし、文化財を守るという意識を持ち、高めるためにも、もっと周知しないんですかね。

で!文化財防火デーが制定されたきっかけが法隆寺のようですが、どういったことがあったのでしょうか?

1949年1月26日に、法隆寺の金堂で火災が発生し、堂内の壁画の大半が焼損してしまいました。

飛鳥時代から伝わってきた貴重な壁画を焼損させてしまったことは、日本国民にとって非常にショッキングな出来事だったということです。

さらに、同じ年に、愛媛県の松山城、北海道の松前城でも火災が発生し、何をやっているんだ!大事な文化財を守ろうよ!ってことで文化財防火デーが制定されました。

そうですよね、大昔から伝わってきた貴重な文化財を火災、災害で失うのはね……特に人災で失うなんてことになったらたまりませんね。

修復して、一見元通りでも歴史的な価値は変わるかもしれません。

文化財防火デーですか……凄く重要な日ですよね、もっと日本国民の認知度を高める努力が必要でしょうね。

各自治体も防火訓練をしたりして、認知度、意識を高める努力をしているようですが、まだまだ全然足りてないでしょうね。

やっぱり、なぜやるのかって部分を明確に理解させてやらないと、ただの行事になってしまいますからね。

何にしても文化財防火デーは重要な記念日の一つですね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す