地球温暖化対策ってどうなっているのだろう?

スポンサードリンク


地球温暖化対策ってどうなっているのだろう?green-33606_150

地球温暖化対策は、世界各国がかかえる大きな課題だと思いますが、どんな対策があるのだろう?

また、どんな対策が行われているのだろうか?

地球温暖化の一番お原因と言われる温室効果ガスは経済活動と大きな結びつきがあるので、なかなか難しいところではあると思いますが、気になったので調べてみました。

何か効果的な対策はあるのでしょうか?

各国自主的な努力で、地球温暖化対策が行われていて、一定の効果は上げているということらしいです。

ただ、それ以上に温室効果ガスの排出量が増加し続けているので、温暖化を抑制するのには足りてないということです。

まあ、自主的な努力ですからね・・・。

どうしても、経済活動を重視すれば温室効果ガスは増加するでしょうから、各国ともなかなか減らせないですよね。

特に、これから急激な経済発展をしていく国がいくつもあるでしょうし難しいところですかね。

ただ、地球温暖化対策の技術で、今後数十年で温室効果ガスの排出量を減らすことも可能ということらしいです。(ホントですかね)

可能と言っても、現実にそれを各国が行うようにすることは可能なのでしょうか?

後は、地球温暖化による気候の変動や異常気象などに適応できるような対策も行われているということです。

現実的には変化に適応していくというのがメインになりそうな気がします。

もちろん温室効果ガスを減らすべきでしょうけど・・・。

そして、どんな対策が有効か?

やっぱり温室効果ガスを減らすということが一番のようですね。

長期的に考えれば、温室効果ガスを減らし、温暖化を食い止めたほうが経済的な損失は小さいと言われているので、対策すべきですが、なかなか足並みがそろわないようですね。

温室効果ガスを減らすためには、技術面での対策、一人一人の意識改革がメインですね。

技術の改善で減らし、一人一人が排出を減らすように生活を改善する。

技術面ではしっかり進むと思うのですが、一人一人の生活の改善はどうですかね?

一応、国の考えとしては、無理なく継続的な省エネ対策、経済活動・快適性を損なわない程度ってことみたいですが、「無理なく」ってのをどうとらえるかで大きな差になると思うのですが・・・。

温暖化対策は、経済活動との関連性が高いので、技術の進歩任せになるのではないでしょうか?

まあ、一人一人が温室効果ガスの排出を減らそうという高い意識を持ち、保てるようにいろいろなデータを数値化して、わかりやすく周知していかなければいけないのかな・・・なんて思います。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す