13日の金曜日と言えばジェイソン!他に意味はあるの?

スポンサードリンク


13日の金曜日と言えばジェイソン!他に意味はあるの?13日の金曜日がやってくると、みんなそわそわ・・・してないか。

やっぱり13日の金曜日と言えば・・・ジェイソン!

チェーンソーを持てばジェイソン!

ホッケーマスクをかぶればジェイソン!

あいつがやってくるぞーって感じですかね。

だけど、13日の金曜日に何か特別な意味はあるのでしょうか?

ってことで、気になってきたので調べてみました。

どんな意味があるのだろう?

まず、13日の13という数字、英語圏とドイツ、フランスなどでは不吉な数字と言われる、まあ、どこでもイメージは良くない数字ですよね、13階段とか・・・。

世界各地には、いろいろ不吉な日とされる日があり、○日の何曜日は不吉だ・・・ってのがあるようで、イタリアでは17日の金曜日が不吉な日ってことのようです。

それで、13日の金曜日が不吉のされているのが英語圏の国とドイツ、フランス。

そういったわけで、アメリカで13日の金曜日(ジェイソンのホラー映画)が作成されたのも納得。

なぜ、これらの国が、13日の金曜日を不吉な日というかですが、諸説あるようですね。

キリスト関連の最後の晩餐の人数が13人、キリストの刑の執行が13日の金曜日だったなどの話や北欧神話の招かざる13人目などいろいろな説はありますが、どれも明確なものではないようですし、不吉と言われるようになってからの歴史も短いようですね。

そして、13日の金曜日は事故が起きやすいなどと言われ、研究もされたようですが、危険だ!って報告もあるようですが、はっきりとしたことはわからないということで、中には、むしろ安全な日だ、なんて言われたりもしたようです。

日本でも4は縁起がよくない数字だとか、仏滅に祝い事はダメとか言われますが、信じる、信じないも人それぞれ、気の持ちようってことですかね。

ただ、根拠はなくても、昔から言われていることですし、そういったことを守るというのもありだとは思います。

こういったことを言われ、守ることも文化的なことではないでしょうか。

4月1日のエイプリルフールのように、「おっ!今日13日の金曜日か?」と話のネタになる日として根付いているものですかね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す