仏滅とは?いろいろ言われますが本当のところはどうなんでしょう

スポンサードリンク


仏滅とは?いろいろ言われますが本当のところはどうなんでしょう仏滅とは?

いろいろ言われてますよね、日が悪いとか、ただ、多くの人が避けるべき悪い日という認識ではありますが、実は仏滅っていい日なんだよ、なんて話を聞くこともあります。

ですが、良い日だと聞いた人も、一応避けているように感じます。

まあ、字が良い日って感じではありませんからね。

本当のところはどうなんでしょう。

気になったので調べてみました。

仏滅という字をよく見るのはカレンダーかなと思います。

カレンダーの日付の下あたりに先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口と書かれているのを見たことがあると思いますが、これが六曜と呼ばれる、暦注の一つ、日本では、これが一番有名な暦注ですよね。

簡易的なカレンダーでもなければ、大概六曜が書いてありますからね。

日本では、この六曜を参考に、冠婚葬祭時に、「結婚式は大安がいい」、「仏滅だから避けろ」、「その日は友引だから葬式は他の日にしよう」などと言っているのを聞いたことがある方も多くいると思います。

それだけ生活に影響力がある六曜、その中でも多くの人が避けたがる仏滅とはどういったものか?

六曜としての仏滅は、「仏も滅するような大凶日」ということで、六曜の中でも一番日が悪いということで、祝い事は特に避けられる傾向があり、そんなわけで、結婚式を挙げる人も少なく、式場のほうも、空けておくのももったいないということで割引料金で式を行える場合もあります。

あとは引越しなども業者に頼む場合、仏滅のほうが安いなんてよく聞きますね。

あとは、「何事も控える日」、「病めば長引く」、「仏事はいい」とも言われ、やっぱり仏事ならいいが、祝い事は避けるべき日ってことのようですね。

ただ、仏滅って本当はいい日なんだよって聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

その辺はどうなんでしょう。

このことについては、仏滅って物滅とも呼び、「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」という解釈をして、何かを始めるのにいい日って言われる場合もあります。

このことを聞いて、仏滅って本当はいい日なんだよってことになったのではないでしょうか?

やはり、六曜的には、仏滅が良い日より、祝い事は避ける日と考えることのほうが多いようです。

思い込みもあるとは思いますが、やっぱり仏滅に祝い事って気にはならないことが多いような気が・・・しませんか?

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す