PM2.5とは?そして原因は何?気になったので調べてみました

スポンサードリンク


PM2.5とは?そして原因は何?気になったので調べてみましたasia-77859_150

PM2.5とは何?

その原因は?

PM2.5、ニュースなどでよく聞く言葉ですが、良いものではないようですね、そんなわけで詳しく知っておいたほうがいいかなと思い調べてみることにしました。

PM2.5とは、日本では、微小粒子状物質とも言われるもので、2.5μm(1μmは1mmの千分の一)以下の大きさの粒子で、非常に小さい粒子のため肺の奥に入りやすく、呼吸器系・循環器系影響を与える可能性があると言われているものです。

では、PM2.5はどのような原因で発生するのかですが、何かを燃やしてでた物質、風などで空気中に舞い上がった砂、工場や建設現場で発生する粉じん、排気ガス、石油などの揮発性物質などによって発生します。

で、よく言われるPM2.5ですが、人の健康に悪影響を与えるPM2.5の定義に当てはまる大気汚染物質のことを言っているようですね。

そんなわけで増えては困るものなので、WHOなどが減らせ!って言っていることもあり、先進国ではかなり減らせているようですが、そうでない国ではPM2.5対策が進んでいないので排出量が多く、大気中のPM2.5の濃度が高く、かなり問題になっているということです。

そんなわけで、日本もPM2.5の発生を減らす努力はしてますが、車が多く走って、工場もある場所では、それなりにPM2.5の濃度は高いということですね。

さらなる環境技術の開発が必要なわけですね。

で!問題になっている中国で発生しているPM2.5ですが、黄砂もありますし、車も増えていますし、文化として爆竹、花火も沢山使いますし、質の悪い燃料の使用、環境設備対策の遅れなどがあるわけで、どしても大量にPM2.5を大量に発生してしまいます。

どうしても経済発展を優先するとそうなりますよね。

世界各国がそうだったわけですから、ですが、人体に影響がある以上、中国はもちろん、世界で対策が必要なものですよね?

自分達の国で発生しているのだから、自分達で何とかしろよ!って言ってもね・・・。

協力してなんとかするしかないでしょ。

それが現実的、まあ、黄砂対策は難しい気もしますが・・・。

日本で観測されるPM2.5だって中国だけが原因なわけでもないですし、日本でも発生するものですからね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す