師走とはどんな意味?由来・語源は?気になったので調べてみました

スポンサードリンク


師走とはどんな意味?由来・語源は?気になったので調べてみました師走とはどんな意味があるのだろう?

その由来や語源は?

まあ、なんとなく忙しい月で、師も走るってことで師走って話を学生の頃先生が話していたが、自分で意味などを調べたことはなかったので気になってきました。

そんなわけで、師走について調べてみました。

■師走の由来・語源

旧暦の12月の呼び名が師走。

師走の師は、僧侶のことを言うそうで、仏事で東西を走り回るってことからきたという説があります。

まあ、一般的に聞いた意味はコレですかね。

他にも、年果てるから変化して「しわす」となったなんて説もありますが、年が終わるって意味でしょうが、やっぱり一般的に今年中に済ませなければならないことがあって忙しい月って認識が高いでしょうから、僧侶が忙しくて走り回るのほうがいいでしょ。

まあ、師走の語源については諸説あり、正確にはわからないということですから、多くの人が認識している意味が正解でしょう。

ただ、師走って言葉自体は奈良時代にはすでにあったようです。

そうなると、僧侶が走り回るって説は平安時代あたりに言われたそうなので、この意味では語源にならないなんて説もあるようです。

そうなると、年が果てるという意味の年果てるから変化したってほうが語源なのかってところですが、でも、それでは漢字との結びつきが曖昧ですよね、漢字は変わらないわけですから、漢字は後付けなのでしょうか?

後付けなら、その漢字を当てはめるときに意味も付け加えた思うのですが・・・。

まあ、どこまで考えても正解はないことですから仕方ないですね。

ただ、意味に関しては別、現在認識されている意味が正解でしょ。

師を誰に当てはめるかはともかく、忙しくて走り回る月が12月で師走。

師は誰だって感じですが、学生時代は先生って聞きました。

でもね、現代において先生やお坊さんが特別ではないでしょ。

みんな忙しいのが12月、その人がお坊さんだろうと先生と呼ばれるような人だろうと関係ないでしょ。

そんなわけで、みんな忙しい、みんなが走り回る、それが師走でいいのではないでしょうか?

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す