虹はなぜできるのだろう?気になったので調べてみました

スポンサードリンク


虹はなぜできるのだろう?気になったので調べてみましたrainbow-67902_150

虹はなぜできるのだろう?

虹って綺麗ですよね?

見ると何だか得した気分になりますが、なぜできるのだろう?

気になってきたので調べてみることにしました。

虹とは、気象現象の中の大気光学現象と呼ばれるもので、太陽の光を空気中の水滴が多面体のレンズの代わりになり、光を屈折、反射、分散させて、多色の帯状に見えるもののこと。

そんなわけで、雨が降って晴れた時や、滝のある場所でよく見られる現象なわけですね。

自力でもたまにできますよね?

よく晴れた日に、ホースで水を撒いていると小さな虹ができることが、これも水滴がいい感じで多面体レンズのような感じになって、太陽の光を反射すると虹ができたりするわけですね。

で、虹の色ですが、日本では7色(内側から紫・藍・青・緑・黄・橙・赤)っていいますよね?

ですが、これってきまりがあるわけではないみたいですね、国、地域で何色かは違うようです。

まあ、確かに虹の色を数えても、ホントに7色か?

って思ったことはありますが、細かい色の違いをどうとらえるかで変わりますよね。

あの虹の色を○色だ!なんて断定できないですよね。

次は、なぜ赤色が一番外にくるのか?

赤は波長が長く、屈折角が小さいので、弧を描く以上、外に見えるということです。

で、一つの水の粒は、多色の光を反射しているのですが、虹を見ている人の位置からは一色しか見えず、沢山の水の粒が、その位置、角度の違いから、多数の色に見え、それが虹となって見えるということです。

次に虹の大きさは、太陽、多面体となった水滴の位置、見ている人の位置関係によって変わり、太陽の位置が高いときの虹は小さく、夕方になり、太陽の見える位置が低くなると、虹は大きくなるということです。

次、なぜ弧を描いているのか?

これは、ちょっと説明が難しいのですが、仮に、太陽が自分の後ろにあって、虹が見えるのは海の上として、自分は砂浜で虹を見ているとします。

そうすると、太陽の光が自分の後方から頭上を通って、虹の見える、水の粒が多面体のレンズになっているとこに当たり、自分のところに反射してきて見えています。

で、虹の光は円ですが、水平線の下に隠れて、見える部分が弧状の虹に見えるってことのようです。

そんなわけで、飛行機からですと、円の虹が見られる場合もあるらしいです。

虹について、難しい理屈を抜いて説明するとこんな感じですかね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す