APECとは何?ニューズでも聞くし学校でも習ったけど・・・

スポンサードリンク


APECとは何?ニューズでも聞くし学校でも習ったけど・・・APECとは何か?

ニュースでも良く聞くし、学校でも習った・・・はず!

そんなわけで、詳しく知っておこうと、調べてみることにしました。

APEC、呼び名はエイペック、正式にはAsia-Pacific Economic Cooperation、日本名はアジア太平洋経済協力。

公式機関ではなく、非公式の枠組みってことみたいです。

で、APECの目的は、アジア太平洋地域の持続可能な発展を目的とする地域協力の枠組み、この辺は、学校でやった気がします。

より具体的な内容は、自由貿易、経済・技術協力、人材開発などということです。

ようは、「この地域で協力して持続的な経済発展ができるように協力していこうー」って集まりですかね。

で、APECに参加しているのは、国に限らず、台湾や香港などの地域で参加していたりするところもあるので、「参加国」という枠組みではなく、「参加エコノミー」って枠組みでやっているということです。

そんなわけで、APEC参加エコノミー一覧。

1989年

オーストラリア・ブルネイ・カナダ・インドネシア・日本・アメリカ・マレーシア・ニュージーランド・フィリピン・シンガポール・タイ・韓国

1991年

台湾・中国・香港

1993年

メキシコ・パプアニューギニア

1994年

チリ

1998年

ペルー・ロシア・ベトナム

こんな感じで、太平洋に接している国・地域が参加しているわけですね。

これだけ国・地域が参加しているならアジア太平洋で縛る必要もなさそうですが、まずは、この地域の経済協力体制を構築しようってことですかね。

地域の貿易を活発化して、途上国に先進国が人材・技術を提供し、さらに投資をして地域の経済を発展させ人・物・金を動かすってことですかね。

ですが、経済的な枠組みって沢山ありますよね?

アジア太平洋地域だけでなく、2国間、地域で、各国の思惑もいろいろあるでしょうし、各枠組み同士の衝突もありそうですが・・・。

仕組みがしっかり機能して、成果がでてるならいいのですが、どうなんでしょう?

きっとよくできた仕組みになっているのだと思いますが・・・。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す