避難勧告の基準やガイドラインと避難指示との違いとか

スポンサードリンク


避難勧告の基準やガイドラインと避難指示との違いとか避難勧告や避難指示の違いや、それらの基準やガイドライン、正直よくわかりません。

ですが、大事なことだということはわかる、こういった言葉がでてくるのは、何らかの災害が起きたということだし、やっぱり知っておくべきことなわけですし、調べてみました。

まず、避難勧告と避難指示の違い、「勧告」という言葉は他でもいろいろでてくる言葉ですが、何かを勧めることなわけですから、強制ではないわけですから、避難勧告は、危険なことが起きる可能性があるので、避難したほうがいいですよってことですね。

ただ、勧告って上の立場から言われることが多い(ここでは各自治体ですからね)ので、実質的には強制のようにも感じますけどね、だから、避難勧告を受けたら非難しなければいけないと思う方は多いのではないでしょうか?

もちろん危険な可能性があるわけですから、強制でなくても非難すべきだとは思いますが・・・。

で、避難指示、これも強制ってわけではないようですが、勧告より危険な状況で、勧告の場合の「非難したほうがいいですよ」から「非難しなさい!」って非難することを指示しているということですね。

避難勧告と避難指示の違いは、どちらも強制ではないですが、危険の度合いが違うということですが、指示のほうは強制に近いものですし、市区町村が発令するものですから、あえて逆らう必要もないとは思います。

次は避難勧告などの基準やガイドライン。

これは、地域によって想定される災害や避難に関することは違うので、各自治体で違うようですし、環境の変化や災害に対する認識の改善によって変化してきてるので、各自治体ごとに調べたほうがいいですね。

自分の住んでいる地域で、何かあったとき、「え!そんなの知らないよ」とか「もっと、わかるように周知させろよ」とかではなく、自分たちの安全のことですから、進んで、地域の安全に対する情報を収集するよう努力する必要があると思います。

各自治体のホームページで、避難勧告や避難指示の発令基準などの資料があると思うので、しっかり読んでおくといいのではないでしょうか?

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す