干し柿の作り方【失敗しないために気を付けること】

スポンサードリンク


干し柿の作り方【失敗しないために気を付けること】干し柿の作り方。

干し柿を作ってみたい人って結構いますよね。

でも、結構失敗したって人を見かけます。

何となく渋柿を手に入れて、何となく作ってみた・・・カビが生えた。

そんな人をよく見かけます。

そんなわけで、わたしの干し柿の作り方を紹介しますが、YouTubeにも干し柿の作り方の動画があったので紹介しておきます。

まず、いつ作るか?

コレが大事!もの凄く大事、まあ、地域で雨、気温などの違いはありますが、寒い風が冷たい雨が降らないのがベストな環境です。

よく11月の初め頃の、まだ寒い!ってほどではないときに、なんとなく干し柿を作ってみてカビが生えているのを見かけます。

確かに早く作りたくなるところですが、11月の下旬、できれば12月くらいがいいと思います。

まあ、それでも、例年より暖かく、雨が沢山降るようだと干し柿の成功は難しいかもしれません。

まあ、この辺はある程度運もありますね。

次に柿のをとるときは、紐を縛るための枝を残して取ります。

T字型ですね、で、皮を丁寧に剥き、ビニールの紐などで、枝部分を縛ります。

柿が落ちないようにしっかり結びます。

この時、柿同士が絶対に触れないように、十分な間隔を空けて縛りましょう。

で、カビ防止のために柿をゆでるといいらしいので、ゆでる方も多いです。

ですから、ゆでるのもいいと思います。

わたしはゆでたことがないので詳しくはわかりません。

で、干します。

風当たりのいいところへ、寒くなれ、冷たい風よ吹け、雨よ降るなと思います。

雨が降ったら、雨が当たらないように、毎日柿の状態を確認してます。

環境にもよりますが、早ければ2週間、まあ、一か月くらいかかると思います。

ここで、カビが生えてるのがわからず、そのままの人を見かけますので、カビは緑っぽいと思います。

後、においも臭いのでわかると思います。

カビが生えたら、それは取って捨てましょう。

残念ですが、カビは気を付けていても生える時は生えます。

干し柿は、お店で買うのもいいですが、自分で作るのもいいものですよ、何しろ毎日柿の状態を確認して、じっと食べられるのは待つわけですから、こうして待ちに待って食べる干し柿は最高です。

そんなわけで、わたしの干し柿の作り方でした。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す