春一番【風のこと】のことを調べてみた

スポンサードリンク


春一番【風のこと】のことを調べてみた春一番、芸人の春一番ではなくて、春先に吹く強い風って思っているけど、実際はどうなんだろう?

と思い、ちょっと気になったので調べてみました。

春一番とはどんな風のことだろう?

立春から春分(2月から3月の中ごろ)の間に吹く、その年、最初の南寄りの強い風のことを春一番と呼ぶようです。

こうやって春一番の説明を見ると、立春と春分の間に吹かなければ春一番ではないってことですかね?

と思って調べてみましたが、やっぱり、この間に吹かなければ春一番ではないようです。

ですから、春一番が来なかった年もあるみたいですね。

さらに、立春から春分の間に、何回も来た場合は、春一番、春二番、春三番となるようです。

つまり、立春から春分の間に来なければ、いくら他の日に吹いても春一番ではなく、その間に吹けば、何回吹いても春○番ってことみたいですね。

そんなわけで、過去には、南方の暖かく強い風が吹いて、気温が上昇したのですが、立春前だったので春一番ではないってことになったこともあるようです。

気象現象的には春一番、それでも、立春から春分の間でなければ春一番ではない・・・。

立春前に吹いて、その後吹かなければ今年は春一番が吹かなかったってことか・・・それでいいのだろうか。

そして、春一番を認定するのは、各地域の気象台ってことで、ここで認められなければ春一番になれないようです。

つまり、一般人が道を歩いている時に、暖かい強い風が吹き、「おっ!春一番だ」と言っても、勝手に決めるな!それが春一番かどうかを決めるのは気象台だ!ってことですね。

しかし、風も大変ですね現象だけでなく、時期が合わなければ春一番になれない・・・風が「俺は春一番だぜ!」と思っていても、気象台が「ダメ!」と言えば春一番になれない・・・風「いやいや俺、春一番だから」、気象台「1日来るのが早かったね・・・だから、あなたは違うんですよ」、風「・・・」、こんなやりとりが気象台では行われているのでしょう。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す