PM2.5対策ってどういったことがあるのだろうか?

スポンサードリンク


PM2.5対策ってどういったことがあるのだろうか?asia-77859_150

PM2.5対策はどういったものがあるのだろうか?

PM2.5は体に悪い物質も多くあるようだし、そもそも非常に小さく(2.5μm(1μmは1mmの千分の一)以下の大きさの粒子)肺の奥に入りやすい。

そんなわけで、何か対策が必要かなと思い調べてみました。

基本、PM2.5を削減すべき対策をしている日本でも、工場や車が沢山走っていれば、それなりの濃度にはなります。

そして、PM2.5はよそからもやってくる・・・こないようにできないなら、肺に入らないようにする努力は必要、どうするか?

結局マスクみたいですね、それも普通のマスクでは止められないので、PM2.5に対応できるマスクですね。

N95という規格のマスクがいいようで、0.3μmの粒子でも95%防げるということなので、2.5μm以下のPM2.5でも防げるということですね。

後は、空気清浄器もある程度の効果が期待できるらしいので、考えておくのもいいかもしれません。

調べると、PM2.5を意識した商品が沢山あるのでスグに見つかると思います。

まあ、本当に対策が必要なら国から何か言ってきそうな気はしますが、後手に回らないように、自分から情報を積極的に仕入れて対策をすることを考えておくのもいいでしょうね。

ただ、理想は、PM2.5を発生を抑えることが必要ですよね。

先進国でも経済発展の代償と言った感じで、PM2.5の濃度が上がり、WHOが減らせ!ということで、対策を行って減らすことができたわけですし、環境技術で結構減らせるようですからね。

ただ、経済発展すれば、どうしても濃度は高くなる、車は増えるし、コストを考え質の悪い燃料を使う・・・。

PM2.5の発生原因が増える、減らせよ!って言ってもね・・・、まあ、個人で対策をするしかないですかね。

濃度が高いときは外出を控えて、必要があれば、対策されたマスクをして外出する。

余裕があれば、対策された空気清浄器を用意する・・・こんな感じですかね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す