経済対策とは何?いったいどんなことをしているんだろう?

スポンサードリンク


経済対策とは何?いったいどんなことをしているんだろう?経済対策とは何だろう?

何となく、政府が経済に対して、より良くするためにする政策だと思っているが、具体的に何なのか?

どんなことをしているのか?

どんな意味があるのか?

気になったので調べてみました。

経済対策の意味的には、政府が経済に対して行う政策、経済に関する目指すべき目標を達成するために、障害などがあれば、取り除き、改善して、目標を達成しやすいように政府自体が行動したり、方向性を示したり、ルールを作ったりすることなど。

国の経済停滞していれば活性するような対策をしたり、法律などのルールによって経済効率などに問題があれば改善していくってことのようですね。

ただ、必ずしもうまくいったものばかりでもないようですね。

一国の経済対策が世界に影響を与えるものもあるようですし、ニクソンショックなんかが有名ですね。

まあ、流通がよくなるように、道路整備したり、国内の企業などのために海外から入って来るものに関税をかけたり、お金の動きを活発にするために、様々な条件を緩和したりするといったことですかね。

経済が不況になり、民間ではどうにもならないような状況になると、国がなんとかしろ!って感じになりますからね。

基本は、それぞれが頑張ってよくするものでしょうが、過去には、大きな成果を上げたり、悪影響を与えたりしたものもあるようなので、政府の経済対策が経済に与える影響はかなり、大きいようですね。

実際難しいですよね。

責任問題もありますし、国民や企業に負担を増やせば文句を言われるわけですし、何か政策を考えてもマイナス要因ばかり取り上げられたりしますし、責任も押し付けやすいですからね。

日本の経済対策

  • 日本の経済再生のための対策
  • 被災地復興
  • 円高対策
  • デフレ対策
  • 成長戦略
  • 雇用対策
  • 経済危機対策

いろいろありますね、具体的には詳しく調べないとならないし、説明してもらわないとわかりにくいですが、政府の説明責任が問題だって言っても仕方ないですし、無理があると思います。

個人で政府の経済対策を調べる努力って必要かもしれません。

こうやって経済対策を簡単に調べてみると、影響力のある総理大臣などの発言は、それだけで経済対策とも言えるでしょうね。

その発言が株価などにも影響するでしょうからね。

経済対策は難しそうですね、民間の実力、努力は当然必要ですし、政府の人間のセンスも重要ですね。

合わせて読みたい記事


スポンサードリンク

コメントを残す